個人輸入について


日本で,医師が処方する医薬品や薬局で購入できる医薬品は、すべて日本の厚生労働省が認可している医薬品です。
厚生労働省が安全性や効果を一定の基準を持って検証することによって、医師や医療機関、医薬品業界の安全性の指標となっています。

しかし、世界には、日本で流通している以外にも様々な優れた医薬品や、ジェネリック医薬品があり、それらは普通に外国のドラックスアで販売され、多くの人々の役に立っています。日本で認可されるには時間がかかり過ぎたり、文化の違いや、その他の商業上の理由により日本では認可されていないケースも多くあります。

そして、日本に住む日本人が、海外で販売されている、日本の厚生労働省が認可していない医薬品や、ジェネリック医薬品を購入し利用したい場合に、薬事法によって認められている「個人輸入」をすることによってのみ入手が可能となっております。

「個人輸入」とは個人が海外の販売店、企業及びメーカーから医薬品や、ジェネリック医薬品を直接購入することを言います。

この個人輸入では、日本の厚生労働省に認可されている医薬品やジェネリック医薬品はもちろん、日本の厚生労働省の認可を受けていなくても、海外で一般に流通されている医薬品やジェネリック医薬品も、その国の規約に違反せずかつ、日本の薬事法で定める範囲内の数量であれば購入が可能です。

購入にあたっては、日本の薬事法および購入する国の法律を遵守する必要があります。

・「個人利用」で薬事法に定める指定の個数以内であること
・購入する国および、日本の法律に触れない医薬品、およびジェネリック医薬品に限られる

という点を注意しなければなりません。
また輸入となりますので、商品や合計金額によっては関税がかかること、病院のように一錠単位の購入はできず箱での購入となることや、自己責任で作用や副作用について調べ、医薬品を選び服用しなければならないなどの注意点もありますので予めご了承ください。

ただ、上記のような基本的なルールさえ守れば、「個人輸入」はもちろん合法ですし、私たちのような個人輸入代行業者をご利用いただければ、普通のオンラインショップで買い物するのと同じようにとても簡単に行うことができます。

私たちは、あなたがご希望する医薬品やジェネリック医薬品をメーカーから「個人輸入」できるように、このサイトを通して仲介する役割を果たしています。
またあなたのプライバシーを守るため、購入した医薬品の名前がわからないよう、かつ安心確実な配送手段を用いて速やかに配送しますのでどうぞご安心ください。
このサイトでの医薬品の購入は、上記のルールを守れば合法ですので、あなたのお悩みの解決方法になるのではあれば是非前向きに検討してみてください。

参考までに薬事法に定められた個人輸入の制限個数は以下の通りです。
医薬品(ジェネリック医薬品を含)1ヶ月分以内
外用薬 化粧品類 24個以内

 

参照:厚生労働省公式ホームページ

購入数数量に関して
Q&A

 

個人輸入のメリットとデメリット


病気や怪我の治療や、身体の悩みなどを解消する手段として医薬品が必要となった際に、購入する方法は大きく分けて以下のように2つあります。

1:病院やクリニックなどの医療機関で診察を受け、症状にあった医薬品を処方してもらう方法
2:オンラインドラッグストアを含む、医薬品を取り扱うドラッグストアなどで自分で医薬品を選んで購入する方法

個人輸入は2の自分で医薬品を選んで購入する方法になります。

個人輸入は、海外の医薬品やジェネリック医薬品の購入となりますので、その際には当店のようなオンライン個人輸入代行業者を利用されると非常に便利で安心です。
もちろん、海外医薬品の個人輸入には多くのメリットがある一方で、注意しなければならないデメリットもありますので、以下を参照し、十分に理解していただいた上でのご利用をお勧めいたします。

 

個人輸入のデメリット

1:事前に医師や薬剤師の説明を受けて服用することができないので、ご自身で薬効や副作用などを十分に調べて自己責任で服用する必要があること
2:海外からの購入のため、複数の法律がからみ、もし問題が起きた際に対処が難しいこと
3:安心して購入できる販売店をみつけることが難しいこと

個人輸入のメリット

1:海外では一般に流通しているが、日本では認可されていないため、保険で処方してもらうことができない高価な医薬品や、ジェネリック医薬品を安価で購入できるため、医薬品の経済的な負担が軽減できること。
2:医師や、家族にも相談しにくい悩みを解決する助けになる医薬品や、ジェネリック医薬品をプライバシーを守りながら購入できること
3:日本では流通していない医薬品を購入できるようになるため、医薬品の選択肢が広がること

また、当店のようなオンライン個人輸入代行業者を利用されますと、日本語で24時間いつでも好きな時に注文できる事により、時間の節約にもなり、薬の配送の際には、医薬品名がわからないように配送いたしますので、プライバシー保護の面でも安心です。

 

個人輸入する際の注意点


海外の医薬品を個人輸入することよって、日本では処方してもらうことができない医薬品を、より安価で購入することができ、人には相談しにくい悩みを解決する手段として、選べる医薬品の選択肢が増えるというメリットがあります。
当店のようなオンラン個人輸入代行業者を利用すれば、医師の処方を受けるために病院へ行く時間や手間もかからず、プライバシーも保護されます。
このようなメリットがたくさんある海外医薬品の個人輸入ですが、個人輸入を行うにあたっては注意しなければならない点がいくつかあります。注意点をよく理解しないまま安易に利用してしまうと、取り返しのつかない問題を抱えてしまう場合もありますので、以下をよく読んでから行うようにしましょう。

個人輸入の注意点は以下の通りです。

1:医薬品の効能だけでなく、副作用や飲み合わせに関して事前にしっかり調べる

個人輸入では、医師の処方箋がなくても医薬品を購入することができます。
それは大きなメリットでもあるのですが、医薬品には必ず副作用があり、服用に関しては、一緒に服用しては危険な食品や飲み物がある場合もあります。複数の医薬品が飲み合わせを禁止している項目がある場合もあります。

これらの注意事項を、十分に理解しないまま服用をしてしまうと、重篤な合併症を引き起こしたり、最悪の場合死亡につながる場合もありますので、少しでも不安な点がある場合は、購入する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。
特に現在既に医療機関にかかって治療を受けている場合や、医師から処方されている医薬品を服用している場合は、病気を悪化させたりするリスクもあるので、必ず医師に相談するようにしましょう。

当店は医療機関ではありませんので、医薬品に関する相談は承ることができません。予めご了承くださいますようお願いいたします。

2:薬の作用と自分の症状があっているのか事前にしっかりと調べる

症状が類似していても、その症状を引き起こす原因や病名は全く異なる場合があります。
あなたが購入しようとしている医薬品が、本当にあなたが抱えている問題を解決するものであるのか、事前にしっかりと調べてから購入するようにしましょう。
間違った医薬品を選んでしまうと症状が改善されないだけでなく、悪化したり他の病気になってしまう可能性もあります。
医学的な知識が十分にない場合は、判断が非常に難しい場合が多いので、自己判断はせず医師や専門家に相談することを強くお勧めいたします。
当社は医療機関ではないため、医薬品に関しての相談には応じることができません。

3:必ず個人名義で本人が利用する分のみを薬事法に定められた数量以内で購入する

個人輸入は、あくまで個人的な利用に限って規定の個数以内の輸入を許可するものです。
そのため、法人名義での購入はもちろん、家族や友人のために代わって購入することも禁止されています。

輸入に関しては、購入した製品は必ず税関で検査されますので、薬事法に定められや数量を遵守し、使う本人の個人名義で購入してください。
参考までに薬事法に定められた個人輸入の制限個数は以下の通りです。
医薬品(ジェネリック医薬品を含む)1ヶ月または2ヶ月分以内 *品目によって異なる
外用薬 化粧品類 24個以内

4:悪徳業者に注意する

海外の業者の中には、正規品ではなく粗悪品を扱っている業者もございます。購入前にしっかりとその販売業者について調べ、安心できる業者を選びましょう。

トラブルを避けるためにも、取扱商品、流通経路、決済方法やサポート体制などから信頼できる輸入代行業者を選ぶことが非常に重要です。

 

上記の注意事項さえ守れば、当店のようなオンライン個人輸入代行業者を利用した個人輸入は、便利に安く医薬品を購入できるだけでなく、あなたの悩みを解消する可能性を大きく広げてくれます。

個人輸入及び、当店の役割を理解した上で是非有効に活用して頂ければ幸いです。

 

海外医薬品に処方箋が不要な理由


処方箋は、医師が患者を診察した結果、必要な医薬品を選び、適切な容量や用法を指示するもので、この指示に従って薬剤師は医薬品を患者に提供します。
つまり、処方箋とは、医師がその医薬品に責任を持つことを明記するための書類です。
病院で医薬品が処方される場合、その責任は医師にあるため、処方箋がなければ医薬品を購入することができません。

一方、個人輸入の場合は個人が販売店やメーカー、企業から直接医薬品を購入する行為ですので、自己責任での購入および服用となります。
個人輸入は、個人が個人のために自己責任で購入し、服用する事が前提ですので、医師の責任を示す処方箋は不要となるのです。

処方箋不要で個人輸入できるということは、医薬品の選択肢が広がり、医薬品を購入する際の手間や時間が省け、プライバシーも保護されるためメリットも多いのですが、すべての責任は購入する輸入者にあるという点を、再度認識していただき、購入する医薬品に関してはその効果効能だけでなく、副作用を含めた安全性を事前にしっかり調べておくようにしましょう。

私たち個人輸入の代行業者は、あなたと医薬品メーカーとの仲介の役割を担っていますが、代行業者の利用の有無に関わらず、医薬品の利用における責任はすべて購入者個人にあります。
偽物や粗悪品を扱っていない、信頼できる代行業者を選ぶことも、個人輸入を行う際の非常に重要なポイントとなります。
また、薬事法により購入できる数量は定められていますのでご注意ください。

 

 

個人輸入の関税および消費税等について


関税とは、輸入品に対して支払う通関税金のことです。

税関でかかる費用は、「関税」「消費税」「通関手数料」で、これらの費用はすべて個人輸入をされるお客様の負担となります。

医薬品は、原則関税や消費税はかかりません。
また、個人輸入の場合の課税価格は商品金額の6割で、課税価格が1万円以下の場合は関税と消費税が免除されます。
関税率は商品によって異なり、消費税率は日本国内で買い物をする場合と同じです。通関手数料は配送業者や荷物により異なります。

具体的な支払い金額は、購入した品目や数量、目的により異なり、課税額の判断は税関で行います。
またこれらの税率等を判断する際に税関から、使用目的の確認などの連絡がある場合もありますので、お客様の使用目的などを正確に申告してください。
税関を通過後は、関税は配送業者が立て替え払いをしていますので、荷物の受け取り時に配送業者に支払う必要があります。
荷物の受け取り予定日には、税金支払い用の現金を準備しておくようにお願いいたします。
関税に関しましては、すべて税関の判断となりますので、当店および第三者の関与は致しかねます。ご不明点などは直接税関へお問い合わせいただきますようお願いいたします。
個人輸入の通関手続きに関して
関税率の目安

また、海外の医薬品を個人輸入する際には、日本の法律で定められたルールを遵守し、その範囲内で行う必要があります。
税関での検査を無事通過し、関税を最小限にするためにも、以下の点を再度確認し、規則に従って購入しましょう。

医薬品の種類により購入できる数量に制限があります。個人輸入はあくまで、個人が個人使用のために購入する医薬品に限り認められており、個人輸入した医薬品を家族でなど身近な人であっても譲渡は出来ません。当然販売・転売も禁止されています。

個人輸入できる数量に関しては以下の通りです。
薬事法に定められた個人輸入の制限個数
医薬品(ジェネリック医薬品を含)1ヶ月または2ヶ月分以内(品目により異なる)
外用薬 化粧品類 24個以内

 

商品検索が必要な理由


薬事法(薬機法)などの、日本の法律を遵守して運営するためです。
※個人輸入代行業者が海外医薬品を一覧表示することは法律で禁止されています。

日本の薬事法では、個人輸入代行業者が様々な海外医薬品を一覧表示することを禁止していますが、お客様に希望する医薬品を指定して頂き、注文を受付けることは認めています。

当店では、日本の法律を遵守し、お客様に安心して優良な医薬品を安価でお求めいただくために、一覧表示はせず、お探しの医薬品の名称を、お客様に入力して頂き、検索していただいてからご希望を受付ける方式で運営をしています。

大変お手数ですが、日本語または英語で希望の商品を検索してから依頼手続きにお進みください。

 

個人輸入代行業者の業務


弊社は個人輸入代行業者であり、法律を遵守した上で行えるサービスは以下の3点となります。

1:お客様が指定した海外医薬品のご依頼の受付、及び代金の代理受領
2:海外の業者への注文、及び輸入手続き代行
3:上記に関連するサポート

薬事法(薬機法)の禁止事項

個人輸入代行業者は、医療機関ではないため、以下のような医療行為を行うことは禁止されています。

1:不特定多数の利用者に、海外医薬品を一覧表示して宣伝し、購入を募る行為
2:医薬品の効果、副作用、使用方法等の相談を受けたり、アドバイスをする行為
3:医薬品を自社から直接発送する行為

※上記の行為を、個人輸入代行業者が行うのは違法です。違法サイトにご注意ください。
当社のサイトは、法令を遵守して運営していますのでどうぞ安心してご利用ください。

薬事法(薬機法)を遵守した当社のサイト運営

海外医薬品の一覧を、誰でも見ることができるサイトは違法です。
当社は、特定の海外医薬品を検索していただいて上で、ご依頼を承っております。
これにより、お客様があらかじめ商品に関する知識を持って、商品を探しているという前提で、お客様の指定の医薬品を表示することができるため、法令を遵守したサイト運営となります。

購入を希望する医薬品を誤字、脱字の無いように正しく入力してくださいますようご協力をお願いいたします。

 

薬事法について


薬事法は、昭和35年にできた法律で、その後改正を経て、現在のかたちになっております。
近年の改正の際には名称が改定されたため、現在の正式名称は、以下の通りです。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

この法律は改正後の名称が示すように、日本における医薬品や医療機器などの運用を定めるものです。
とても長い法律名なので、公式には「医薬品医療機器法」と略されますが、薬機法とも略されることもあります。

薬事法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具などの有効性と安全性を確保することを目的に制定されており、海外の医薬品の個人輸入に関してもこの法律が守られています。

医薬品は、私たちの日常生活を豊かにし、健康を守るために非常に重要な役割を果たしていますが、副作用もありますし、使い方を間違えたり、過剰な利用によって身体に悪影響を与える危険性も持ち合わせています。
そのため、薬事法では、一定の基準を設け、承認や認可、確認を行っています。
例えば以下のような規制および禁止項目があります。

1:海外医薬品の個人輸入に対し承認はしているものの、健康に悪影響を与えたり、危険性の高い医薬品等、例えば覚せい剤などに関しては禁止をしています。
2:購入者に正しい利用法と効果を知ってもらうように、宣伝という部分に至っては、正しい利用方法や副作用を含めた注意事項を明記し、効果に対する過剰表現を禁止しています。

その他海外医薬品の個人輸入の際には、上記の薬事法や税関に関する知識が必要となります。
これらの情報は、個人の責任で事前にしっかりと確認することが必須となります。法律やルールに関して理解している、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことも、個人輸入を行う際には、非常に重要です。

弊社は、日本の薬事法を遵守した運営を行っておりますので、安心してご利用ください。