事後避妊薬

【新着商品】緊急避妊薬「アイピル」、「オーピル 」、「ポストフォン」

 アイピル(i-Pill)

各緊急避妊薬の違い

 

アイピル」(i-Pill) は、Piramal Healthcare社が開発した事後避妊薬(アフターピル)です。姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。アイピル1錠は1229円。販売中。

 

 

オーピル (O pill)

 

オーピル」(O-pill) は、ノルレボ錠の中でもポスティノール錠と呼ばれている、ユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社より販売されているジェネリック事後避妊薬です。この商品は、姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。オーピル1錠は335円から。販売中。

 

 

 

 ポストフォン (Postpone)

 

 

ポストフォン」( Postpone-72)はあすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。この商品は、姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。ポストフォン1錠は432円から販売中。インド北部のパンジャーブ州の都市であるルディヤーナーを拠点に事業を展開しているLeeford Healthcareが製造販売しています。

 

 

 

 

事後避妊薬(アフターピル)には、「ヤッペ法」と「ノルレボ」の2種類の避妊薬があり、アイピルは「ノルレボ錠」に当てはまります。

ヤッペ法 : 性行為後、72時間以内に2錠服用し、その12時間後に再び2錠服用する避妊薬です。
ノルレボ : 性行為後、72時間以内に2錠服用します。アイピルの場合は1錠に成分が凝縮されているので、72時間後以内に1錠服用するのみの、簡単な経口避妊薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です