マイダクラ

¥33,349

マイダクラとは、、抗ウイルス剤と呼ばれる薬剤の一種である有効成分のダクラタスビルが、含まれている経口C型肝炎治療薬です。

商品コード 容量 数量 個数価格
2493 60mg28錠 ¥33,349 1191 円

C型肝炎治療も、患者によっては経口医薬品のみで、早い人ならわずか3ヶ月でウィルスの活動を止めてしまうことができるようになりました。経口医薬品同士の組み合わせにより、病院へ注射のためにわざわざ通うことも、少なくなってきました。ひと昔前には、治らないと言われていたこのC型肝炎も、近代医療の加速によって、見解が変わりつつあります。

マイダクラとはなんですか?

マイダクラとは、、抗ウイルス剤と呼ばれる薬剤の一種である有効成分のダクラタスビルが、含まれている経口C型肝炎治療薬です。従来のC型肝炎治療薬では、インターフェロンの接種が主流でした。インターフェロンと他の薬を組み合わせることにより、病気を治療していました。ウイルスなどに感染したときに作られる物質がインターフェロンであり、これによって免疫機能が活性化されます。しかし、インターフェロンには副作用があります。分かりやすく表現すれば、「かぜのときにインターフェロンが体内で作られ、このときの倦怠感がインターフェロン製剤の投与によって引き起こされる」とイメージしてください。
それだと、どちらかというと”インターフェロンは受けたくない”と感じてしまいます。
そこで、”インターフェロンはいらないよ”といっているのが、マイダクラと連想してみてください。このマイダクラの服用により、インターフェロンフリー療法で、いろんな患者が治療を行えるようになりました。

主成分について

マイダクラの主成分はダクラタスビルです。マイダクラ1錠に、ダクラタスビルが60mg含まれています。
HCV複製複合体阻害薬と呼ばれる種類の薬になります。ジェノタイプ1のC型慢性肝炎または、C型代償性肝硬変における、ウイルス血症の改善に大きな効果をもたらす成分です。65歳以上の高齢者、または代償性肝硬変の患者にも85%という、とても高い快復率を達成している成分でもあります。2014年8月に欧州で、2015年7月に米国で、2015年12月にインドで使用が承認されました。

使用方法

マイダクラの服用

食前食後、関係なく水、または白湯と個人差はありますが、12週間の服用が目安となります。

マイダクラを服用する前に

リファンピン、カルバマゼピン、フェニトインのいずれかを含む、他の治療薬をすでに服用されている方は、マイダクラを服用前に医師へご相談ください。
その他、C型肝炎以外で、肝臓に他の症状がある方、心臓病を患っているかた、肝移植を受けた経験のある方は、マイダクラを医師との相談なしで、服用するのはお控えください。

レビュー

レビューはまだありません。

“マイダクラ” の口コミを投稿します