医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ロニタブ


¥4,820

ロニタブは有効成分ミノキシジルを含む医薬品で、ファイザー製薬から製造販売されている「ロニテン (LONITEN)」のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルの経口投薬錠は、もともと高血圧を治療するためにアメリカなどで使用されている医薬品ですが、高血圧治療中の患者から、ミノキシジルの副作用により、体毛成長の増加と促進が引き起こされたことから、AGA と呼ばれる「男性型脱毛症」治療のためにも使用されるようになりました。その高い発毛効果から近年話題となっている医薬品です。

 

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:
SKU 容量 数量 数量価格
2506 10mg30錠
-
+
¥4,820 161 円
spinner

説明

主要有効成分:ミノキシジル

ロニタブは有効成分ミノキシジルを含む医薬品で、ファイザー製薬から製造販売されている「ロニテン (LONITEN)」のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルの経口投薬錠は、もともと高血圧を治療するためにアメリカなどで使用されている医薬品ですが、高血圧治療中の患者から、ミノキシジルの副作用により、体毛成長の増加と促進が引き起こされたことから、AGA と呼ばれる「男性型脱毛症」治療のためにも使用されるようになりました。その高い発毛効果から近年話題となっている医薬品です。

頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤としてのミノキシジルは日本では大正製薬から製造販売されている「リアップ」と、海外では「リゲイン(Regaine)」としてよく知られています。

経口ミノキシジル・タブレットは、他の治療法に効果を得られなかった重症高血圧患者に頻繁に利尿薬やベータブロッカーと併用し服用すると、血圧を低下させる効果をもたらす医薬品です。

経口投薬錠としてのミノキシジルは、副作用が懸念され日本の厚生労働省からの承認は受けていませんが、高い発毛効果のため、AGAクリニックなどでは高額で処方されています。

AGA治療のためにミノキシジルを服用することへの人気が高まっている理由は、なんと言っても高い発毛効果にあります。日本でも承認されているプロペシア(有効成分フィナステリド)や、ザガーロ(有効成分デュタステリド)脱毛抑制薬なのに対し、ミノキシジルは発毛効果が実際に確認されている成分ですので、脱毛を食い止めるだけではなく、毛髪の発毛と育毛を促進させる効果をもたらすことができます。そのため、プロペシアあるいはザガーロとミノキシジルを併用してAGAを治療する治療方法もAGAクリニックなどでは推奨されています。

気になるミノキシジルの副作用ですが、めまい、低血圧、体液貯留による体重増加、高い心拍数、心臓リズムの問​​題など症状がでることがあります。全身の毛が濃くなったり、育毛が起きるなどの現象も起こることがあります。

海外のヘア・クリニックでは、通常の有効成分ミノキシジルの用量である5mgよりも低用量で経口のミノキシジルを服用する方法が、より安全であり依然として高い効果を得ることができるとして、しばしば推奨されています。副作用が気になるという方は、ピルカッターなどを利用して、錠剤を半分または4分の1に切ってから服用する方法を医師に相談してみても良いでしょう。その場合は、自らの判断で用量を減らしたり、増やしたりすることは避け、医師の指示のもとで服用するようにしてください。

 

効果効能

有効成分ミノキシジルは、末梢血管拡張薬と呼ばれる医薬品のグループに属するお薬です。

ロニタブ(有効成分ミノキシジル)の高血圧治療への効果は、血液がより簡単に通過するように身体の血管を弛緩させることによって作用します。これは、血流に対する抵抗を下げ、したがって血圧を下げるサポートをします。

ロニタブ(有効成分ミノキシジル)のAGA治療への効果は、細胞外シグナル抑制キナーゼ(ERK)およびAktの両方を活性化させることによって細胞死を防止し、人の有毛細胞の生存力を促進させると考えられています。有効成分ミノキシジルは、DPC(診断群分類)に対するこれらの増殖性および抗アポトーシス性作用を介して、成長因子を延長させることによって、毛髪の成長を刺激することができます。ミノキシジルは、血管拡張剤として使用される場合、血管平滑筋細胞においてアデノシン三リン酸感受性カリウムチャネルを開くことによって作用をもたらします。この血管拡張はまた、有毛細胞または毛嚢の生存能力を改善し得るとされています。

ミノキシジルを服用することで、髪が長く成長し、新しい髪がより早く成長する効果を期待することができます。

 

 

服用方法

1) 脱毛のための通常の成人の投薬量:

通常の投与量は1日1回5mgを服用します。副作用が気になる方は、1日に0.25mgから2.5mgまでの範囲の低用量で服用する方法があります。

5mgの錠剤をピルカッターなどを利用して半分あるいは4分の1に切ってから服用することもできます。この場合は、医師に相談して指示に従い服用し、ご自身の判断で用量を減らしたり増やしたりすることは避けてください。

 

2) 高血圧のための通常の成人用量:

初回投与量は1日1回を5mg服用する方法から始めます。

効果が見られなかったら、1日1〜2回に分けて10mg、20mg、そして40mgまで増やしていきます。

高血圧治療のための服用用量と回数に関しては必ず医師に相談して指示に従い服用するようにしてください。

 

3) その他の服用方法

ロニタブは食後食前にかかわらずお好みの時間に服用できます。毎日同じ時間にお薬を服用すれば、最良の結果が得られます。

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

ロニタブ(ミノキシジル)の一般的な副作用は次のとおりです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 顔や体の髪の変化(特に顔や上半身の毛が濃くなることがあります)

これらの副作用が重篤な場合や、時間が経っても改善されない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 

2) 稀に出る副作用(1%〜10%) 

重篤な副作用がでた場合は、すぐに医師に相談してください。

  • 心拍数の増加
  • およそ2キロ以上の急速な体重の増加
  • 呼吸困難(特に横になった時)
  • 胸や腕、肩の新たな痛みや既存の痛みの悪化
  • 重度の消化不良
  • 目まい、気を失いそうになる

 

3) アレルギー反応

ミノキシジルは重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。症状としては、以下の症状などがあります。

  • 呼吸困難
  • 喉や舌の腫れ

アレルギー反応があらわれた場合には直ぐに医師に相談してください。

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

ミノキシジル経口錠剤は、他の薬物、ビタミン、またはハーブと相互作用を起こすことがあります。相互作用とは、お薬に含まれているある物質が、他の薬物の働きを変えることです。これは有害であり、薬剤がうまく機能しないことがあります。

相互作用を避けるために、医師に服用しているすべての薬、ビタミン、またはハーブについて伝えてください。

  • アルブテロール
  • アロプリノール
  • アテノロール
  • 炭酸カルシウム
  • クロニジン
  • クロピドグレル
  • グアネチジン
  • カルベジロール
  • フィナステリド
  • フロセミド
  • ヒドララジン
  • フロセミド
  • レボチロキシン
  • メトホルミン
  • メトクロプラミド
  • ニフェレックス
  • ノルバスク(アムロジピン)
  • ペリンドプリル
  • スピロノラクトン
  • テノーミン(アテノロール)

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

 

注意点 

・妊婦の場合:ミノキシジルはカテゴリーCの妊娠中の薬です。これは2つのことを意味します:

動物の研究では、母親が薬物を服用したときに胎児に悪影響を及ぼしています。

その薬物が胎児にどのように影響を与えるかを確かめるために十分な研究はなされていません。

妊娠しているか、妊娠予定の場合は、医師に相談してください。この薬を服用することへの潜在的な利益が、妊娠の潜在的なリスクを正当化する場合にのみ使用すべきです。

 

授乳中の女性の場合:ミノキシジルは母乳に流入し、授乳中の子供に重大な悪影響を及ぼすことがあります。授乳中の場合は医師に相談してください。母乳育児を中止するか、ミノキシジルの服用を止めるかの決定をしなければなりません。

レビュー

レビューはまだありません。

“ロニタブ” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です