医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。

勃起不全の効果的な医薬品として、バイアグラ・シアリスが有名ですが最近よく見かけるタダリスタをご存知でしょうか?

 

タダリスタとは?

タダリスタ バイアグラジェネリック

タダリスタはシアリスのジェネリック医薬品になります。有効成分がタダラフィルということも、効き目のあらわれ方もシアリスと同等の効果があります。タダリスタはシアリスと同じく副作用の少ないED治療薬です。

タダリスタは、バイアグラ・シアリスよりもジェネリック医薬品のため、安価で購入することができるのも魅力です。

 

 

ジェネリック医薬品のタダリスタジェネリック医薬品とは?

ブランドとジェネリック薬の比較

ジェネリック医薬品は、先発薬の研究時間や費用が削減されているために、安価で販売できる上、効き目についてはほぼ同等です。世の中に勃起不全薬として誕生した、バイアグラのジェネリックが多いのも納得させられます。

簡単に説明すると、バイアグラが最初に長い月日をかけて研究・開発・そして安全性の有無,副作用の確認が何度も繰り返された後、世の中で販売されました。この”長い月日”がかかっていないのがジェネリック医薬品だと言えばわかりやすいでしょうか?

タダリスタは、バイアグラ・シアリスよりもジェネリック医薬品のため、安価で購入することができるのも魅力ジェネリックがあります。バイアグラジェネリックも、効き目については定評があり、この他のシアリスジェネリックのタダリスタにおいても勃起薬としての効き目には良い評価を受けています。

勃起不全薬のジェネリック医薬品のほとんどが、個人輸入となるためジェネリック医薬品を希望の方は、1度ネットなどで勃起不全のジェネリック医薬品をじっくり調べてみるのも良いのではないでしょうか?

 

タダリスタの服用について

薬 飲み方 

性行為を行う1時間ほど前に服用します。タダリスタの使用分ジェネリック医薬品であっても、シアリスと同じく1日1錠の服用で、次のタダリスタ服用までには24間以上間隔をあけるようにしましょう。

 

タダリスタ副作用

 

タダリスタの副作用には、頭痛・顔が赤くなる・ほてり・消化不良・手足の痛みなどが副作用として報告されています。その中でも気をつけなければいけないのが、外国での副作用の報告の1つに、タダリスタ・シアリスの勃起効果がが4時間以上持続してしまった等の報告があります。長時間の勃起効果は陰茎の組織を傷つけてしまう危険があり、早急な処置が必要となります。すでに服用中のお薬などがある場合は、タダリスタの副作用が強く出てしまったり、効果が出すぎてしまう場合もあるので、タダリスタの服用前に医師や薬剤師に相談してください。これらの副作用にはジェネリック薬の有無は関係しません。

 

バイアグラについて

タダリスタの成分はタダラフィルですが、バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。

バイアグラは、淫剤や精力剤ではなく、勃起する力を助ける効果があり、何も刺激がない時に、勝手に勃起するというものではありません。

バイアグラの服用後約30分から1時間ほどでバイアグラが効き目はじめ、効き目の持続は約5〜6時間とされています。バイアグラのジェネリックは驚くほどたくさん誕生しており、どれも効果の質はバイアグラと同等とされています。副作用も同等と考えられます。

 

タダリスタの先発薬・シアリス

シアリスの有効成分は、もちろんタダリスタと同じタダラフィルで、海外では2002年に発売が開始されています。

服用後のシアリスの効き目は約36時間まで作用し、シアリスが体内に吸収された後では食事の影響を受けずに効果を発揮します。バイアグラとは反対に、シアリスの効き目は緩やかにあらわれはじめ、効果の持続時間が長いからといって、強い勃起を促す薬ではなく長い時間マイルドに勃起効果が持続します。バイアグラとはまた違う効能があります。

シアリスはバイアグラとは違った自然な勃起であり、バイアグラやレビトラの副作用の1つ、顔の火照りや赤ら顔が気になる方、または軽度の勃起不全の方に向いています。

シアリスは5型ホスホジエステラーゼ阻害剤で、心不全の心筋収縮率をあげるのに用いられる事もあります。ジェネリックにおいても、もちろんこの5型ホスホジエステラーゼ阻害剤となります。