医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

オーピル (O pill)


¥1,169 ~

オーピルは、「モーニングアフターピル」と呼ばれている緊急避妊薬であり、あすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は世界で約60ヶ国にて販売されており、WHO(世界保健機関)緊急避妊用の必須医薬品として指定しているお薬です。

ノルレボ錠24時間以内に服用すると95%の高い確率で妊娠を予防することができ、48時間以内でおよそ85%、72時間以内に服用すると58%の確率で妊娠を予防することができるとされています。 避妊を行わずに性行為を行った後に、できるだけ早く服用するとより高い確率で妊娠を予防することができるお薬です。

オーピルはインドの西インドの大都市であるカルカッタを拠点に事業を展開しているユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社が製造販売しています。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:
SKU 容量 数量 数量価格
25171.5mg 10錠
-
+
¥3,349335 円
spinner
25161.5mg 5錠
-
+
¥2,549510 円
spinner
25151.5mg 3錠
-
+
¥2,019673 円
spinner
25141.5mg1錠
-
+
¥1,1691169 円
spinner

説明

主要有効成分: レボノルゲストレルの働き

オーピルは、「モーニングアフターピル」と呼ばれている緊急避妊薬であり、あすか製薬から製造販売されているノルレボ錠ジェネリック医薬品です。ノルレボ錠は世界で約60ヶ国にて販売されており、WHO(世界保健機関)緊急避妊用の必須医薬品として指定しているお薬です。

オーピルはインドの西インドの大都市であるカルカッタを拠点に事業を展開しているユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社が製造販売しています。

ノルレボ錠は避妊をしっかりと行わずにうっかり性行為をしてしまった後、72時間以内1錠を服用すると高い確率で妊娠を防ぐことができると話題の緊急避妊薬です。緊急避妊薬は「事後避妊薬」と呼ばれることもあります。

ノルレボ錠24時間以内に服用すると95%の高い確率で妊娠を予防することができ、48時間以内でおよそ85%、72時間以内に服用すると58%の確率で妊娠を予防することができるとされています。 避妊を行わずに性行為を行った後に、できるだけ早く服用するとより高い確率で妊娠を予防することができるお薬です。

緊急避妊薬は、低用量ピルを2日以上服用し忘れた際にも服用することができます

ノルレボ錠はフランスで1999年に始めて承認され、日本では2011年になってから厚生労働省より承認されているお薬です。

ノルレボ錠以前の避妊薬であるヤッペ法は、1錠ではなく、12時間間隔で2回に分けて服用する必要があり、吐き気や嘔吐などの副作用があらわれることが多かったお薬でした。ノルレボ錠1錠を1回服用するだけで副作用をほとんど感じることなく安全に高い避妊効果をもたらすことができるので、世界でも話題になったお薬です。性交時に避妊をし忘れてしまったり失敗してしまっても、緊急避妊薬を服用することで、望まない妊娠を安全に回避することができます。

ノルレボ錠レボノルゲストレルという黄体ホルモンを主成分としている緊急避妊薬です。

レボノルゲストレルは女性の体に既に排卵したと錯覚するようにさせて妊娠を防ぎます。また、精子が卵子に受精することを困難にさせ、子宮内膜を変化させて受精卵が着床することを困難にします。

この方法を用いた場合、3日(72時間)以内に服用すると、子宮内膜が受精卵を着床しにくくさせるために変化する十分な時間が与えられます。そのため、避妊をせずに行った性行為の後から72時間以内に服用すれば妊娠を高い確率で予防する効果をもたらすことができます。

緊急避妊薬は、すでに受精卵が子宮内膜に着床してしまっている場合は、妊娠を止めることはできません。主に排卵を遅らせるか、排卵を予防することによって避妊効果をもたらします。

避妊に成功した場合、排卵日前のタイミングで緊急避妊薬を服用したら、5日ほどで生理が始まります。排卵日後のタイミングで緊急避妊薬を服用したら、21日ほどで生理が始まります。

ノルレボ錠は病院で処方されると保険適応外であるため、1万3千~1万6千円ほどかかります。

個人輸入代行サービスを利用すれば、病院へ行ってからの待ち時間や、答えにくい質問をされる嫌な経験をすることもなく、オーピルを購入することができます。避妊を行わずに性行為を行った場合、ノルレボ錠をできるだけ早く服用すると、妊娠をより高い確率で予防する効果があります。もしもの時のために手元に持っておくと、安心して備えることができます。

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

オーピルを製造販売しているユニバーサル・ライフ・サイエンシズ社は、簡単に正確な早期乳がんをチェックすることができる装置であるiBreastExamを開発し、2016年には米国のFDA (米国食品医薬品局)より承認され注目を集め、急成長を遂げているインドの製薬会社です。アメリカのフィラデルフィアに支社を置き、グローバルな事業を展開している会社です。

http://www.uelifesciences.com

 

 

効果効能

ノルレボ錠排卵と受精を防ぐことによって、また、女性の月経周期に応じて子宮内膜の増殖を抑えることによって妊娠を予防する機能をもたらします。

女性の正常な月経周期では、卵子が成熟すると、毎月卵巣から卵子が排卵されます。

排卵された卵子にタイミングよく精子が出会うと受精し、受精卵は1週間から10日ほどかけて移動して子宮内膜に着床します。受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠初期の状態になります。

女性の身体の中の卵巣では、排卵された後、ステロイドホルモンの一種であるプロゲステロンが産生され、さらなる卵子の放出が妨げられます。

ノルレボ錠に含まれるレボノルゲストレルは、排卵がすでに起こっていると体に錯覚させることで、卵子が卵巣から​​放出されることを防ぎ、妊娠を予防します

レボノルゲストレルはまた、子宮頸部の自然粘液の厚さを増加させ、精子が膣から子宮に入りにくくさせることで、受精をより困難にします。

レボノルゲストレルはまた、卵子が卵巣から​​放出されて受精してしまった場合にも、子宮内に着床することができないように子宮内膜を変化させることで妊娠を防ぎます。

 

 

 

服用方法

1) 服用のタイミング

避妊を行わずに性行為を行った後できるだけ早く1錠を服用してください。

12時間以内に服用することが推奨され、できれば24時間以内に服用すると高い効果が得られます。

最長で72時間以内に服用してください。

 

2) 服用用量

  • 1回1錠です。
  • 服用して2時間以内に吐いてしまったら、医師にもう1錠服用するべきか相談してください。
  • 服用して2時間以上経過して吐いてしまっていると、体内に吸収されていますので問題はありません。

 

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 疲労
  • 風邪をひいたような症状
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 乳房の圧痛
  • 生理時の出血の増加
  • 予期せぬ膣出血など

 

2) その他の潜在的な副作用

  • オーピルは一般的に重篤な副作用がなく、ほぼすべての女性に安全に使用されることができるとされています。
  • オーピルを服用した後、次の生理の期間は通常より早くまたは遅くなることがあります。
  • オーピルを使用すると、次の生理の期間が最長で1週間ほど遅れることがあります。
  • オーピルを服用してから3〜4週間以内に生理が始まらない場合は、妊娠検査を受けてください。

 

 

 

使用上の注意

1) 以下の状況におられる方はオーピルの服用を避けてください。

  • 妊娠中または妊娠予定の方
  • クローン病や小腸の疾患が方
  • 肝臓の疾患がある方
  • 過去に子宮外妊娠を経験している方
  • 過去に卵管の炎症などを患った経験のある方

 

2)アレルギー体質の方

オーピルを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。オーピルには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

3)その他の注意点

  • 緊急避妊薬は主要な避妊方法としては用いられるべきではなく、他の避妊方法を何らかの理由で正しく行うことができなかったり、忘れてしまった時など、もしもの時ためにのみ使用されるべきお薬です。
  • 一般的にオーピルは1ヶ月に2回以上使用することができますが、日常的なの避妊薬として使用することはお勧めできません。
  • すでに妊娠している場合は効果がありません。
  • 肥満や体重超過の女性にはお薬の効果が通常よりも低くなると報告されています。
  • オーピルは、日本では未承認の経口妊娠中絶薬である「RU486」または「ミフェプリストン(mifepristone)」とは異なるお薬であり、用量と用法を守れば安全に服用していただけます。
  • 別の避妊方法を始めるまでは性行為を行わないでください。オーピルは、避妊効果を継続的にサポートするお薬ではありません。緊急避妊薬を服用した後、数日および数週間内に避妊を行わない性行為を行う場合、妊娠する危険性があります。

 

 

 

オーピルの併用禁忌薬と併用注意薬

  • 抗生物質
  • バルビツール酸系のお薬(鎮静薬、静脈麻酔薬、抗てんかん薬など)
  • てんかん治療薬
  • 結核治療薬
  • 特定のHIV治療薬
  • グリセオフルビン(真抗菌薬)
  • シクロスポリン
  • セントジョンズワート

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“オーピル (O pill)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です