ED治療薬の購入は個人輸入代行サービスの利用が便利

ED治療薬の購入は個人輸入代行サービスの利用が便利

バイアグラをほとんどの人が輸入??

近年、バイアグラを知らない人はいないと言えるほど、ED治療薬として人気のバイアグラ。

ED治療薬は医師による処方箋のほか、ほとんどの人が海外から輸入しているということをご存知ですか? 輸入といっても大量に仕入れているのではなく、個人で使用する量を個人輸入されているということです。

 

なぜED治療薬を個人輸入するの?

バイアグラを国内の処方箋で受け取る場合には、1錠の相場はおよそ1500円から3000円前後だといわれています。バイアグラは、日本国内では未だ保険適用外なためです。

この、処方箋でバイアグラを入手するまでに、医師の診断、検査、などの診察料・検査料も重なってくるため、決して経済的とはいえないのです。海外で販売されているジェネリック医薬品のバイアグラは、効能は99%以上同じで、安価なのが人気を呼び、近年では個人輸入代行業者を介して、個人輸入される方が増えてきています。

 

ED治療薬の個人輸入に対する規制はある?

バイアグラなどの勃起薬は、個人で使用する分量のみの個人輸入が可能です。1回のバイアグラの個人輸入は1ヶ月分とされているので、それ以上を購入してしまうと税関で没収されるどころか、罰せられてしまう恐れもあります。

バイアグラ1日1錠×30日分=30錠

ということになります。

知人に頼まれたからといって、この分量以上の医薬品を輸入してしまうのは、規則違反となります。

 

個人輸入代行サービスとは?

個人輸入代行サービスとは、英語が読めないED患者や、個人輸入が億劫な方に変わって、海外から医薬品をお手元まで届けるサービス業者のことです。医師や看護師ではないので、患者の相談にのることはできませんが、商品をお手元に届ける作業を手伝ってくれる業者のことを指します。

 

どうして海外バイアグラは安価なのか?

海外で販売されているバイアグラが、全て安価というわけではありません。

バイアグラには「バイアグラ・ジェネリック」という医薬品があり、製造国が異なるということ以外は、特に変わった点はありません。人件費が、安価な生産国より販売されていることから、値段が安価というわけです。

カマグラ・レビトラ・タダリス・シアリスなど、他にも様々なED治療薬が販売されています。

 

まとめ

バイアグラを個人輸入で購入される場合は、日本に所在している法人の個人輸入代行サービスを使用すると、安心です。個人輸入代行業者は、規則に沿ってお手元まで届けてくれます。

インターネット販売サイト、バイアグラ体験談などをネットで読まれてから、ご自分あった方法で入手しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です