医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。

絶大的なファンを持つバイアグラだが、今では選びきれないほどのバイアグラジェネリックが登場し、使い方から副作用までを含めどれを使用していいのかわからないほどになってきた。

このスーパーPフォース、には更にバイアグラファンにとって嬉しい効果が。

スーパーPフォースとは

バイアグラとスーパーPフォース

バイアグラのジェネリック医薬品、スーパーpフォースは、主成分はもちろんバイアグラと同じシルデナフィルで効き目や使い方、効果時間はバイアグラとほぼ同じだが、このスーパーPフォースには、さらなる効果が含まれている。

 

スーパーPフォース1錠にシルデナフィルともう1つ、バイアグラには含まれていないダポキセチンという成分が含まれている。ダポキセチンには早漏れ防止効果がある。スーパーPフォース1錠には、バイアグラの勃起力と、ダポキセチンの早漏れ防止作用が含まれている。

 

スーパーPフォースの使用報告の中に、膣内に挿入してから射精するまでの時間が、3倍〜4倍になったというのがあるほどです。

 

スーパーPフォース副作用

副作用に関しては、一般的にスーパーPフォース効果が作用している、4時間〜6時間で消えるようであれば問題はないとされている。服用した量によって、副作用の強さが異なることがあるので、スーパーPフォースの使い方に注意するべきだ。

 

スーパーPフォースの副作用として1番よく報告されているのは、「顔の火照り」と「目の充血」など、お酒を飲んだ時と似たような症状が副作用として報告されている。

 

そのほかの副作用は「下痢」。これは、早漏れ防止成分のダポキセチンが分泌されているセロトニンを防止し、その結果として体内のセロトニン濃度が上がり「下痢」の症状が副作用として出てしまう場合がある。

 

人によって、副作用のあらわれかたが違うとはいえ、何らかの副作用が発症し、我慢ができないようであれば速やかに受診しよう。

 

しかし副作用とはいえ、全ての人に副作用が出てしまう訳ではないが、使い方と一緒に知っておく事が大事だ。

スーパPフォースの飲み方

知ってる?スーパPフォース使い方

スーパーPフォースの「効果が1番出る」使い方は、、バイアグラと同じ使い方で、ズバリ空腹時に水で飲む。この使い方が一番効果的だ。主成分シルデナフィルは腸内で吸収されるため、バイアグラやスーパーPフォースを食事中や食後に服用してしまうと、うまく成分が吸収されず効果が発揮できなくなる。お腹が空いてたまらないというなら、最低食後1時間は空けたほうが良い。

 

他の使い方の注意としては、牛乳などの飲料で一緒に服用すると脂肪分で吸収が遮られてしまい、効果が薄れてしまいますので避けなければいけない。

 

        スーパーPフォースの使い方=空腹時に服用

 

これが基本の使い方だ。

 

 

通販のバイアグラとスーパーPフォース

「格安セット」「格安4個セット」と、いかに安いかを掲示している通販サイトをたまにみかける。

ただ安いのは偽物の可能性もなきにしてあらず・・・だ。

「格安」「格安4個セット」「安い」に偽物の可能性があるのかわかるだろうか?

 

バイアグラ等の勃起不全薬の通販は、「患者が使用する1ヶ月分」のみの通販が法律で許可されている。

「格安セット」「格安4個セット」と、安いことを前提に掲示している通販サイトは、違法なのだ。

 

恐怖!安いニセモノバイアグラ

偽物 バイアグラ

バイアグラのニセモノを製造している工場などは、不衛生極まりなく、ニセモノをつかまされたショックだけではすまくなってしまう場合もあるのだ。

 

なぜなら、これらのニセモノには人体被害を招くような材料が混入されている恐れがあるからだ。

ニセモノ製造に小麦粉などが使用されている場合はまだ良い方で、中には他の違法ドラッグなどが、ニセモノバイアグラには含まれている場合があり要注意だ。

 

そのサイト、偽物バイアグラの通販では? 

偽物バイアグラからどうやって逃れるのか? 下記の3つが前提だ。

ー 安いからといって飛びつかない

ー「格安セット」「格安4個セット」はすでに違法

ー「安い」にも限度があることを前提に通販する

 

偽物を通販しない最も安全な個人輸入代行業者

 

個人輸入を代行してくれる業者が、偽物を斡旋していないかどうかを見極める簡単な方法

 

ー 個人輸入を代行してくれる業者のサイトに保証書が掲載されている

ー 個人輸入を代行してくれる業者のサイトに使い方や副作用について丁寧に記載されている。

ー 個人輸入を代行してくれる業者の決済が日本国内である

ー 個人輸入について、薬事法や製造元について記載されている

ー 個人輸入を代行してくれる会社が日本法人である

 

医薬品を依頼する前に、個人輸入代行業者のサイトを、しっかりとチェックしておけばまず偽物等などの問題はないといえる。安いなどという広告に騙されて後悔しないようにしよう。