片頭痛

目次

1)片頭痛とは

2)片頭痛の誘因

3)片頭痛が起こるメカニズム

4)片頭痛の対処法

 

1)片頭痛とは

日本では、現在4人に1人が「頭痛持ち」といわれ、「片頭痛」は日本人の8.4%、約840万人、男性よりも女性に多くみられ(約3.6倍)、30歳代の女性では5人に1人が片頭痛というデータもあります。

多くのケースで、10~20歳代で最初に経験し、その後に同じような頭痛が繰り返し起こる、いわゆる「頭痛持ち」の状態になっていきます。片頭痛の痛みは数時間〜3日間続きます。

片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴で、通常4~72時間続きます。頭の両側や後頭部が痛むこともあり、繰り返し起こる頭痛(慢性頭痛)のなかでも、悪心・嘔吐を伴うことが多く、日常生活が困難になる原因になり得るため、解決方法を探している人がたくさんいます。

激しい頭痛には、くも膜下出血・脳腫瘍・脳出血・髄膜炎などであるリスクもあるので、激しい頭痛に加えて、発熱・痛みの強さ・手足の痺れ・痙攣・意識がもうろうとする、などの症状が出た場合はすぐに病院での救急対応を受けましょう。

 

2)片頭痛の誘因

気圧や温度の変化・寝不足・ストレス・スマホやパソコンの利用による目の疲れ・緊張・生理などが誘因となるケースがほとんどです。

例えば、責任やストレスの重い仕事やり終えたとき、大きな悩みから解放されたときなど、緊張感がゆるまった時など、ホッとした瞬間に、片頭痛が始まるケースが良く見られます。
これは、ストレスがかかっている間は緊張によって収縮していた血管が、リラックスすることによって一気に拡がるためだと考えられています。

実際、平日は何でもないのに、休日になった途端に、朝から片頭痛に悩まされるという人も多いです。これにより、休みの日は中々起きられず、さらに食事を抜くことで、低血糖になり、さらに頭痛発作が起こりやすくなる悪循環も多く、このような頭痛は「週末頭痛」と呼ばれています。

アルコール(特にワイン)やチョコレート、亜硝酸・チラミン・アスパルテーム・グルタミン酸ナトリウムを含むキムチ・レバー・ソーセージ・ココア・チーズ・スナック菓子なども偏頭痛を誘発しやすい食品とされています。

 

3)片頭痛が起こるメカニズム

片頭痛は、頭蓋内血管が刺激を受け、その血管が拡張するために起こる炎症が原因とされ、脳が興奮状態になり、頭痛を引き起こすと考えられています。

何らかの原因で脳の太い血管が拡張し、その周囲を取り巻いている頭の中で、一番大きな神経「三叉神経」が圧迫されて刺激を受ける。


その後、刺激を受けた三叉神経から、神経ペプチドとよばれる「痛みの原因となる物質」が放出されて、血管の周りに炎症が起こる。


さらに血管が拡張し、周りの三叉神経が刺激が増強。
この刺激が大脳に伝わり、“痛み”として認識されることによって、片頭痛に。

三叉神経からの情報が、大脳に伝わる過程で視覚や聴覚、嗅覚を司る中枢(後頭葉、側頭葉)や、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも刺激が伝わるため、光や音、においに敏感になり、吐き気や嘔吐といった症状が起こる場合もあります。

また、血管が拡張する原因のひとつに、「セロトニンの過剰な放出」が考えられています。

過度のストレスにより脳が刺激を受けると、血液成分のひとつ、「血小板」から血管を収縮させる作用をもつ「セロトニン」が大量に放出され、脳の血管が収縮し、時間の経過とともにセロトニンが分解・排泄されて減少すると、収縮していた血管が今度は反動で急激に拡がり、頭痛が起こります。

 

 

4)片頭痛の対処法

片頭痛は、頭痛が長引いてしまうと、さらに刺激を呼ぶといった悪循環になるため、痛みが軽いうちに、早めに対処することが大切です。

片頭痛の薬の1つに、片頭痛が始まって 30分以内に服用すると効果が高いと言われているマクサルトというリザトリプタン成分の錠剤があります。

マクサルトは、血管炎症を抑制する作用により速やかに頭痛を改善する片頭痛治療剤です。

マクサルトには悪心や嘔吐、光過敏、音過敏などの随伴症状にも改善効果も認められており、適切なタイミングで飲めば片頭痛を防ぐことのできる薬と言われています。

水なしでいつでもどこでも服用できるマクサルトRPD錠(口腔内崩壊錠)などもその一つです。

服用量は1回10mgを頭痛発現時に服用しますが、効果が不十分な場合は前回の投与から2時間以上あけ追加投与することができます。

しかし1日の総投与量が20mgですので多くても1日2錠までとなります。

マクサルトの副作用として、無気力・疲労・倦怠感・高血圧・動悸などの報告があり、重大な副作用としてはアナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状、不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、頻脈(WPW症候群における)、てんかん様発作、血管浮腫、中毒性皮壊死症、呼吸困難、失神が報告されています。

そのため服用前には医師の指導に従うことが重要です。

また月に10回以上(週に2~3回以上)の頻度で薬を使用していると「薬物乱用頭痛」に陥る危険性が高まりますので注意する必要があります。