医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

タスティリア


¥3,150 ~

タスティリアは、ODフィルムタイプシアリスのジェネリック医薬品です。

舌の上に置いて溶かして服用するため口腔内で速やかに溶け、どのようなシーンでも水なしで服用でき、携帯にも便利なことから今密かに人気を集めているお薬です。シアリスは24時間から36時間まで続く長い効果持続のため、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれ親しまれています。

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,
SKU 容量 数量 数量価格
2502 20mg 30錠
-
+
¥7,750 258 円
spinner
2503 20mg 20錠
-
+
¥5,950 297 円
spinner
2504 20mg10錠
-
+
¥3,150 315 円
spinner

説明

主要有効成分:タダラフィルの働き

タスティリアは、ODフィルムタイプシアリスのジェネリック医薬品です。

舌の上に置いて溶かして服用するため口腔内で速やかに溶け、どのようなシーンでも水なしで服用でき、携帯にも便利なことから今密かに人気を集めているED治療薬です。

タスティリアの服用方法は、タスティリアのシートを舌の上に置いて、数秒間溶かして服用します。より速効的な効果をもたらすために舌下に置いて溶かして服用することもできます。この際に、水と一緒に服用する必要はありませんが、飲みにくかったら水と一緒に服用することもできます。

シートタイプのODフィルムの薬剤は通常の錠剤タイプに比べてより速効性があり、飲みやすく、携帯性が良いことから多くの男性たちに支持されています。

タスティリアはまた、ED治療薬の効果をもたらしながら息を爽やかにするリフレッシュ効果も提供します。 1シートは財布やポケットに簡単に収まり、カバンの中に携帯する必要もありません。

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

シアリスは有効成分タダラフィルを含むED治療薬(勃起不全治療薬)であり、現在日本で発売されている3種類あるED治療薬の中で最も新しく開発されたED治療薬です。

シアリスは以前発売されたバイアグラとレビトラに続いて開発された医薬品ということもあり、それらに比較して最も副作用が少なく、食事の影響も受けにくく、長い効果持続時間を有するED治療薬のために、2013年8月にはED治療薬の世界シェアが42%に到達し、世界市場で一番のシェアを達成するようになりました。シアリスは24時間から36時間まで続く長い効果持続のため、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれ親しまれています。

シアリスは医薬品会社のイーライリリーから開発製造され、2003年11月にアメリカの米国食品医薬品局(FDA)からの承認を得ました。日本では2007年7月に厚生労働省より承認を受けることになりました。

シアリスは必要に応じて服用するオンデマンドの薬としての使用が推奨されていますが、1日1回少量の用量を服用することでいつでも好きな時に性行為を楽しむことができるように開発されたシアリス・デイリー(5mg、2.5mg)も販売されています。

シアリスは男性のED(勃起不全)を治療するために使用されます。男性が性的刺激を受けると、有効成分タダラフィルは陰茎の筋肉を弛緩させ血流を増加させることによって勃起を起こすことを助けます。シアリスPDE5(5ホスホジエステラーゼ)阻害薬というクラスに分類される医薬品であり、勃起の状態を萎えさせる時に放出される酵素であるPDE5(5ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起を維持することができるようにサポートします。

 

タダラフィルはまた、良性前立腺肥大症(BPH)の症状を治療するためにも使用されます。良性前立腺肥大症は、排尿開始時の困難、排尿時の弱い流れ、頻尿、緊急な排尿の必要性などの症状があり、タダラフィルはこれらの症状を和らげるために役立ちます。タダラフィルは、前立腺および膀胱の平滑筋を弛緩させることができるために効果的な作用をもたらすと考えられています。

タダラフィルアドシルカ(Adcircaという医薬品名で、肺動脈性高血圧症の治療にも使用されています。

 

タスティリアを製造しているヒーリング・ファーマ(Healing Pharma)社は、インドのムンバイに拠点を置き、錠剤、カプセル、液状薬剤、粉末薬剤、軟膏、注射剤を製造するジェネリック医薬品の製薬会社です。

ヒーリング・ファーマ社のビジョンは、新薬と同等の効果、有効性、安全性を維持する研究開発を通じた高品質のジェネリック医薬品を多部門に渡って製造し、最も手頃な価格で提供することです。ヒーリング・ファーマ社は抗生物質抗真菌剤抗ウイルス薬片頭痛治療薬、血圧治療薬、皮膚炎治療薬、神経系治療薬、痛み止め剤、精神病治療薬、婦人科系薬剤などの医薬品のほか、脱毛剤、口腔ケア剤や健康サプリメントなど多部門に渡る薬を製造販売しています。

https://www.healingpharma.in

 

1ヶ月の最大使用量

1日1シートを上限とし、1ヶ月最大で30シートまでを目安にしてください。しかし、タスティリアを毎日服用し続けることは推奨されていません。

毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある方はシアリス(またはそのジェネリック医薬品)を1日1回5mg服用することが推奨されています。この用量は個人の反応に応じて1日1回2.5mgに減らすことができます。詳しくは医師に相談してください。服用間隔は24時間であり、24時間以内に1シート以上服用しないようにしてください。

 

効果効能

タスティリア(シアリス)はPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬という医薬品のクラスに属する医薬品です。

他の2種類のED治療薬であるバイアグラとレビトラもシアリスと同様にPDE-5阻害薬になります。

ペニスの勃起は、陰茎に血流をもたらす血管が広がり、血液供給が増加して陰茎が血液で満たされた時に起こります。同時に、陰茎から血液を取り除く血管である静脈が収縮することで血液が陰茎に蓄積し、勃起を引き起こされます。

男性が性的に刺激を受けると一酸化窒素が陰茎に放出され、一酸化窒素は、陰茎との間で血液を運ぶ血管の拡張および収縮を制御するcGMP(環状グアノシンーリン酸)の産生を可能にします。

EDの症状を患っている男性は何らかの理由により、勃起を萎えさせる体内で生成される酵素であるPDE-5が性行為の途中で放出されてしまうことで満足した性行為を行った後まで勃起を維持することができません。

PDE-5cGMPを破壊するので、PDE-5阻害薬はPDE-5の作用を阻害することにより、より高いレベルのcGMPを維持し、満足のいく勃起を維持することをサポートします。

他の2種類のED治療薬であるバイアグラとレビトラの化学構造式が類似しているのに対し、シアリスの化学構造式はユニークな構造をしています。このため、バイアグラとレビトラで副作用がでてしまったりしたという方は、シアリスをお試しになることが推奨されています。シアリスを服用するとまた異なった効果を感じることが出来ます。

有効成分タダラフィルは水に溶けにくい性質を持っているために、有効成分が徐々に体内に吸収され効果がじっくりと表れます。この遅効性の性質から副作用もでにくく、効果持続時間も長いとされています。

 

服用方法

1) 服用のタイミング

性行為の1時間ほど前タスティリアを1シート服用してください。口の中で溶かし、必ず全て溶かすか飲み込むようにしてください。水なしでも服用できますし、水と一緒に飲み込むこともできます。

タスティリアは30分〜60分程で有効成分が体内に吸収されますが、実際に効果を身体で感じるできる時間は1時間〜4時間ほどと個人差が大きいとされています。そのため、タスティリアを服用する際には余裕を持って性行為の時間の数時間前に服用することが奨められています

必要に応じてタスティリアを服用することができますが、24時間に1シートよりも多く服用すべきではありません。

タスティリアは食事の影響を受けにくいED治療薬です。800カロリー以内の食事でしたら食後に服用しても効果を十分に感じることができるとされています。しかし、油分の多い食事、高カロリーの食事をした後の服用は避けてください

タスティリアは食事の影響を受けにくいですが、最も効果を感じることができる服用のタイミングはやはり空腹時になります。タスティリアの有効成分が一旦体内に吸収されて食事をしたら食事の影響がほとんどありませんので、食事を伴う場合は食前の2時間ほど前タスティリアを服用してください。

2) 服用用量

シアリス(タダラフィル)が日本で認可を受けている用量は5mg、10mg、20mgになります。

タスティリアは水に溶けやすいために服用直前に袋から取り出し、袋を開封する際には乾いた手で開封するようにしてください。

タスティリアを初めて服用する際には少量である5mg或いは10mgから服用し始めることが推奨されています。

タスティリアを初めて服用する際には半分或いは4分の1にちぎってから服用されることを推奨します。

投薬量は、個人それぞれの反応に応じて調整することができますが、最大用量は単回投与量として20mgです。

タスティリアは24時間に1シートの服用用量を守るべきですが、10mg〜20mgの用量を1日に1回服用し続けることは推奨されません。薬剤の一部が少なくとも24時間システム内に残っているためです。

毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある方は1日1回シアリス(またはそのジェネリック医薬品)の5mgを服用することができ、この用量は個人の反応に応じて1日1回2.5mgに減らすことができます。

勃起不全のためのタダラフィルは、18歳以上の成人のみが使用することができます。

 

3) 効果持続時間

10mg(半分)で24時間ほど

20mg(1シート)で36時間ほど

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 頭痛
  • 胃の不調
  • 背中の痛み
  • 筋肉痛
  • 鼻づまり
  • ほてり
  • めまい

これらの症状のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

2) その他の潜在的な副作用

性行為中に次の症状が現れると重篤な合併症の兆候となる可能性があるので、直ちに医療機関の助けを求めてください:

  • めまい
  • 吐き気
  • 顎、腕、胸、または首のしびれ、うずき、痛み、
  • 勃起が4時間以上続く持続勃起症

まれに、タスティリアは眼の視神経への血流を弱め、突然の視力低下を引き起こすことがあります。このような症状は、高血圧、糖尿病、高コレステロール症、既存の眼の問題、または心臓病を有する患者においてより起こりやすいとされています。以上のような症状を患っている方はタスティリアを服用する前に医師に相談してください。

 

使用上の注意

1) 持病のある方

心臓病を患っている人は、タスティリアを使用する前に医師の診察を受けてください。

  • 心拍障害
  • 狭心症
  • 心臓病
  • 高血圧または低血圧
  • 過去6ヶ月以内のうっ血性心不全または脳卒中
  • 過去3ヶ月以内の心筋梗塞
  • 鎌状赤血球貧血
  • 多発性骨髄腫
  • 血友病
  • 白血病または他の血液疾患
  • 肝臓疾患
  • 腎臓疾患
  • 胃潰瘍
  • 色素性網膜炎
  • 陰茎の変形症(ペイロニー病)
  • 医師から性行為をしないように指示されている健康状態にいる場合

 

2)アレルギー体質の方

タスティリアを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。有効成分タダラフィルにアレルギーがある場合、服用せずに薬剤師に相談してください。

3)タスティリアの併用禁忌薬と併用注意薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。

この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

 

・硝酸薬:タスティリア硝酸薬と一緒に使用すると血圧が著しく低下することがあります。血圧が著しく低下すると、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。タスティリアを、狭心症の薬ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩などの特定の薬物と一緒に服用しないでください。

心臓の問題や胸痛のために硝酸薬の処方を受けている男性は、タダラフィルを服用すべきではありません。

 

肺高血圧症治療薬:リオシグアト(アデムパス)

 

・アルファ遮断薬:タスティリアは、前立腺肥大症治療のためのアルファ遮断薬との併用は推奨されていません

 

・CYP3A4阻害剤:ケトコナゾールまたはリトナビルなどのCYP3A4阻害剤を服用している患者の場合、タスティリアの最大推奨用量は10mgで、72時間ごとに1錠を超えないようにしてください

 

他に併用を避ける必要がある医薬品は以下のとおりになります。

  • クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどのマクロライド抗生物質
  • リトナビル、サキナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤
  • ブセプレビル、テラプレビルなどのC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤
  • ミフェプリストン
  • シルデナフィルまたはその他のED治療薬肺高血圧症治療薬(タダラフィル、バルデナフィルなど)

 

4) グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がタスティリアの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでタスティリアを服用中でも食べることは可能です。

バイアグラとレビトラを服用する時もグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べることは避ける必要があります。

レビュー

レビューはまだありません。

“タスティリア” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です