医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。

今日、すっかりなじみになったバイアグラ。しかし、バイアグラがどのようにこの世に流れてきたかはあまり知られていないのです。
バイアグラが、どのように開発されどのような過程をたどって、今日手元に届けられるようになったかバイアグラの歴史知っておくのも良いかもしれません。

バイアグラはイギリスにあった”ファイザー・サンドウイッチ研究開発”と呼ばれる研究機関で研究されていました。この研究は、バイアグラの成分のシルデナフィルの開発でした。シルデナフィルは、当初、狭心症の薬として開発をされていました。
しかし、その臨床試験の過程で、驚くことに男性が強く硬く勃起をすることが発見されました。これによりバイアグラが誕生されたのです。

バイアグラの開発担当者の一人であった、Brian Klee氏に開発過程の秘話を尋ねたところ、「最初われわれが試験していたのは血管障害に対する研究で、バイアグラの主成分シルデナフィルの血圧降下作用の効果だった。」と、語られています。
しかし、Brian Klee氏はあることに気がつくのです。それは、被験者が薬を返したがらず、それを不思議に思ったBrian Klee氏が被験者に問い合わせたところ、勃起効果があるということが判明したのです。そして、このバイアグラがED治療薬として開発が進められたという、ちょっとびっくりな歴史があるのです。

そしてその後、1996年にバイアグラの特許申請が認められ、1998年3月27日にアメリカ食品医薬品局に認可されました。バイアグラはFDA承認後、ED治療薬として大きく宣伝され、バイアグラは世界中の勃起不全の男性の間で話題となり、ED治療薬として世界にその名を広めることになったのです。

その後、男性の「夢のような薬」バイアグラは、日本でも個人輸入される方が多くなり、発売されたばかりのED治療薬を試したいばかりに、ニトロなどを服用している患者も服用してしまったために、死亡事故も多々起こってしまいました。
これによって、政府により異例の速さでバイアグラは認可され、1999年に医師の管理下の元で処方されるようになったという過去を持つ治療薬なのです。

当時はかなり強引に認可をおろしたのではないかと、批判の声もありました。特に性に対する教育面で、”軽率化”を恐れた方達からの批判は多かったのです。
今日、日本で認可されているバイアグラの量は25mg、50mgですが、輸入物に関しては100mgのもの見受けられます。これは、欧米の男性の体を基本とした研究開発が進められていったからといわれています。そ
の後、ED治療薬として発売されているシアリス、レビトラなどが販売されたのです。
医師の処方箋で出してもらえるバイアグラは、コスト面で高くつくゆえ、バイアグラを個人輸入される方が増えてきているのが現状です。

バイアグラの発売当初は、併用禁止薬などの現状が知られておらず、事故が起きたりし、危険な薬という、認識が広まりつつありました。
その後日本で認証され、バイアグラの正しい知識などがバイアグラ購入サイトで確認できるようにもなり、その後は目立った事故が起きなくなってきています。
現在ではバイアグラは安全な、ED治療薬として認識されています。