医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
ページを選択
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ヘプシビルL


¥71,980

ヘプシビルL単体で、インターフェロンまたはリバビリンを併用することなく、ジェノタイプ1aまたは1bのC型肝炎を治療することができるようになりました。ヘプシビルLの服用で94パーセントから99パーセントのC型肝炎ジェノタイプ1の治癒率が報告されています。
製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 数量 数量価格
2497 28錠
-
+
¥71,980 2571 円
spinner

説明

1994年以前に、厚生労働省が発表している期間で、妊娠中又は出産時に大量の出血をされた方、大量に出血するような手術を受けた方、食道静脈瘤の破裂、消化器系疾患、外傷などにより大量の出血をされた経験のある方。また、がん、白血病、肝疾患などの病気で「血が止まりにくい」と指摘を受けた経験のある方は、C型肝炎の検査を、受けるべきだと厚生労働省が、呼びかけています。しかしながら、C型肝炎は以前に比べて、随分と治療が楽になりました。このヘプシビルLの登場において、さらに治療が受けやすくなりました。

ヘプシビルLについて

ヘプシビルLは1935年創業の、ムンバイに本社を置く製薬会社シプラ社より発売されているジェネリック医薬品にあたります。シプラ社はインド国内では、発展途上国向けのHIV陽性患者のための低コストの医療薬の製造でも知られています。ヘプシビルLの発売元、シプラ社の製薬施設は世界10カ国に存在し、世界保健機関を始め、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、ハンガリー、イギリスなど、各国の許認可機関に承認されています。日本国内でも個人輸入という手段でシプラ社の医薬品を購入できます。

ヘプシビルLの成分

ヘプシビルLはレジパスビル90mg、ソホスブビル400mgが主成分となっています。この二つの成分が一つの錠剤に含まれていることから、ヘプシビルL単体で、インターフェロンまたはリバビリンを併用することなく、ジェノタイプ1aまたは1bのC型肝炎を治療することができるようになりました。ヘプシビルLの服用で94パーセントから99パーセントのC型肝炎ジェノタイプ1の治癒率が報告されています。

 

使用方法と副作用

ヘプシビルLの服用の仕方

ヘプシビルLは、毎日同じ時間帯に1錠、水または白湯で服用します。
治療期間は8週間から最大で24週間までの間となります。

ヘプシビルL服用前に知っておく事

ヘプシビルLを服用される場合は、鉄、亜鉛系のサプリメントやお薬、シメチジン、デクスランソプラゾール、エソメプラゾール、ファモチジン、ランソプラゾール、ニザチジン、オメプラゾール、パントプラゾール、ラベプラゾールが含まれる薬等をすでに服用されている場合は、ヘプシビルLを服用前に、医師にご相談ください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ヘプシビルL” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です