【早漏】早漏克服までの道のり

男性の悩み 早漏

自分が早漏ではないかと感じたのは、なんと初体験の時からになる。当初は、早漏も経験が浅いのが原因の一つではないか?と思ってもいたし、彼女からも「そのうちね♡」と言われていたので、この”早漏”を自然に克服できるものだと、早漏防止の薬も探さず甘く見ていた。

ところが、半年も経たないうちにセックス後の彼女の顔が、どんどん暗くなってきた。

早漏について切り出してきたのは彼女の方からで、「そろそろ早漏防止のお薬とか探してみないとね」と言われてしまう始末。

「早漏」の言葉が、彼女の口から出てくるなんて、想定外でこの「早漏」という言葉がぐさっと胸に刺さってしまい、この彼女とも”早漏防止薬”で早漏を克服する前にサヨナラ。

 

この別れをきっかけに、早漏防止の薬を探してみることになったが、「早漏ビギナー」だった

私は薬局の棚に飾られている” 早漏でお困りの方に” や ”早漏防止に!” などと書かれている精力剤的なものを片っ端から試す羽目に。この頃から、早漏克服の長い道のりが始まり、あらゆる”早漏防止”にまつわる方法を試した。

”早漏克服”などとチラシで入っていると、迷うことなくせっせと早漏防止トレーニングや、”早漏防止パンツ”まで、早漏を克服できるならと全て試した。が、そこで疑問が出てきた。

「早漏を克服する早漏防止薬はないのか?」

国産ものから、海外産のものまで早漏に効く薬を探しまくった。この頃はまだ早漏防止の薬効が含まれている勃起不全の薬は登場していなく、地道に早漏に直撃する薬を探しまくった。

 

早漏防止に効く薬を探す旅が始まってから、かれこれ4年の月日がたったある日、自分なりに早漏克服が閃いた。この悶々を克服するのに色々なページを見ていて、重要なことに気がついた。それは、早漏は陰茎が敏感だから起こるということと、陰茎が敏感でなくなれば早漏が克服できるのではないか?ということだ。

 

そういえば、私のコロンビア人の友達は生まれたばかりのご子息のアソコをカットした時に、こう言っていた。

「子供の頃は、皮が毎日むけている状態だから、成長過程でよく痛みを感じたよ。でも大人になって母親に感謝してるんだ。」と。

この頃は、まだフーンという感じで気にも止めてなく、早漏と繋がっているとも思わなかったが、まさにこれだ。

 

「陰茎の感度を鈍くすれば早漏防止に繋がる」

という、早漏防止法。

このことが早漏防止薬を探す旅の克服終着駅へと、”早漏小僧”の私を導くことに。

 

まだこの頃には、リドカインが早漏防止の薬として大々的には販売されていなく、まずは正露丸で試すことに。なぜ正露丸? 子供の頃に奥歯が痛くなったら正露丸を詰めていたのを思い出したからだ。

まずは、この早漏防止薬として正露丸の効果を風俗で試してみた。

結果は早漏の克服どころか、最悪な空気だった上結局、早漏防止薬には正露丸はならなかった。女の子のあのびっくりした表情と怪訝な表情は今でも脳裏に残っている。完全な完敗だ。

 

「陰茎の感覚を鈍くする」ということを頭に置いて、早漏防止に効果のある薬を探し続けることに。英文だったため詳しい内容は不確かながら、そこには確かに「局所麻酔」の文字が。そしてさらには「早漏防止にも効果がある」と書かれていた。これだ!

リドカイン

「リドカイン」を発見! 克服なるか?!

早速この早漏克服に有効な、早漏防止薬のリドカインを購入しようと試みたが、不安がよぎった、大丈夫なのだろうか・・・

早漏を克服するために、あの手この手と早漏防止策に研究を注いできたが、海外から早漏防止薬を購入するとなると、少ししりごみしてしまった。「早イキ男克服」は諦めきれないので、早漏防止薬の安全な購入方法はないか、調べてみると”個人輸入代行業者”というものを発見。これで長年の悩みも克服できるだろうと思うと、胸が弾んだ。

早々、別名:早漏防止薬のリドカイン:の購入を個人輸入代行の業者へ依頼することにした。

日本国内の法人であること、日本語での対応ができたこと、日本円での支払いが可能だったことからここに決めた。

 

早漏防止の効果はあったのか?

おかげさまで早漏を克服することができた。リドカイン様様だ。

こんなにいとも簡単に克服できるのだったら、もっと早く知っておきたかった。

今では、正露丸から始まった克服までの道は、かなり楽しい思い出になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です