ED薬 幸せな恋愛

【ED治療薬】勃起不全にはシアリス

男性を悩ます1つの原因として、勃起不全があげられます。勃起不全は努力次第で治る場合もありますが、ほとんどの場合はシアリスのようなedの助けが必要となります。しかし、闇雲にedを服用していては、効果が現れないどころかed薬に対して、副作用の思い出だけが残ってしまいます。

勃起不全の原因や、シアリスに含まれる成分についてよく把握してから、シアリスの服用を始めるのがおすすめです。

 

勃起不全の原因

勃起不全の主な原因として、質性ED、心因性ED、これらの混合型の3つの要因が挙げられます。

器質性ED

物理的に勃起が阻害されることが原因で起こるED(勃起不全)の症状です。勃起を促すのに関係が深くある、神経系、体の組織、血管や陰茎自体の異常などの問題が原因で起こる勃起不全の症状です。

心因性ED

人間関係のストレスや、うつの症状、様々な心理的な要因が原因で起こる症状です。パートナーとの関係によって発症することも珍しくありません。過労や、睡眠不足、緊張などが原因で起こる勃起不全も心因性EDです。

混合型ED

器質性EDが引き金となり、ストレスなどで、精神的にダメージを受けてしまうことが原因で起こる勃起不全の症状です。主な病状として、糖尿病、腎不全、泌尿器系疾患、などが挙げられ、稀に手術の後にこのケースに至る場合もあります。また、加齢なども混合型EDにあてはまります。

意外に多いストレスからくる勃起不全

現実に起こりえるストレスが、原因となり勃起不全を引き起こしてしまう場合があります。例えば、パートナーの何気ない一言が、気づかぬうちにストレスとなっている場合があります。パートナーと仲違い中なども、繊細でストレスを感じやすい人には勃起不全原因となります。経済なストレスなど心理的ストレスは、勃起不全に多いに関係してくる場合があります。

たまに性行為ができない時がある、中折れする、長持ちしないなど勃起不全を疑う症状が出てきたら、edを試してみるのも良いかもしれません。

ストレスは性行為の意欲自体を損なう可能性もありますので、ストレスを感じるような日を過ごされたら散歩に出かけるなど、普段の生活の中でストレスを発散する方法を作っておくのも勃起不全の対策になるでしょう。

 

勃起不全のメカニズム

脳から性的刺激が加わったことを知らせる信号が神経を通して陰茎に伝達されると、陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液が流れ込みます。これが勃起している状態です。

十分な血液が陰茎に送り込まれないと、勃起不全原因となるわけです。喫煙などが勃起不全の理由の1つにあげられるのは、このためです。

勃起不全原因となるお薬

勃起不全原因となる可能性のあるお薬は下記の通りです。

・解熱剤

・抗うつ剤

・抗けいれん薬

・抗精神病薬

・催眠鎮静薬

・抗コリン薬

これらのお薬を使用されている方は、医師へ勃起不全であることを相談してみると良いでしょう。

 

シアリスとは

勃起不全を感じたらEDシアリス

EDシアリスとは?

バイアグラの有効成分がシルデナフィルなのに対し、edシアリスの有効成分タダラフィルになります。タダラフィルもシルデナフィルもどちらも同じPDE5阻害薬ですが、このedシアリスの有効成分タダラフィルは、体内で溶けにくく効果の持続時間が服用後、約1〜3時間ほどで効き始め、その後24時間から36時間まで勃起不全の改善効果が続きます。

効果がでるまでに約1〜3時間ほどというのは、タダラフィルedとしての最高血中濃度到達時間が3時間前後ということです。これには、edシアリスの飲んだ用量には関係なく、シアリス錠5mgでも20mgでもこの到達時間が変わることはありません。

コメントを残す