医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ラブグラ


¥2,800 ~

ラブグラは、女性のために開発された女性用 性的不感症治療薬です。

女性の不感症、絶頂不全、性的興奮障害、性欲減退、膣分泌液量の減少などの症状を改善することができる、女性用バイアグラとも呼ばれ世界的に人気の医薬品です。有効成分シルデナフィルは、女性性器への血流を増加させることでより性的な感度を上げ、膣内に潤いを与え濡れやすくする効果をもたらします。血流促進作用で性交痛を解消し性的快楽を増加させセックスが気持ちよく感じられるようになるサポートをします。

現在在庫切れです。

製造国: インド
出荷国: インド

出荷国: シンガポール

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , ,
SKU 容量 数量 数量価格
1116 100mg 30錠 ¥8,250 275 円
6960 100mg 24錠 ¥6,960 290 円
1187 100mg 12錠 ¥3,480 290 円
1115 100mg10錠 ¥2,800 280 円

説明

主要有効成分:シルデナフィルクエン酸塩の働き

ラブグラは、女性のために開発された女性用 性的不感症治療薬です。

女性の不感症、絶頂不全、性的興奮障害、性欲減退、膣分泌液量の減少などの症状を改善することができる、女性用バイアグラとも呼ばれ世界的に人気の医薬品です。有効成分シルデナフィルは、女性性器への血流を増加させることでより性的な感度を上げ、膣内に潤いを与え濡れやすくする効果をもたらします。血流促進作用で性交痛を解消し性的快楽を増加させセックスが気持ちよく感じられるようになるサポートをします。

ラブグラは男性のED勃起不全)を治療するバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルを配合する薬です。特に女性の性的な感受性を高め、オーガスムを増加させ、性的な快楽を促進させる素晴らしい効果をもたらします。

男性が挿入する時に濡れないので痛みを感じてしまっていたり、感じないので演技をしてしまっていることで悩んでいる女性たちに、服用するだけで悩みを簡単に解消することができる薬として人気を呼んでいます

ラブグラは、社会的に軽視されている女性の性機能障害の症状への治療解決策として、バイアグラのジェネリック医薬品で人気の高いラブグラを製造販売しているアジャンタファーマ社より開発されましたラブグラは、もともとは早期閉経を経験した女性、または子宮摘出術を受けた女性の性生活を改善するために特別に開発された医薬品です。ラブグラを服用した女性たちの体験として、性生活が改善され、活力と興奮を再び感じることができるようになったとたくさんの女性たちに認められています

ラブグラは、不感症や性交痛で悩んでいた女性たちにセックスでの気持ち良さを感じることができるようにし、性生活の活力とエネルギーを回復させ、パートナーと再び情熱を感じることができるように助けます。女性としてもはや静かに一人で苦しみ悩み続ける必要はありません。前向きな行動をとることで性生活を楽しむことができるようになりますラブグラを服用して初めてオーガズムを感じることができるようになった、初めてセックスを気持ちいいと感じることができるようになった、パートナーとの関係性が向上したという女性たちの体験談が多く寄せられています。

ラブグラ女性が早期閉経後または子宮摘出後に感じにくくなった時に服用することも推奨されています。

ラブグラは性的刺激が与えられた時に性的な感度を上げる効果をもたらす医薬品であり、性欲を与える媚薬ではありません

 

アジェンタファーマ社はジェネリック医薬品製造で信頼と実績のあるインドの製薬会社です。アジャンタ・ファーマ社は1973年に設立されその後、ED治療薬のみならず眼科、皮膚科、心臓病系、及び痛み止めの薬などを手がけ販売しています。インドの他、アメリカ、フィリピン、アジア各国、中東、旧ソ連からの独立国などに普及されています。2000年にはインドの株式市場に上場しており、最新技術を持つ工場において医薬品を製造しています。

 

1ヶ月の最大使用量

1日1錠を上限とし、1ヶ月最大で30錠までを目安にしてください。しかし、ラブグラは必要な時にだけ服用する「オンデマンド」の薬として開発された医薬品です。毎日服用し続けるために開発された薬ではありませんので、必要な時にだけ服用するようにしてください。

服用間隔は24時間であり、24時間以内に1錠以上服用しないようにしてください。

 

効果効能

ラブグラは、特に女性のために開発された有効成分シルデナフィルジェネリック医薬品です。ラブグラは、膣領域の血流を増加させることによって機能します。研究は、ラブグラが性器周辺の血流を増加させ、性交中の性的欲求を増加させることを助けることが示唆されています。

有効成分シルデナフィルは膣周辺の血液循環を促進させ、女性性器の拡張を増加させ、膣内に潤いをもたらすので、パートナーに刺激されるとより感じやすくなり、挿入時の快感度が増します。

ラブグラがどのように機能するかについて完全に確立された研究結果はまだありませんが、特に抗うつ剤を服用している女性は、ラブグラが非常に有益であると感じるとされています。

 

服用方法

1) 服用のタイミング

性行為の1時間ほど前にラブグラを1錠服用してください。ラブグラは服用してからおよそ1時間ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します。

ラブグラは毎日決められた時間に服用するタイプの医薬品ではありません。必要な時に医師に指示された用量を服用するようにしてください。

ラブグラ(シルデナフィル)食事の影響を受けやすいED治療薬です。

ラブグラを服用するタイミング空腹時が最も効果的です。

ラブグラを食後に服用してしまうと十分な効果を感じることができませんのでご注意ください。

食事の後に服用する場合は食後少なくとも2時間ほど空けて服用してください。食後に服用する場合はあっさりとした食事を腹7分目ほどに抑えておくと良いでしょう。

食事の前に服用する場合は少なくとも30分程前に、できれば1時間ほど前に服用して食事をすると有効成分が体内に吸収された後で食事をすることになるので問題にはなりません。

ラブグラを服用する日には天ぷらや焼き肉、中華料理やフランス料理など油分が多い食事は避けた方が良いでしょう。胃や腸に油膜ができてしまうとバイアグラの有効成分が体内に吸収されにくくなってしまいます。

ラブグラを服用する際は水と一緒に服用し、お酒や牛乳と一緒に服用することは避けてください。

ラブグラの成分は血流を促進させる効果をもたらすので、お酒が回りやすくなるほか、副作用が強くでる可能性があります。また、お酒を飲んだ後に服用すると効果もでにくくなります。

牛乳に含まれる脂肪分ラブグラの有効成分が体内に吸収されることを阻害します。

2) 服用用量

シルデナフィル(バイアグラ)の処方が日本で認可されている用量は25mg50mgになります。この用量は日本人の体型と体質を考慮して指定されている用量なので、海外の方向けに販売されている100mgの用量は平均的な日本人の体型には多すぎる用量になっています。

初めて服用する場合は25mgから服用し始めることが推奨されています。特に初めて服用する場合などは服用する用量に注意して、100mgを購入する場合はピルカッターなどを利用して必ず半分4分の1に切ってから服用するようにしてください

 

3) 効果持続時間

ラブグラの効果持続時間はおよそ4時間ほどとなっており、体質によっては最大5時間まで効果が持続するとされています。

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 頭痛
  • 鼻詰まり
  • 視覚障害
  • 光に対する感受性が高まる
  • 消化不良
  • ほてり

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 心臓発作
  • 突然の難聴
  • 眼圧の上昇
  • 心室性不整脈
  • 聴力異常

 

使用上の注意

1) 持病のある方

ラブグラは視神経への血液供給を減らし、突然の視覚異常を引き起こす可能性があります。このような症状は非常に稀ではありますが主に心臓病、高血圧、糖尿病、高コレステロール、または既存の眼の症状を抱えている人々は服用する前に医師に相談してください。

ラブグラを服用する前に、以下の症状がある場合は医師に相談してください。

  • 心臓の疾患(過去6ヶ月の心臓発作または生命を脅かす不規則な心拍、胸痛/狭心症、心不全など)
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 高血圧または低血圧
  • 鎌状赤血球貧血
  • 白血病
  • 多発性骨髄腫
  • 眼の疾患(色素性網膜炎、突然の視力低下、NAIONなど)

 

2)アレルギー体質の方

ラブグラを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。ラブグラには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3ラブグラの併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

ラブグラと併用を避ける必要がある薬はリオシグアト(アデムパス)です。

ラブグラ硝酸薬と一緒に使用すると血圧が著しく低下することがあります。血圧が著しく低下すると、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。

ラブグラを、狭心症の薬ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩などの特定の薬物と一緒に服用しないでください。

前立腺肥大症または高血圧を治療するためにアルファ遮断薬(ドキサゾシン、タムスロシンなど)を服用している場合は、血圧が低くなりすぎてめまいや失神につながる可能性があります。アルファ遮断薬を服用している患者へは、医者は通常、低血圧のリスクを最小限に抑えるために、より少ない用量のシルデナフィルを処方する傾向があります。

他に併用を避ける必要がある医薬品は以下のとおりになります。

  • イトラコナゾールケトコナゾールなどのアゾール抗真菌剤
  • クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどのマクロライド抗生物質
  • リトナビル、サキナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤
  • ブセプレビル、テラプレビルなどのC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤
  • ミフェプリストン
  • シルデナフィルまたはその他のED治療薬肺高血圧症治療薬(タダラフィル、バルデナフィルなど)

 

4) グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分が、ラブグラの有効成分であるシルデナフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、シルデナフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでラブグラを服用中でも食べることは可能です。

 

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。 子供やペットなどの手の届かない場所に保管してください。