ペニス増大

 

1)ペニス増大

男性のペニスサイズの悩みは、女性にとっての胸のサイズの悩みと同様で、小さいことに恥ずかしさを感じたり、パートナーに対して申し訳なさを感じたりするのはごく自然なことです。

世界のペニスサイズと日本の平均

日本人男性のペニスの平均サイズは通常時が約8cm、勃起時が約13cmですので、決して国籍別に見ても小さいわけではありません。これは世界平均と比べると中間くらいに位置しています。

女性の膣の奥行きは20cmと言われているので、さらに膣の奥を刺激して満足度を高めるために陰茎の大きさを増大させることを望む男性もいらっしゃるでしょう。

国籍にかかわらず、ペニスサイズの差は基本的には体格の差からきています。欧米の男性の中には陰茎の増大を目的としたペニス増大サプリを服用している方もいるといわれています。

陰茎の増大を目的としたサプリは数多く販売されていますが、平均でおよそ2センチ~5センチ程度増大させることができたとの報告もあります。

陰茎の増大、サイズアップのメリットとしてまず挙げられるのが、自信を持つことができるようになることです。女性のセックスの感度の向上や満足感は精神的に一緒にたいと思わせることに対し、大きな影響力があります。

勃起の仕組み

ペニスはスポンジ状の陰茎海綿体と尿道海綿体からできており、視覚的、または肉体的な性的刺激を受けたりした際に勃起します。

普段は、海綿体に流れる血液の量はそれ程多くないのですが、性的刺激により興奮した状態になると、陰茎動脈に多くの量の血液が流れこみます。
その結果、海綿体に血液が多く流れ込み、太さと硬さが平常時よりも増し、勃起が起きます。

この時、ペニスは通常時に比べると長く、太くなりますが、その変化の割合(膨張率)には個人差があります。世界の平均と比べても日本人のペニスは小さいわけではなく、特に膨張率は高いといわれています。

 

2)海綿体の血流改善でペニス増大

勃起時の太さと硬さを、より増やす効果が期待できるものとして注目されているのが、ペニス増大サプリです。サプリは医薬品のようにすぐに効果が現れるものではなく、体の中から少しずつ体質を変えて行くことで徐々に効果があらわれてきます。

急激な変化を起こさないので、身体に負担をかけることなく体質を改善させていくことがができます。

 

ペニス増大サプリとは

海綿体に流れる血液量を増やすことができる成分の代表としてアルギニンがあります。アルギニンは体内で一酸化窒素に変わり、血液の循環を良くする作用があります。

この成分は安全性も認められており、平均2センチ~5センチ前後のサイズップが可能といわれています。
サプリによるペニス増大は、器具を使ったり手術でペニスを増大させる方法と比較しても、手軽で安価であるというメリットがあります。