医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

センフォース 25


¥3,800 ~

ED治療薬の中では最も人気があるバイアグラのジェネリック医薬品です。

製造国: インド
出荷国: インド
出荷国: シンガポール

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,
SKU 容量 数量 数量価格
291 150mg 30錠
-
+
¥13,500 450 円
spinner
290 150mg10錠
-
+
¥5,250 525 円
spinner
11 100mg 30錠
-
+
¥12,000 400 円
spinner
10 100mg 10錠
-
+
¥4,750 475 円
spinner
7 50mg 30錠
-
+
¥9,600 320 円
spinner
6 50mg 10錠
-
+
¥3,800 380 円
spinner
284 25mg 30錠
-
+
¥11,250 375 円
spinner
283 25mg 10錠
-
+
¥4,000 400 円
spinner

説明

主要有効成分:シルデナフィルクエン酸塩の働き

センフォースは高品質で人気の高いバイアグラのジェネリック医薬品です。安心して低価格のジェネリック医薬品を服用したいという方におすすめのED治療薬です。

センフォースはインドのグジャラート州に拠点を置くセンチュリオン・ラボラトリーズ社が製造販売しています。

センフォースの魅力は、10mg、20mg、40mgと豊富な用量の種類が提供されていることです。少量で服用したい方も、ピルカッターで切る必要もなく、お好みの用量を購入することが出来ます。

センフォースはこちらの錠剤タイプのほか、噛んで服用するソフトタブレット・タイプの製品、速効性のある舌下錠タイプなど服用タイプも数種類に分かれているためにお好みのタイプを選んで服用することが来ます。

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

バイアグラは男性のED(勃起不全)を治療するために1998年に世界で初めてファイザー製薬より開発販売されるようになったED治療薬です。

発売された当初はこれといった解決方法がなかったED(勃起不全)という症状に、服用するだけで驚くべき効果を発揮することができるために「夢の薬」と呼ばれ大きな話題になりました。もともとは狭心症の治療薬として開発され、臨床実験中にED(勃起不全)に効果があることが判明したことがきっかけに、ED治療薬として開発されました。

バイアグラ有効成分であるシルデナフィルは、勃起不全(ED)の男性の勃起をサポートし、特定の心臓病を治療するために使用される医薬品です。

シルデナフィルは、男性の陰茎の血管の壁にある筋肉を弛緩させることでより強く硬い勃起を引き起こすサポートをします。また、勃起の状態を萎えさせてしまう酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を阻害することで勃起をより長く維持することができるようにサポートします。

一般的に、シルデナフィルの効果が身体に表れるまでにおよそ30分かかります。しかし、食事の影響、全体的な健康状態、併用している薬、身体のコンデションなどで、シルデナフィルが体内で働くためにかかる時間とそれがどれくらい持続するかに影響を与えます。

センフォースを製造しているセンチュリオン・ラボラトリーズ社2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置く製薬会社です。アロパシー薬、ED治療薬、軟膏、抗菌薬、抗生物質、抗結核薬、心血管治療薬、漢方薬、精神病薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品など、幅広い医薬品を製造販売している製薬会社です。

センチュリオン・ラボラトリーズ社の提供する医薬品は業界標準に準拠し、高品質の成分を使用して製剤化されています。これらの医薬品は経験豊富な専門家チームが品質基準を維持しあらゆる段階で監視しながら、その有効性と最適品質を保持するために衛生的で気密な包装材料で製造されています。

センチュリオン・ラボラトリーズ社は、東アジア、中東、東南アジア、東ヨーロッパ、インド亜大陸など世界中に製品を輸出しています。

http://www.centurionlaboratories.com

1ヶ月の最大使用量

1日1錠を上限とし、1ヶ月最大で30錠までを目安にしてください。しかし、センフォースを毎日服用し続けることは推奨されていません。

毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある方はシアリス(またはそのジェネリック医薬品)を1日1回5mg服用することが推奨されています。この用量は個人の反応に応じて1日1回2.5mgに減らすことができます。詳しくは医師に相談してください。

服用間隔は24時間であり、24時間以内に1錠以上服用しないようにしてください。

効果効能

勃起は男性が性的刺激を受け、陰茎の神経が刺激された時に起こります。その後、海綿体と呼ばれる陰茎に沿ったスポンジ状になっている2つの円柱形の部屋の筋肉がリラックスして血液が流入し、勃起が起こります。センフォースを服用すると、血管の壁が弛緩し、勃起を起こす陰茎の組織に血液が流れやすくなります。

センフォースPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害薬というクラスに属する医薬品です。男性が性的刺激を感じた後、PDE-5阻害薬は陰茎への血流を増加させることでより強く硬い勃起を引き起こすことを可能にさせます。ペニスの勃起は、陰茎が血液で充満されることによって引き起こされます。この充血は、陰茎に血液を供給する血管が血液の供給を増加させると共に、陰茎から血液を運び出す静脈の血管が、血液が流れ出ることを減少させる時に起こります。

正常な状態においては、性的刺激は陰茎の一酸化窒素の産生および放出をもたらし、一酸化窒素環状グアノシン一リン酸(cGMP)の産生を引き起こすグアニル酸シクラーゼ酵素を活性化します。

性行為が終わる頃にはホスホジエステラーゼ-5(PDE5)と呼ばれる酵素が体内から放出され、勃起が自然になえることになります。しかし、ED(勃起不全)の症状を抱えている男性の身体では何らかの理由によりPDE5が早期に放出されてしまうことで勃起の状態を維持できなかったり、中折れなどの症状として表れてしまうことに繋がります。PDE5阻害薬は、環状グアノシン一リン酸(cGMP)を破壊するPDE5を阻害することによって勃起が萎えてしまうことを防ぎ、勃起をより長く持続させることがでるように助けます。

服用方法

1) 服用のタイミング

性行為の1時間ほど前にセンフォースを1錠服用してください。センフォースは服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。

センフォースは毎日決められた時間に服用するタイプの医薬品ではありません。必要な時に医師に指示された用量を服用するようにしてください。

センフォース(シルデナフィル)は3種類発売されているED治療薬の中で最も食事の影響を受けやすいED治療薬だとされています。

センフォースを服用するタイミング空腹時が最も効果的です。

センフォースを食後に服用してしまうと十分な効果を感じることができませんのでご注意ください。

食事の後に服用する場合は食後少なくとも2時間ほど空けて服用してください。食後に服用する場合はあっさりとした食事を腹7分目ほどに抑えておくと良いでしょう。

食事の前に服用する場合は少なくとも30分程前に、できれば1時間ほど前に服用して食事をすると有効成分が体内に吸収された後で食事をすることになるので問題にはなりません。

センフォースを服用する日には天ぷらや焼き肉、中華料理やフランス料理など油分が多い食事は避けた方が良いでしょう。胃に油膜ができてしまうとバイアグラの有効成分が体内に吸収されにくくなってしまいます。

適度な飲酒はリラックス効果をもたらしますが、過度の飲酒は薬の効果を下げ勃起不全に繋がりますので避けましょう。

 

2) 服用用量

シルデナフィルの処方が日本で認可されている用量は25mg50mgになります。この用量は日本人の体型と体質を考慮して指定されている用量なので、海外の方向けに販売されている100mgと150mgの用量は平均的な日本人の男性には多すぎる用量になっています。

初めて服用する場合は25mgから服用し始めることが推奨されています。特に初めて服用する場合などは服用する用量に注意して、100mgや150mgを購入する場合はピルカッターなどを利用して必ず半分4分の1に切ってから服用するようにしてください

3) 効果持続時間

センフォースの効果持続時間はおよそ4時間ほどとなっており、体質によっては最大5時間まで効果が持続するとされています。

副作用

1) 一般的な副作用

  • 頭痛
  • 鼻詰まり
  • 視覚障害
  • 光に対する感受性が高まる
  • 消化不良
  • ほてり

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 痛みを伴う長期にわたる勃起
  • 心臓発作
  • 突然の難聴
  • 眼圧の上昇
  • 心室性不整脈
  • 聴力異常

使用上の注意

1) 持病のある方

センフォースは視神経への血液供給を減らし、突然の視覚異常を引き起こす可能性があります。このような症状は非常に稀ではありますが主に心臓病、高血圧、糖尿病、高コレステロール、または既存の眼の症状を抱えている人々は服用する前に医師に相談してください。

センフォースを服用する前に、以下の症状がある場合は医師に相談してください。

  • 心臓の疾患(過去6ヶ月の心臓発作または生命を脅かす不規則な心拍、胸痛/狭心症、心不全など)
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 高血圧または低血圧
  • 陰茎の疾患(ペイロニー病など)
  • 長期勃起の病歴
  • 鎌状赤血球貧血
  • 白血病
  • 多発性骨髄腫
  • 眼の疾患(色素性網膜炎、突然の視力低下、NAIONなど)

2)アレルギー体質の方

センフォースを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。センフォースには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

3センフォースの併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

センフォースと併用を避ける必要がある薬はリオシグアト(アデムパス)です。

センフォース硝酸薬と一緒に使用すると血圧が著しく低下することがあります。血圧が著しく低下すると、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。

センフォースを、狭心症の薬ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩などの特定の薬物と一緒に服用しないでください。

前立腺肥大症または高血圧を治療するためにアルファ遮断薬(ドキサゾシン、タムスロシンなど)を服用している場合は、血圧が低くなりすぎてめまいや失神につながる可能性があります。アルファ遮断薬を服用している患者へは、医者は通常、低血圧のリスクを最小限に抑えるために、より少ない用量のシルデナフィルを処方する傾向があります。

他に併用を避ける必要がある医薬品は以下のとおりになります。

  • イトラコナゾールケトコナゾールなどのアゾール抗真菌剤
  • クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどのマクロライド抗生物質
  • リトナビル、サキナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤
  • ブセプレビル、テラプレビルなどのC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤
  • ミフェプリストン
  • シルデナフィルまたはその他のED治療薬肺高血圧症治療薬(タダラフィル、バルデナフィルなど)

4) グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分が、センフォースの有効成分であるシルデナフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、シルデナフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでセンフォースを服用中でも食べることは可能です。

 

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。 子供やペットなどの手の届かない場所に保管してください。