シアリス

目次

1)シアリスとは

2)シアリスの効果

3)シアリスの副作用

 

 

1)シアリスとは

シアリスはED治療薬の1つで、効果の即効性や持続力、副作用の少ない点では、バイアグラよりも人気があります。

シアリス錠に含まれている有効成分はタダラフィルです。

 

 

2)シアリスの効果

シアリスの最大の特徴は、効果の持続時間の長さです。また、陰茎を勃起させる効果があるわけではなく、陰茎が刺激を受ければ勃起する状態を保つように働くので、服用後数時間以内に性行為をする必要はなく、また射精後もその効果は続いています。持続時間は、平均して10mgで約24時間、20mgであれば約36時間です。
また勃起後の陰茎の状態は、バイアグラ服用後とは異なり、自然勃起した状態に近い状態となります。

 

シアリスは、バイアグラやレビトラとは異なり、食事の有無や少量の飲酒に左右されることはありませんが、性行為の1時間前に服用するのが最適です。

健康な成人男性であれば、まずは1日1錠10mgを目安に服用し、その後の効果や体調を考慮して、20mgに増やしたり5mgに減らしたりと調節することが可能です。

一度シアリスを服用した後は、必ず24時間以上空けて次の服用をしてください。

 

 

 

3)シアリスの副作用

シアリスは、他のED治療薬に比べ、飲み合わせの悪い医薬品が少なく、また副作用が起こりにくいという特徴があります。

また、副作用として報告されている代表的なものは、頭痛、ほてり、顔の赤み、消化不良などです。
これらは、バイアグラやレビトラにも共通するものですが、シアリスの場合その発生確率は約30%弱と、他の治療薬よりも低い確率です。

稀に、蕁麻疹や顔面浮腫などの過敏症が副作用として現れることがあり、不安定狭心症や不整脈、進行性の夜盲や重度の肝障害などの持病があった場合、それらが悪化する可能性や、重篤な副作用を誘発してしまう危険性があるため、事前に医師や薬剤師に相談してください。

また、過去に心筋梗塞、脳梗塞や脳出血を起こした人も服用できません。
高血圧症などで服薬をしている場合も必ず事前に医師に相談するようにしましょう。