バイアグラ

バイアグラ

1)バイアグラとは

バイアグラは世界で最初のED治療薬で、日本では1999年から販売が開始されています。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルという物質で、別名クエン酸シルデナフィルとも呼ばれています。
この物質は元々は狭心症の薬として開発されましたが、臨床試験を繰り返して行っているうちに、患者の勃起不全を改善する効果が見つかり利用されるようになりました。

勃起は性的な刺激を受けたことをきっかけに血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで起こりますが、勃起不全のほとんどは血液の流れが阻害されることが原因となっています。
そのためシルデナフィルを投与することで、血管内の平滑筋が拡張して血流が増え勃起不全に改善に役立つのです。

 

2)バイアグラの効果

個人差もありますが、効果が出るまでに30分ほどかかりますので、性交渉の1時間前には服用するようにしておきましょう。効果の持続時間は4時間から6時間です。

バイアグラは食事の影響を受け易いため、食後すぐの服用では効果が発揮されません。
そのため空腹時に服用してください。

アルコール摂取後の服用は、効果を感じにくい可能性があります。

たくさん服用しても効果が強く出るわけではありませんので適量を守って服用してください。

また次の服用までに24時間以上の時間空けることも大切です。

 

3)バイアグラの副作用

容量・用法をしっかりと守れば深刻な副作用は報告されていません。

主な副作用としては、顔が火照って熱く感じたり、頭痛がしたり、光を過敏に感じるといったことがありますが、これらは血管が広がって血流が良くなることで起こる症状です。

ただし、バイアグラには併用が禁忌とされている薬があります。

心臓疾患に使われるニトロや高血圧の治療に利用される血圧降下薬と併用すると血圧が下がりすぎてしまい、最悪の場合には意識消失のリスクがありますので、使用前に必ず医師や薬剤師に相談してください。