ED治療薬とビール

【ED治療薬】シアリスとアルコール

勃起不全患者がED治療薬を服用する際に、一番ネックになるのはアルコール摂取によるED治療薬の効果への影響ではないでしょうか?

ED治療薬に限らず、どの治療薬も同じでアルコールとの相性が悪い有効成分があり、その反対にアルコールが微量であればそれほど影響しない治療薬もあります。

シアリス以外のED治療薬にもそれぞれ違った特性があり、ED治療薬だからこれはいけないとは一言で言い切れません。

ビール拒否

勃起不全とアルコール

アルコールには、リラックス効果があり性欲が増加させられる方も中にもいますが、一般的には勃起不全の症状とアルコールの相性はあまりよくありません。

アルコールの慢性的な摂取により、睾丸が萎縮してその結果”モテホルモン”と最近では話題になっている男性ホルモンの一種、「テストステロン」の分泌を低下させる恐れがあるからです。この「テストステロン」の低下が、勃起不全を引き起こしている場合があるのです。

短期的なアルコールの摂取でも、アルコール摂取の直接的影響下が引き金となる、勃起不全の症状があります。

勃起不全の症状があらわれる以前より、アルコールを摂取した際に少し萎えてしまうような経験があった方は、ED治療薬を服用していても効果が出ない場合があります。

 

シアリスとアルコール

シアリスの有効成分の特性から、シアリスを服用している際のアルコール摂取は他のED治療薬と比べ、アルコールの影響がほとんどないとされています。

シアリスはED治療薬の中では、服用時の食事制限も厳しくなく上、アルコールに対しても

さほど厳しい制限がないのが、シアリスが勃起不全患者に人気がある特性ではないでしょうか?

しかし、いくらシアリスに厳しいアルコール摂取の制限がないとはいえ、深酒は禁物です。

 

逆に先にアルコールを摂取してしまった場合

すでにアルコールを摂取されてからのシアリスの服用は、摂取されたアルコールの量にもよりけりです。ですので非常に個人差があらわれることでもあります。

さらに、アルコールと治療薬と呼ばれる「お薬」を同時に服用してしまうのは考えものです。

シアリスだけではなく、いかなる治療薬も服用を予定されている場合は、アルコールは自粛された方が良いと思います。

シアリスとアルコールを併用してしまい、副作用が強く出て性行為どころではなくなってしまっては、ED治療薬としてのシアリスの特性が活かされません。

シアリスの効果の特性を最大限に活かすためにも、軽く晩酌程度に済ませるべきです。

 

ノックアウト

シアリス服用後、急な晩酌の席についたら

個人差があります。ビール一杯でノックアウトされる方もいれば、焼酎を何倍飲んでも影響がない方もいます。シアリスを服用した後だからという理由だけでなく、飲酒後の性行為は腹上死を招く恐ろしい危険因子でもあるのです。

シアリスは安全だからといって、調子に乗らず、節度のあるアルコール摂取を心がけましょう。

 

アルコールによる勃起不全(ED)を防ごう

深酒が原因であらわれる短期的な勃起不全は、節酒以外何も回避の方法がありません。

短期的な勃起不全になったからとはいえ、ED治療薬を服用して勃起させようというのは、危険な行為です。アルコールが直接的原因で、勃起不全の症状が出てしまうわけではなく、アルコールを体内で代謝させる際に発生する「アセトアルデヒト」が睾丸を萎縮させる原因とされています。睾丸が萎縮すると、「テストステロン」の供給率が低下してしまいます。

男性ホルモン不足は、勃起不全だけでなく筋肉量が下がってしまったり、性欲が失せてしまう原因とされています。

 

シアリスは、ED治療薬としてとても人気が高く、有効成分の特性が長時間にわたり、勃起不全をサポートすることができるED治療薬です。

楽しい性行為を行うためにも、ある程度の節制は必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です