医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。

EDの治療方法として、まず選ばれるのが治療薬による治療です。その治療薬の中でも、処方実績がナンバーワンのものと言えば、みなさんご存知バイアグラです。このバイアグラ、名前は知っていても、実物を見たことはあまりいないのではないでしょうか。実は、バイアグラは、青い色でひし形をしており、その大きさは一般的な錠剤と比べるとやや大きめです。見る人が見れば、一発でバイアグラと分かってしまうような見た目をしています。専門医のいるクリニックを受診するのも恥ずかしいと言う世の中のEDの男性にとって、バイアグラでEDを治療しているなんてことは何が何でも隠したいことかもしれません。そんなEDでお悩みの男性諸君に朗報です。この度、新しい形状のバイアグラが開発されました。

新しい形状のバイアグラ、それは、「バイアグラODフィルム」です。これは、2014年にファイザー社の持つバイアグラの特許が切れ、その後各社がこぞって後発品の開発に努める中で現れたものです。2016年の10月に登場したこのバイアグラODフィルムは、口腔内崩壊錠です。ODが、口腔内崩壊錠であることを示しています。錠と言うからには、丸い粒のようなものをご想像されるかもしれませんが、名前はフィルムとなっていますよね。そうです、バイアグラODフィルムは、錠剤ではなく、フィルム型の口腔内崩壊錠なんです。このフィルム形態が、バイアグラであることを隠してくれて、おすすめなんです。一目見たところでは、それがバイアグラであるとはまず思いません。

また、フィルム形態で薄いものなので、財布や名刺入れなどにも忍ばせることができます。そのため、急に良い雰囲気になり、バイアグラが必要になった時でも、しっかりと飲んで備えることができるでしょう。また、バイアグラに限らずですが、このタイプにおいては、内服するのに水を必要としません。腹痛を治めるお薬なんかでも、水を必要としないものがありますよね。それと同じく、どんなシーンでもその場ですぐさま内服できるので、緊急的に使用することも可能です。製造は、本家バイアグラを開発したファイザー社なので、その効き目や安全性も信頼がおけるでしょう。錠剤のものと同じく、25mgと50mgのものが製造されており、錠剤と比べて効果に違いはありませんので、錠剤からの移行もスムーズに可能です。

服用時の注意点についても、特に違いはありませんので、満腹時は避ける、1日一回などの基本的な注意事項は、錠剤のバイアグラのものに従ってください。ただし、バイアグラODフィルム特有の注意事項として、内服時は必ず飲み込むことがあります。口の中で溶けて崩壊していくため、そのまま口の中に残し続ける方がいますが、口の中では有効成分が吸収されません。そのため、必ず最後には飲み込むようにしてください。

バイアグラODフィルムが処方できない場合も、錠剤のバイアグラと概ね同じです。言い換えると、飲み合わせなどによる危険性は、錠剤のものと変わらないので、医師の診察時には、しっかりと自分の今飲んでいる別の薬や持病、既往歴などについて述べる必要があると言うことです。これらはすべて、使用者の身体の健康を守るための注意事項でありますから、しっかりと意識をしてご注意ください。

 

ところで、みなさんは性欲と精力の違いを意識したことがあるでしょうか。どちらも同じような認識で使われがちな言葉ですが、ことEDに関する部分では、この二つの言葉は使い分けられるのです。というのも、EDの問題を語る時に、性欲はガソリン、精力はエンジンとして例えられます。これがどういうことか言うと、とくに、ご高齢のEDの方に多いのですが、気づかないうちに性欲が減退している場合があります。しかしそれに気づかず、セックスに挑むことで、勃起しないペニスを目の当たりにしてしまうのですね。性欲がないのにセックスをしようとするから、ペニスも反応をしないのです。ここで、先ほどの例えが出てきます。性欲はガソリンで、精力がエンジン。どれだけ精力があってセックスをしようとしても、エンジンである精力を動かす性欲=ガソリンがなければ、エンジンは動かないというわけですね。この場合は、どうしようもありません。EDの治療薬は、あくまで勃起をサポートするお薬なので、性欲を高める効果は期待できません。

しかし、逆に、性欲はあるのに、精力がなく、セックスができない=勃起しない場合。このケースには、EDの治療薬が有効です。精力とはエンジン、つまりペニスです。ペニスに何らかの問題、もしくはペニスに関連するどこかに何かしらの問題があって、勃起しない。であれば、そのペニスを何とかする方法があれば良いわけで、それがEDの治療薬と言うわけなんですね。性欲があって、セックスのやる気は満々なのに、エンジンである精力がうまく動かず、勃起しないとは何ともつらいことです。EDの治療薬は、その矛盾のようなすき間を埋めてくれる手段なのですね。まだまだ現役世代ばりのやる気を見せるご高齢のED患者の強い味方として、これからも発展していくことを願います。

このように、EDの治療薬が、精神的にもつらい思いをしているED患者の助けとなる中で、様々なEDの治療薬が今も開発をされています。そのひとつであり、最先端を征くのが、バイアグラODフィルムでしょう。ご自分に合う形態や種類のEDの治療薬を見つけて、是非とも今後も楽しいセックスライフに向けたやる気を保ち続けていただければと思います。