痛風

1)痛風 初期症状

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状が出る、20歳以降の男性に多い病気です。最近では、医学研究が進み良い薬も開発されたため、正しい治療を受ければ健康な生活を送ることができますが、放置すると激しい関節の痛みを繰り返し、結節ができ、腎臓機能にも影響を及ぼします。尿路結石になる人も出てきます。

痛風初期にみられる、血液の尿酸値が高い状態が長く続いている症状を、高尿酸血症と呼びます。この初期の状態を放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどまでになります。最初は、1週間から10日ほどで症状がおさまりますが、多くの場合1年以内にまた同じような症状がおこります。この症状が繰り返えされているうちに、痛風でかかとや足首、膝の関節まで腫れはじめ、症状の間隔が次第に短くなり、痛みもより強く、範囲も広くなっていきます。

 

2)痛風初期の自覚症状

痛風初期の自覚症状の始まりは、足の親ゆびの付け根などの関節が、赤く腫れ、激しく痛み出します。 症状は発作的に現れ、通常1週間から10日で治まりますが、治療せずに放置し、再発した際には、その症状の範囲や痛みの強度が増加していきます。「痛風でかかとが痛くなる」などの症状はこのような状態から起こります。

 

3)痛風の原因

痛風は贅沢病と呼ばれるほど、生活習慣、特に食生活に大きな原因があります。 肉食や海産物(特に魚卵類)、アルコール(特にビール)に含まれるプリン体が、痛風の原因である尿酸値を増やしてしまいます。 肝臓でプリン体(核酸)が分解される際に生成される尿酸が、体内に蓄積されることにより、尿酸値が7.0mg/dLを超え、高尿酸血症と診断されます。 また食事以外にも、ストレスや激しい運動、核酸成分を含むサプリメントなども尿酸値を上昇させる原因になります。

痛風予備軍にならないために、以下のようなを生活習慣を改善していきましょう。

・過食

・高カロリー食

・動物性食品の取りすぎ

・多量の飲酒

・運動不足(歩くなどの有酸素運動)

 

4)痛風の予防

尿酸値の高い人は、心血管障害や脳血管障害の可能性が他の人より高いため、尿酸値以外の動脈硬化のリスク因子にも注意する必要があります。

以下のような生活習慣、食習慣を意識して効果的に予防していきましょう。

12リットル以上の水を飲む

・高カロリーや高タンパクの食事を控え、多品目を少量ずつ食べる

・ビールは控えめにし、蒸留酒(焼酎・ウイスキー)などを飲む

・軽い運動をするように心掛ける

・精神的ストレスを溜め込まない

・肥満の方は、解消に取り組む

・尿酸値を下げる食品を意識して摂取する

痛風初期に早めの対策をしておくことで、症状が軽減される可能性が高くなります。

 

5)痛風 痛み止め

ザイロリックは、体内にある尿酸合成を阻止して痛風や高尿酸血症を抑える治療薬です。 尿酸は血中では溶けにくく、尿酸値が高い状態が続く傾向がありますが、ザイロリックを服用することで尿酸値を低く抑え、痛風の発作を予防することができます。 薬の服用に合わせて食生活の改善や運動など、生活習慣全般の見直しも必要です。

[/col] [/row]