バイアグラと一緒に取らない方がいいもの

ED治療薬の王様バイアグラは、何も気しないであれこれと、一緒に摂取するのは良くありません。
なぜなら、バイアグラも医薬品だからです。サプリメントではありません。バイアグラは世界で認知されていて特許も認められている医薬品ですが、飲み合わせ、食べ合わせなど、バイアグラと一緒に取らない方が良いものが、他のお薬のように存在します。

バイアグラと一緒に取らないで:1
心臓病、高血圧のお薬と、血の巡りをよくする成分の入っているバイアグラを一緒に服用してしまうのは、とても危険です。
血管が拡張されすぎて、急激な低血圧状態になってしまうからです。バイアグラと狭心症のお薬は一緒に服用してはいけません。

バイアグラと一緒に取らないで:2
硝酸剤の含まれている、飲み薬や舌下錠、注射、貼り薬、吸入剤などを使用している場合は禁忌とされています。
硝酸剤に含まれる有効成分のニトログリセリンは、バイアグラと一緒に取らないものとして特に禁忌とされています。

バイアグラと一緒に取らないで:3
抗真菌薬と呼ばれている成分は、バイアグラと一緒に服用してはいけません。
抗真菌薬は深在性真菌症などで処方されることが多く、その場合はバイアグラとの併用は禁忌されています。
併用してしまうと、薬の成分の分解が遅れるため、血中濃度が過度に上昇する危険性があるからです。例をあげると、意外にも水虫の薬などがあります。

バイアグラと一緒に取らないで:4

食品などの例では、揚げ物や、ラーメン、焼き肉など、脂っこい食べ物との併用は、効果が出にくいとされています。
バイアグラの有効成分”シルデナフィル”は、食べ物の影響を受けやすいと言われています。

おわかりいただけたでしょうか?楽しいセックスライフのためにも、上記は必ず読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です