医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。

EDの治療方法としては、治療薬が第一選択として挙げられます。そのEDの治療薬の中でも、バイアグラは処方実績がナンバーワンであり、EDの治療薬としては、日本でも最初に認可された歴史あるものです。そんな信頼と実績のあるEDの治療薬のバイアグラですが、お薬である以上、他のお薬との飲み合わせや、使用者の体質や持病などは考慮しなければなりません。

バイアグラの有効成分で過敏症状を経験された方

一度、過敏症状を起こしてしまっている場合、その後も継続して飲んでいけば、生命に危険をきたす可能性もあります。バイアグラで過敏症状を起こしてしまった方は、残念ですが、別の内服薬や治療方法を医師と共に模索する必要があります。バイアグラとの併用が禁忌とされているお薬を飲まれている方も、バイアグラの処方は受けられません。

ニトログリセリンとの併用

狭心症などの治療に用いられるニトログリセリンは、バイアグラとの併用が禁止されています。ニトログリセリンは、血管拡張作用のあるお薬なので、バイアグラと併用すると血圧が低下する確率が高いとされています。
また、バイアグラも、血管を拡張し、血流を増加させることで、勃起を促すお薬であり、その副次的な効果として、血圧の低下が生じます。そのため、ニトログリセリンとバイアグラを併用してしまうと、血圧が異常に低下してしまい、最悪の場合ショック状態に陥ってしまうこともあるため、注意が必要です。
ニトログリセリンは、硝酸剤系のお薬というジャンルに属しますが、ニトログリセリン以外の硝酸剤系のお薬を使用している場合でも、バイアグラは処方できません。
飲み薬でなく、貼り薬にも硝酸剤系のものは存在しますが、貼り薬であっても、バイアグラとの併用は禁忌となっています。

循環器疾患

心臓や血管など、循環器に持病を抱えている場合にも、バイアグラの使用は検討する必要があります。とくに、狭心症や心不全、血管系障害などを患っている場合、性行為自体が禁じられていることがあります。バイアグラは血圧を低下さる作用もあり、もともと低血圧である人は、血圧が下がり過ぎてショック状態に陥る可能性があります。高血圧の方でも、医師による血圧のコントロールができておらず、安定しない場合には、バイアグラの使用は見送られます。

肝機能の疾患

肝臓は、内服した薬物の成分を代謝する臓器です。その肝臓が、障害によって上手く機能していな状態でバイアグラを内服すれば、有効成分が十分に代謝できず、体内に成分が残存し続ける原因となります。そうすると、持続勃起症や過度の低血圧などを招く危険性があるほか、肝臓の障害をさらに重くする可能性もあります。

脳梗塞や脳出血、心筋梗塞

脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が、最近の6か月以内にある場合は、バイアグラの使用をおすすめできません。バイアグラは、血管系に作用するお薬ですから、その血管系に疾患を抱えている人への処方は非常に危険性が高いと考えられます。治療後、容態が安定している場合でも専門医との相談しながら、バイアグラの処方を受けるようにしてください。

網膜色素変性症

進行性の夜盲症である網膜色素変性症の患者も、バイアグラの処方を受けることができません。
治療法の確立されていない網膜色素変性症は、学齢期から夜盲で始まる遺伝性かつ進行性の疾患です。視野狭窄や視力低下が進行し、失明に至ることもある難病です。症状の程度や進行の具合には、個人差があり、30代前後からほぼ視力を失う方もいれば、高齢になっても比較的良好に視力を保たれている方もいます。何れにしても、バイアグラを使用をすることはできません。バイアグラの作用機序が、網膜色素変性症を悪化させてしまう可能性があるからです。
バイアグラは、PDE-5と呼ばれる酵素を阻害する働きで、勃起をサポートするお薬です。このPDE-5を阻害するのと同時に、PDE-6と呼ばれ
る酵素も阻害することが明らかとなりました。このPDE-6というのは、網膜色素変性症に関連する酵素であり、この働きが阻害されてしまうと、網膜色素変性症が悪化してしまう可能性をはらんでいるのです。実際のところ、バイアグラによるPDE-6の阻害は、PDE-5に対する阻害と比べると非常に軽微なもので、その影響もわずかなものである場合もあります。
なお、マカや亜鉛などのサプリは、網膜色素変性症の方でも使用可能となっていますので、これらの摂取による勃起力の回復を期待することも一つの手段でしょう。

若年性勃起不全

未成年の方にはバイアグラは処方されておりません。理由としては、バイアグラの臨床試験が成人男性を対象としたものであり、未成年への使用の安全性については検証がされていないからです。若年性勃起不全を疑う方は、自己判断をせず医師へ相談しましょう。

その他にも、バイアグラとの併用が禁止されている治療薬等はいくつかありますので、何かしらお薬を使用されている場合は、専門のクリニックなどを受診された際に、正確に情報を共有してください。お薬手帳などをお持ちであれば、それを持参されることをおすすめします。意外にも多くのケースでバイアグラの処方ができず、驚かれる方もいるかもしれません。多くの方が内服している、信頼と実績のあるお薬であるとはいえ、やはり医薬品です。誤った使用方法によって、健康を損なってしまう場合もありとても危険です。