医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

アレグラ


¥1,850 ~

アレグラ有効成分フェキソフェナジンを含む、花粉症、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などのアレルギー性疾患を治療するために使用される最新の抗ヒスタミン薬です。

アレグラは、服用すると体内で素早く吸収され、通常1時間以内に効果を感じることができます。アレグラは蕁麻疹と花粉症の両方に非常に有効なお薬です。

アレルギーの症状をコントロールし治療するためには、アレグラを一定期間毎日服用する必要があります。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
750 180mg30錠
-
+
¥2,250 75 円
spinner
748 120mg 30錠
-
+
¥1,850 62 円
spinner

説明

主要有効成分:フェキソフェナジン

アレグラ有効成分フェキソフェナジンを含む、花粉症、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などのアレルギー性疾患を治療するために使用される最新の抗ヒスタミン薬です。

アレグラは、服用すると体内で素早く吸収され、通常1時間以内に効果を感じることができます。アレグラは蕁麻疹と花粉症の両方に非常に有効なお薬です。

アレルギーの症状をコントロールし治療するためには、アレグラを一定期間毎日服用する必要があります。

アレグラはフランスの大手製薬会社であるサノフィが製造販売しています。

有効成分フェキソフェナジンは、第2世代の抗ヒスタミン剤であるヒスタミンH1受容体拮抗薬というクラスに属する医薬品です。有効成分フェキソフェナジンヒスタミンとして知られている身体で生成される天然の化学物質の作用を遮断することによって効果をもたらします。

有効成分フェキソフェナジンは、くしゃみ、かゆみ、鼻水、痒み、裂傷、目の赤みなど、季節性および通年のアレルギー症状を軽減するために使用されます。また、蕁麻疹やかゆみ肌を含むアレルギー性皮膚反応(慢性特発性蕁麻疹)に伴う症状を和らげるためにも使用されます。

アレグラの最も優れている特長の内の一つは、アレグラが重度の副作用を引き起こさないために、安心して服用することができる医薬品だということです。 アレグラを服用後に頭痛を報告する人もいますが、その数はおよそ10%と低くなっており、ほとんどのアレルギー治療薬のように疲労感を引き起こすことはありません。

アレグラは抗ヒスタミン薬として承認されており、6カ月以上の小児および成人のために安全に使用することができます。

 

 

効果効能

有効成分フェキソフェナジンは体がアレルギー反応を起こす時に生成される天然物質であるヒスタミンをブロックすることによって効果をもたらします。

有効成分フェキソフェナジンは、選択的ヒスタミンH1受容体遮断薬という医薬品のクラスに属するお薬です。

ヒスタミンH1受容体を遮断することで、ヒスタミンによるH1受容体の活性化を防ぎ、アレルギーに伴う症状の発症を防止する作用をもたらします

有効成分フェキソフェナジンは血液脳関門を容易に通過することができないため、血液脳関門を容易に通過することができる他の抗ヒスタミン薬、例えばジフェンヒドラミンのような第一世代の抗ヒスタミン薬と比較すると、眠気を引き起こす可能性が低いとされています。

一般的に、有効成分フェキソフェナジンの効果があらわれるまでにはおよそ1時間かかります。

 

 

服用方法

  • 6歳以上12歳未満の小児には、1日2回アレグラ30mgの服用が推奨されています。
  • 12歳以上の方は1日2回アレグラ60mg、または1日1回アレグラ120mgの服用が推奨されています。
  • 成人の方の通常の開始用量は1日1回のアレグラ60mgになります。
  • それぞれの方の体質に合った服用用量と回数を医師に相談してから服用するようにしてください。
  • 花粉症には、低用量のアレグラで簡単に治療できますが、蕁麻疹の治療には高用量のアレグラが必要になることがあります。
  • アレグラは食物の有無にかかわらず服用することができます。医師の指示がない限り、この薬剤の長期使用は避けてください。

 

 

副作用

アレグラは副作用が少ないとされ、ほとんどの人は副作用を感じることはありません。

下記の副作用はおよそ1%ほどの人に見られる副作用です。

  • 下痢
  • めまい
  • 目の乾き
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 鼻血
  • 眠気
  • 胃の不調
  • 不眠

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

  • イブプロフェン
  • アルブテロール
  • アスピリン
  • ジフェンヒドラミン
  • クラリチン
  • サインバルタ
  • 魚油(オメガ3)
  • フルナーゼ
  • ガバペンチン
  • レボチロキシン
  • リシノプリル
  • メトホルミン
  • グアイフェネシン
  • エソメプラゾール
  • オメプラゾール
  • プレドニゾン
  • プソイドエフェドリン
  • モンテルカスト
  • レボチロキシン
  • トラマドール
  • アセトアミノフェン
  • ビタミンB12(シアノコバラミン)
  • ビタミンD3(コレカルシフェロール)
  • ゾロフト(セルトラリン)
  • ジルテック(セチリジン)

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

注意点

・お薬の服用を開始する前に、持病の症状、アレルギー、他に服用しているお薬、妊娠しているかどうか、授乳中であるかどうかなど、健康に関する状態を医師に知らせてください。

・研究によると、フェキソフェナジンは通常の状況下では眠気を引き起こさないことが報告されています。しかし、フェキソフェナジンを推奨用量以上に服用する場合は、眠気を引き起こすことがあります。この薬を服用中に眠くなったら、車を運転したり機械を操作したりしないでください。

・腎機能が低下している場合は、医師に相談してからアレグラを服用するようにしてください。

・アレグラは、妊娠中にはお薬を服用する利益がリスクを上回らない限り使用すべきではありません。この薬を服用中に妊娠した場合は、すぐに医師に相談してください。

・有効成分フェキソフェナジンは母乳に流入する成分です。アレグラは、授乳中の女性には服用されるべきではありません。

 

 

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。