医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ビリトラ


¥2,000 ~

勃起不全(ED)の治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。

最短15分で効果を実感できる即効性と食事の影響も受けにくい点で人気があります。

製造国: インド
出荷国: インド
出荷国: シンガポール

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
311 40mg 30錠
-
+
¥5,380179 円
spinner
310 40mg10錠
-
+
¥2,240224 円
spinner
2620mg 30錠
-
+
¥5,400180 円
spinner
2520mg10錠
-
+
¥2,000200 円
spinner

説明

主要有効成分:バルデナフィル塩酸塩水和物の働き

ビリトラは高品質で人気の高いレビトラのジェネリック医薬品です。安心して低価格のジェネリック医薬品を服用したいという方におすすめのED治療薬です。

ビリトラはインドのグジャラート州に拠点を置くセンチュリオン・ラボラトリーズ社が製造販売しています。

レビトラは有効成分バルデナフィル(Vardenafil)を配合し、世界で2番目に開発発売されたED治療薬(勃起不全治療薬)です。レビトラはドイツに本社のあるバイエル薬品株式会社が開発販売し、日本では2004年に認可され発売されるようになりました。

ED(勃起不全)とは、男性が勃起を得ることができない、または持続することができない症状をいいます。この症状は通常、陰茎に血液を運ぶ動脈が狭すぎるために起こります。

レビトラに含まれている有効成分バルデナフィルは陰茎への血流を増加させることができます。

レビトラはバイアグラと同様にPDE-5阻害薬と呼ばれる医薬品のクラスに属する治療薬であり、陰茎の筋肉をリラックスさせることで陰茎へ流入する血液の量を増加させ勃起を引き起こすサポートをします。また、勃起の状態を萎えさせてしまう酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで強く硬い勃起を維持することができるようにサポートします。

レビトラバイアグラに次いで2番目に販売されるようになったED治療薬ということもあり、あらゆる面でバイアグラの欠点を改良したED治療薬になります。

レビトラの特徴として挙げることができる点は、レビトラのロゴのマークにもあるように速効性があることです。マッチを擦るとすぐに点火するごとく、レビトラを服用すると空腹時においては15分ほどで効果を感じ始めることが出来ます。

 

バイアグラは食事の影響を受けやすく、食後に服用すると効果が半減してしまう欠点がありましたが、レビトラは食事の影響を受けにくく700カロリーまでの食事でしたら影響が少ないとされています。

レビトラの優れた特徴として挙げることができる点は、糖尿病高コレステロール症うつ病脂質異常症などを患っている男性に最も効果的なED治療薬だという点です。他の病気が原因でED(勃起不全)を患っている方は一度レビトラをお試しになることを推奨します。

レビトラはまた、早漏の症状にも最も効果的なED治療薬だとされています。

ビリトラを製造しているセンチュリオン・ラボラトリーズ社2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置く製薬会社です。アロパシー薬、ED治療薬、軟膏、抗菌薬、抗生物質、抗結核薬、心血管治療薬、漢方薬、精神病薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品など、幅広い医薬品を製造販売している製薬会社です。

センチュリオン・ラボラトリーズ社の提供する医薬品は業界標準に準拠し、高品質の成分を使用して製剤化されています。これらの医薬品は経験豊富な専門家チームが品質基準を維持しあらゆる段階で監視しながら、その有効性と最適品質を保持するために衛生的で気密な包装材料で製造されています。

センチュリオン・ラボラトリーズ社は、東アジア、中東、東南アジア、東ヨーロッパ、インド亜大陸など世界中に製品を輸出しています。

http://www.centurionlaboratories.com

1ヶ月の最大使用量

1日1錠を上限とし、1ヶ月最大で30錠までを目安にしてください。しかし、ビリトラを毎日服用し続けることは推奨されていません。

毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある方はシアリス(またはそのジェネリック医薬品)を1日1回5mg服用することが推奨されています。この用量は個人の反応に応じて1日1回2.5mgに減らすことができます。詳しくは医師に相談してください。

服用間隔は24時間であり、24以内に1錠以上服用しないようにしてください。

効果効能

ビリトラの有効成分であるバルデナフィルはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルと非常に類似した化学構造式を有しています。そのため、身体にもたらす作用も近似していますが、バルデナフィル水に溶けやすい性質を持っているために速効的に効果をもたらすことができます。

ビリトラPDE-5阻害薬というクラスに属する医薬品です。

性的刺激を受けると、男性の陰茎の海綿体には酸化窒素が放出され、一酸化窒素は酵素グアニル酸シクラーゼを活性化し、勃起を引き起こすサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)レベルの上昇をもたらします。 cGMPは海綿体の平滑筋を弛緩させ、陰茎への血液の流入を増やし勃起を引き起こします。

一方、ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)という成分は、海綿体に存在する酵素であり、勃起を引き起こす成分であるcGMPの分解を引き起こし、勃起の状態を萎えさせてしまいますPDE5ビリトラに含まれる有効成分の働きにより阻害される場合、陰茎の組織中のcGMPレベルは増加し勃起をより長く持続させることができます。動脈が弛緩すると血流が増加し、勃起の強さと持続時間が増加します。

PDE5阻害薬は陰茎の平滑筋細胞で酵素ホスホジエステラーゼ-5をブロックするため、性的刺激に対する身体の自然な反応を助けることができるのです。

服用方法

1) 服用のタイミング

性行為45分〜1時間ほど前ビリトラを1錠服用してください。即効性があり空腹時には15分ほどで効果を感じることができます。服用してから45分ほどで血液の中の有効成分の濃度が最高値に達します

ビリトラ空腹で服用すると最も効果的であり薬の効力が長く持続します。

ビリトラはバイアグラと比べると食事の影響を受けにくいのであっさりとした食事でしたら食後30分以降から服用することができます。

食後に服用する場合は2時間から3時間ほど時間を空けてビリトラを服用すると良いでしょう。

食前ビリトラを服用する場合には食事をする少なくとも30分以上前に服用することが推奨されています。一度ビリトラが体内に吸収されると食事をしても影響はあまりありません。

ビリトラはバイアグラに比べると食事の影響を受けにくいとされていますが、食事の中に含まれている油分が胃に残っていると有効成分が体内に吸収されにくくなります。

ビリトラを服用する日には、天ぷらや焼肉などの油分がたくさん含まれている食事をすることは避けた方が良いでしょう。

 

2) 服用用量

レビトラの処方が日本で認可されている用量は5mg、10mg、20mgになります。初めて服用する場合5mgから服用し始めることが推奨されています。

特に初めて服用する場合などは服用する用量に注意して、20mgの錠剤をピルカッターなどを利用して必ず半分4分の1に切ってから服用するようにしてください

3) 効果持続時間

10mgは4時間ほど

20mgは8時間ほど

副作用

1) 一般的な副作用

ビリトラ(レビトラ)を服用した男性のおよそ10人に1人は頭痛を感じるとされています。

  • 鼻づまり
  • 胃の不調
  • めまい
  • ほてり

ほとんどの場合、これらの副作用は数時間で消えます。

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 耳鳴り、または突然の難聴
  • 不整脈
  • 足首、手、または足の腫れ
  • 呼吸困難
  • 胸の痛み
  • 視覚異常
  •  

このような副作用を感じた場合はビリトラの使用を中止し、医療機関にすぐに診察に行ってください。

使用上の注意

1) 持病のある方

胸痛や心臓病に硝酸薬を使用している場合は、バルデナフィルを服用しないでください。硝酸薬には、ニトログリセリン、二硝酸イソソルビド、および一硝酸イソソルビド、硝酸アミルや亜硝酸塩が含まれます。

ビリトラを硝酸塩薬と服用すると、急激で深刻な血圧低下を引き起こす可能性があります。

ビリトラは18歳未満の男性には承認されていません。

以下のような症状を患っている場合はビリトラを服用せずに医師に相談してください。:

  • 心臓病
  • 心拍障害
  • 心臓発作
  • 脳卒中
  • うっ血性心不全
  • QT症候群
  • 高血圧または低血圧
  • 発作
  • 肝臓病
  • 腎臓病(または透析中の場合)
  • 鎌状赤血球貧血
  • 多発性骨髄腫
  • 白血病などの血液細胞障害
  • 血友病などの出血障害
  • 胃潰瘍
  • 聴覚障害
  • 視力障害
  • 視力喪失などの病歴
  • 色素性網膜炎(眼の遺伝的症状)などの眼の疾患
  • 陰茎の物理的変形疾患(ペイロニー病など)
  • 健康上の理由から性交をしてはならないと医師から言われた場合

 

ビリトラは、眼の視神経への血流を減少させ、突然の失明を引き起こす可能性があります。このようなケースは稀ではありますが、心臓病、糖尿病、高血圧、高コレステロール、または既存の眼の症状を抱えている少数の人々、および喫煙者または50歳以上の人にこのような症状が発生しています。

バルデナフィルが視力喪失の実際の原因であるかどうかは明らかではありません。

2)アレルギー体質の方

ビリトラを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。有効成分バルデナフィルにアレルギーがある場合、服用せずに薬剤師に相談してください。

3)ビリトラの併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

リオシグアトアデムパス)などの肺動脈性高血圧症を治療するために他の薬を服用している場合は、ビリトラを使用しないでください。

ビリトラ硝酸薬と一緒に使用すると血圧が著しく低下することがあります。血圧が著しく低下すると、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。

ビリトラを、狭心症の薬ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩などの特定の薬物と一緒に服用しないでください。

シルデナフィル(バイアグラタダラフィル(シアリスなどの他のED治療薬ビリトラを一緒に服用しないでください。

他に併用を避ける必要がある医薬品は以下のとおりになります。

  • クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどの抗生物質
  • イトラコナゾール、ケトコナゾールなどの抗真菌薬
  • アルフゾシン、ドキサゾシン、プラゾシン、シロドシン、テラゾシン、タムスロシンなどの高血圧治療薬または前立腺疾患治療薬
  • アミオダロン、ドロネダロン、プロカインアミド、キニジン、ソタロールなどの抗不整脈薬
  • アタザナビル、インジナビル、リトナビル、サキナビルなどのエイズ治療薬

4) グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がビリトラの有効成分であるバルデナフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、バルデナフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでビリトラを服用中でも食べることは可能です。

 

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。 子供やペットなどの手の届かない場所に保管してください。