避妊 ピル

 

1)緊急避妊薬

緊急避妊薬とは、「事後避妊薬」のことで、女性ホルモンが含まれた内服する錠剤のことです。モーニングアフターピルと呼ばれることもあります。

コンドームなどで避妊をしていても、場合によっては失敗してしまうことがあります。
そのような時、妊娠を避けるために用いられるのが緊急避妊薬です。緊急避妊薬を服用することで受精卵の着床を防ぎ、妊娠を回避します。

緊急避妊薬はホルモン剤なので、副作用として吐き気が感じることがありますが、服用してから2時間以内は嘔吐によって、服用したピルが出てしまわないよう注意が必要です。
もし吐いてしまった時は、もう1回同量の緊急避妊薬を服用する必要があります。

また、あくまでも緊急用のものであり、何度も繰り返して飲むためのお薬ではありません。いつかは妊娠という結果につながってしまう可能性が高いので、普段から避妊ピル(低用量ピル)での避妊をおすすめしています。

ヤッペ法
性行為の後72時間以内に服用する必要があります。
まずは最初に2錠、そしてその12時間後にもう1回2錠を服用します。
服用間隔は12時間ですが、その誤差はプラスマイナス1時間までとし、正しく服用することが重要です。

ノルレボ錠
避妊に失敗してから72時間以内にノルレボ錠を2錠1回のみ服用します。

2)避妊 ピル(低容量ピル)

正しく服用すれば、男性に頼らず、女性自身の意志で確実に避妊できます。

避妊ピル(低用量ピル)は、3つの部位に作用して妊娠を防ぎます。

1:卵胞を成熟させるホルモンの分泌がおさえられるため、 排卵がおきない
2:子宮内膜(子宮の内側)の増殖を抑え、着床しづらくなる
3:子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させ、精子が子宮へ入りにくくなる
4:月経痛・貧血・月経不順の改善、子宮がん・子宮内膜症の予防となる

また、避妊ピル(低用量ピル)は避妊効果だけでなく、女性に以下のようなメリットをもたらすことが広く知られています。

・生理が軽くなり(生理痛、出血量ともに)、生理周期が安定する生理前のイライラ(PMS)がなくなる
・肌荒れ、ニキビが軽くなる
・子宮体がん、卵巣がんになりにくくなる
・子宮内膜症が治る
・乳房の良性腫瘍の発生率が下がる

避妊ピル(低用量ピル)の服用は、妊娠していなければいつからでも開始できますが、月経中に開始する方が多いです。避妊ピルは、毎日決まった時間に服用をする必要がありますので、起床時や就寝前に飲む癖をつけておくのがいいでしょう。21錠タイプと28錠タイプがありますが身体に与える効果は全く同じです。

両者の違いは偽薬(プラセボ)の有無です。21錠タイプは、21錠すべてにホルモンが含まれています。28錠タイプは、ホルモン剤21錠+偽薬7錠です。偽薬には、薬剤は含まれておらず、飲み忘れを防止するために、服用しない期間に服用する有効成分を含まないお薬です。

副作用
体が慣れるまで、吐き気、だるさ、頭痛を感じる場合があります。これはいわゆる「つわり」の症状に似ている軽いもので、一時的なものです。多くの場合は1−2週間、最長で10週間以内に落ち着きます。乳房の張りは、3〜6ヶ月続くことがあります。

副作用を感じる割合は少数で、 一旦ホルモンが安定すれば、不快な症状は消えていきます。

¥998 ~

在庫状況:ストック有り

¥998 ~

ポストフォンは、「モーニングアフターピル」と呼ばれている緊急避妊薬であり、あすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は世界で約60ヶ国にて販売されており、WHO(世界保健機関)緊急避妊用の必須医薬品として指定しているお薬です。

ノルレボ錠24時間以内に服用すると95%の高い確率で妊娠を予防することができ、48時間以内でおよそ85%、72時間以内に服用すると58%の確率で妊娠を予防することができるとされています。 避妊を行わずに性行為を行った後に、できるだけ早く服用するとより高い確率で妊娠を予防することができるお薬です。

ポストフォンはインド北部のパンジャーブ州の都市であるルディヤーナーを拠点に事業を展開しているLeeford Healthcareが製造販売しています。

製造国: インド
出荷国: インド

¥1,169 ~

在庫状況:ストック有り

¥1,169 ~

オーピルは、「モーニングアフターピル」と呼ばれている緊急避妊薬であり、あすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は世界で約60ヶ国にて販売されており、WHO(世界保健機関)緊急避妊用の必須医薬品として指定しているお薬です。

ノルレボ錠24時間以内に服用すると95%の高い確率で妊娠を予防することができ、48時間以内でおよそ85%、72時間以内に服用すると58%の確率で妊娠を予防することができるとされています。 避妊を行わずに性行為を行った後に、できるだけ早く服用するとより高い確率で妊娠を予防することができるお薬です。

オーピルはインドの西インドの大都市であるカルカッタを拠点に事業を展開しているユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社が製造販売しています。

製造国: インド
出荷国: インド

¥1,229 ~

在庫状況:ストック有り

¥1,229 ~

アイピルは、「モーニングアフターピル」と呼ばれている緊急避妊薬であり、あすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は世界で約60ヶ国にて販売されており、WHO(世界保健機関)緊急避妊用の必須医薬品として指定しているお薬です。

ノルレボ錠24時間以内に服用すると95%の高い確率で妊娠を予防することができ、48時間以内でおよそ85%、72時間以内に服用すると58%の確率で妊娠を予防することができるとされています。 避妊を行わずに性行為を行った後に、できるだけ早く服用するとより高い確率で妊娠を予防することができるお薬です。

アイピルはインドのムンバイに拠点を置き、アメリカやヨーロッパにも支社を持つグローバル製薬会社であるPiramal Healthcare社が製造販売しています。アイピルノルレボ錠のジェネリック医薬品として高品質なことで世界的に知名度のあるお薬です。

製造国: インド
出荷国: インド

¥1,500

在庫状況:ストック有り

¥1,500

ダイアン35酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールという2種類のホルモンが組み合わせて作られた低用量の避妊用ピルです。

ダイアン35はドイツのバイエル製薬会社が、体の小さいアジア人向けに開発した低用量の避妊用ピルです。副作用が少なく、指示どおりに服用すれば、およそ99.9%の高い確率で避妊効果をもたらすことができます。

ダイアン35は抗生物質やその他の治療法で治療することができなかった、女性にみられる重症のニキビを治療するためにも使用されています。ダイアン35は、皮膚に影響を及ぼすホルモンを調節することによってニキビを効果的に治療することができます。

製造国: インド
出荷国: インド

¥2,430

在庫状況:ストック有り

¥2,430

ヤスミン卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲストゲンという2種類の女性ホルモンが含まれている超低用量避妊薬です。ドイツバイエル社が製造販売しています。ヤスミンは望ましくない妊娠を防ぐために現在、最もよく処方されている高性能の低用量避妊薬になります。従来の避妊用ピルにみられたむくみや体重増加などの副作用が大幅に減少され、より安心して服用することができるので世界的に大人気のお薬です。ヤスミンは正しく服用した時に99%以上の高い避妊効果をもたらすことができます。