まつげ育毛剤

1)まつ毛の役割

パッチリとした大きな目は全ての女性の憧れですが、まつ毛には他にも大切な役割があります。

目にゴミやホコリが入るのを防ぎ、これらが目の中へ侵入してくる際のセンサー的な役割もしてくれています。ゴミやホコリなどの異物が目に入ろうとした際にまつ毛に触れることで、反射的に目が閉じます。その他にもまつ毛は涙の蒸発を防ぎ、目を乾燥から守ります。

マスカラや付けまつ毛などに含まれている化学物質が原因で、目元に炎症を起こしてしまう例が増えてきています。炎症が起きてしまうと、まつ毛が過剰に抜けてしまうことがあります。

 

2)まつげ育毛剤とは

まつ毛の数を増やしたり、一本一本を長く太く見せることは、マスカラや付けまつ毛、さらにまつ毛エクステンションなど様々な方法で可能です。 まつげ育毛をすると、本来のまつ毛がより長く・太く・十分な量になるので、マスカラやつけまつ毛などはほぼ不必要となります。

天然のまつ毛を太く、長く、量を増やすことで、アイメイクにかける費用や時間を減らす方法として、まつ毛育毛があります。 ケアは1日1回、洗顔後のスキンケアが終わった後、眠る前に上まぶたの付け根に塗るのみです。効果を感じるまでの期間は、個人のコンディションや体質により異なりますが、2週間~3ヶ月といわれています。 まつ毛美容液とまつげ育毛剤の基本的な目的は異なり、まつ毛美容液は既存のまつ毛をケアするもので、まつげ育毛剤はまだ生えてきていないまつ毛を育てていくものです。

まつ毛美容液 =既存のまつ毛のケア

まつげ育毛剤 =これから生えてくるまつ毛のケア

 

3)まつげ育毛剤:有効成分ビマトプロストの働き

ルミガンやケアプロストには、ビマトプロストというまつ毛育毛の効果がある有効成分が含まれています。 まつ毛に直接塗布することで、以下のような効果をもたらします。まつ毛が太く、長く、量も増える効果が期待できます。

  • 毛包を刺激して生成を促す
  • 毛周期の成長期を長くする
  • メラニン色素の生成を活性化する

ビマトプロストは、もともと緑内障の治療に開発されましたが、その副作用としてまつげが非常によく伸びることが発見され、その後の臨床実験で、長さのみならず、まつ毛が太くなる効果も確認され、まつげ育毛剤として販売されるようになりました。

 

4)ルミガン、ケアプロスト

目の周りは皮膚が薄く敏感なため、乾燥や色素沈着、皮膚が薄くなるなどの症状が起こる場合があります。まつ毛の生え際にだけに、ルミガン・ケアプロストを塗布するようにし、目の中に入らないように十分に注意してご利用ください。万が一、目に入った場合にはすぐに多量の水で洗い、その後痛みや異常がなくても医師の診察を受けるようにしましょう。