【早漏】早漏の実態とは?

どれだけ女性を満足させているか、気になりますよね。パートナーを喜ばせたい一心で精力剤を買いに走った方もこの中におられるのでは?

個人差はありますが、世の中の早漏の定義として”相手を満足させてる前に射精をしてしまう”というのが当たり前となってきています。

あまりにも相手側が満足するまでの時間が長い場合などは別として、挿入後2・3回でイッてしまうのは、間違いなく早漏だと呼ばれているのが、早漏の症状の実態です。

 

早漏の実態を理論的に知る

早漏を引き起こすメカニズムとして、副交感神経と交感神経が関わってきます。副交感神経が勃起を司令し、交感神経が射精を指示するのです。副交感神経から交感神経への切り替わりが早いと、早漏を引き起こすというわけです。薬を服用せずにお酒でも早漏防止が成り立ってしまう方も早漏族の中にはいるのです。薬品の力に頼りたいのなら、外用の早漏防止効果のあるクリームなど試すのもいいかもしれません。少し気になる程度なら、市販の精力剤でも良いかもしれません。「滋養強壮剤」といったドリンクも、精力剤と同等の効果があります。

若いカップル

 

若年早漏の実態

早漏は、中高年になって出てくる症状だと勘違いされている方もいるようですが、若年者の方が早漏に悩む方は多いのです。若年性早漏の場合は、性経験が浅いのが一つの理由で、経験を積んでいくと、早漏が治ってくる人が多いのが若年性早漏の実態です。早漏を意識しすぎて、自信がなくなってしまうのは問題ですので、早漏防止の薬や、疲れが溜まっているようであれば精力剤なども視野に入れて、ちょっとした薬の成分に頼るのも早漏防止の近道かもしれません。

 

中高年の早漏の実態

中高年での早漏れの症状を”衰弱性早漏と呼びます。もっぱら加齢が原因で起こる早漏の症状ですが、薬の力を借りて改善が可能なのがこの衰弱性早漏の実態です。

衰弱性早漏の特徴としては、イクというよりかは精液が漏れるといった感じの射精になり、

最後まで精液をためておくことが難しくなるのです。

このタイプの早漏防止策はEDが原因な場合は、早漏防止効果の成分が含まれたED治療薬を、体力が追いつかない場合は、市販の精力剤などで早漏防止効果があるとみられています。早漏防止アイテムを取り入れることによって、射精までの時間を長くします。

 

早漏防止は治療薬のみではない

早漏防止に何かしらの薬があるのなら、試してみる価値はそれなりにあります。

早漏防止には、早漏防止ストレッチ(ケーゲル運動など)、早漏防止に役立つ精力剤、早漏防止効果も含まれているED薬などがあります。

症状によって選ばなければソン!早漏の症状と早漏防止薬の実態

早漏に気づいたからといって、闇雲に色々試してしまっては早漏防止の意味がありません。せっかくですから、症状にあった早漏防止の薬や方法を選んでみましょう。

 

筋肉の衰えによる早漏の症状には・・・

射精閉鎖筋を鍛えることによって、早漏防止の効果が出てきます。

射精閉鎖筋とは、尿道の閉鎖や射精の際に精液を排出する機能を持つ筋肉群です。

代表的な早漏防止運動としては、

01:肩の力を抜き、お腹に力が入らないように気をつけながら、ゆっくりと肛門を締めます。

02:締めたままで3~5秒間保つ(5回)を1セットにして1日5~10セットを目安とします。

 

座ったままでもできる運動なので、電車の中など時間のある時にできる簡単な早漏防止運動です。

 

ストレスによる早漏の場合

ストレスが溜まってくると、交感神経が常時働いてしまいます。ストレスや不安を感じることで、射精命令が以上に早く脳から陰茎に伝達されてしまいます。このような症状の早漏防止には精力剤がおすすめです。早漏防止精力剤と呼ばれる精力剤には、マカやその他の体を活性化させ、疲れた体に元気を取り戻してくれる成分がたくさん含まれています。精力剤を引用することで、アンチエイジング効果や、体内の代謝も高めてくれることから、早漏防止以外にも、精力剤は有効的です。

どの精力剤を選べば良いかわからない場合は、マカや高麗人参が含まれているものを選びましょう。マカや高麗人参には早漏防止効果や精力増大などの効果があると、昔から言われている精力剤の成分です。

スーパーカマグラ

早漏防止には早漏防止薬

早漏れの症状と一緒の現れる症状でEDがあります。ED薬の中には、早漏を改善する有効成分が含まれている薬も幾つかあります。ED薬と早漏防止が一緒に入っている薬として有名なのが、スーパーカマグラタダリスタなどがあげられます。このスーパーカマグラタダリスタは、薬の効果の効き方や、薬の効果持続時間などが変わってきますので、ご自身にあった薬を選べば良いかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です