EDに効く漢方

EDに効く漢方

みなさまは、ED(勃起不全)の治療に古くから漢方が用いられてきたことをご存知でしょうか?

バイアグラやシアリスなどのED治療薬は服用した時に勃起を得るサポートを行いますが、根本的にED(勃起不全)を治療するためのお薬ではありません。

精力剤や漢方を長期的に服用しながら、適度な運動を行うと体質改善に繋がり、EDを克服するための大切なステップとなることでしょう。

 

マムシ

マムシとは中国で古くから漢方として利用されている夜行性の毒蛇のことです。マムシには各種ビタミンやペプチドなど身体にいい成分が多く含まれているとされています。そして、それらの一部であるアミノ酸やビタミンが性欲を回復させる効果があり、EDに効く漢方として期待されています。

 

高麗ニンジン

高麗ニンジンは古くから東洋で滋養強壮剤として利用されてきました。韓国での研究結果によると、50代の男性に漢方薬として高麗ニンジンを数週間摂取させたところ、EDの症状が改善されたとされています。

高麗ニンジンに含まれるジンセノサイドには肉体的・精神的疲労回復を促す効果があるので、EDに対しても良い効果をもたらすのでしょう。

 

スッポン

栄養ドリンクとして知られているスッポンは熱帯地域に生息する亀の一種です。海外では古くからスッポンの血や肉、甲羅が薬として利用されてきました。

そんな大昔から漢方として存在するスッポンですが、EDに効果があるかは未だに証明されていません。しかし、スッポンには精子を作るタンパク質が豊富に含まれていることから、精力サプリとして摂取している人もいます。

 

その他のEDに効く漢方:ムイラプアマなど

上記の漢方薬の他、EDに効く漢方やハーブ薬品としてムイラプアマ (Muira puama) やオットセイ、コブラなどが挙げられます。特にムイラプアマ (Muira puama) に関しては、バイアグラなどのED治療薬が製造される前に、イギリスやアメリカでEDに効果があるハーブとして認められていました。ムイラプアマはブラジルのアマゾンが原産のハーブで、原住民たちから古くから性機能回復作用があるとして重宝されてきたハーブです。服用するだけで夜のスタミナが向上し、自然な性機能回復に繋がるとして好評のハーブです。

バイアグラやシリアスなどの勃起薬を服用しながらも、これらの漢方やハーブ薬品を服用すると少しずつ症状自体を克服することに繋がりますので、是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です