女性の性的欲求低下症を治療するフリバンの特長と通販での入手方法

「アディー」のジェネリック医薬品、フリバンとは?

 

  • フリバンとは?「アディーのジェネリック医薬品です!

フリバンという名前を聞いたことがある人は、まだまだ少ないと思います。フリバンとは女性の性的欲求低下障害(HSDD)のために開発された「有効成分フリバンセリン」を含むジェネリック医薬品です。有効成分フリバンセリンは抗うつ剤の一種である新しい非ホルモン処方薬になります。女性の性欲や性機能を向上させる効果をもたらすとされているお薬です。

新薬はアディー(Addyi)という商品名でスプラウト・ファーマシューティカルズ社から発売されています。

 

  • アディー」(有効成分フリバンセリン)の働き

アディー(Addyi)がはじめて発売された当時の2015年には「女性用バイアグラ」とも呼ばれ、欧米では話題を呼びましたが、実は男性用のED薬であるバイアグラとは全く異なる作用により治療効果をもたらします。

男性用のバイアグラは、陰茎の血管を弛緩させることで陰茎に血流がより流れやすくします。拡張された血管はより多くの血液を充満させることができ、勃起を萎える時に体内で生成される酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を有効成分が阻害するので、勃起を維持するサポートを行います。

一方、アディー(有効成分フリバンセリン)は脳内の神経伝達物質であるセロトニンを阻害することにより女性の性欲を高める効果をもたらします。セロトニンは女性の性機能を低下させるので、フリバンセリンは脳のセロトニン活性を低下させます。 この作用が女性の性的欲求を回復させることに効果を発揮すると考えられています。また、フリバンセリンはドーパミンとノルエピネフリンにも間接的な作用を及ぼし、女性の性機能を向上させるとされています。

フリバンは、これまで「不感症」や「濡れにくい」などの問題を抱えていた女性へも、性行為を最大限楽しむことができるようにサポートします。

 

  • フリバンの服用方法

有効成分フリバンセリンは、性行為の直前に飲むという服用方法ではなく、毎日決まった時間に、一錠ずつ一定期間服用を継続するタイプのお薬です。即効的な効果が期待できる薬ではないので、効果を感じるためには毎日3ヶ月ほど服用し続ける必要があります。そして、効果を実際に感じることができる女性は、その内で40〜60%とされています。

しかし、効果を得られたという女性の中には5年以上セックスレスに悩んでいた中、フリバンセリンを服用したことで夫婦の営みが再開したという方もいます。効果には個人差があり、大きな効果を得ることができるかどうかを知るには、根気よく服用し続ける必要があります。

 

  • フリバンの副作用

有効成分フリバンセリンには、懸念される副作用があります。

これらの副作用の1つは、アルコールとの相互作用による、急激な血圧の低下です。

アディを服用している間はお酒を飲むことができません。

稀にめまいや吐き気などを感じることもあるようですが、一般的にこのような副作用が起きることは少ないとされています。

フリバンセリンを服用している間はアルコールの使用を避け、フルコナゾールなどのシトクロムp450阻害剤(ジフルカンなど)を服用しないようにする必要があるなどの、注意事項があります。

 

フリバンを海外から日本語で通販する方法

 

  • フリバンは日本では未承認

このようにフリバンは、性行為時の悩みを抱える女性の大きな味方なのですが、残念ながら日本ではまだ未承認のため、病院や薬局などで入手することはできません。

しかし、個人輸入の代行サービスを使えば、フリバンを通販で入手することが可能です。

「個人輸入」とはその名の通り、薬を海外から輸入して通販を通じて入手することです。しかし言語や商慣習の違いもあって、個人で直接、海外から薬の輸入を行うことは難しいのが現実です。そこでそのような業務の代行を行ってる業者があり、彼らが代理として薬を輸入し、フリバンの通販を行ってくれます。

 

  • フリバンを通販で入手するメリット、価格など

フリバンの通販を利用すれば、家にいながらにして、フリバンを入手することができます。なので女性の方であっても、人に知られることなくフリバンを入手することが可能なのです。

なお、フリバンはインドで開発されたジェネリック薬ですので、先行薬よりも値段が抑えられているのが特徴です。

家にいながらにして、手軽にプライベートな問題を解決できるフリバンの通販、この機会ぜひ利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です