医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

デュタス (Dutas)


¥3,350

デュタス (Dutas)は男性のAGA(アンドロゲン性脱毛症)前立肥大症を治療することができる有効成分デュタステリドを含んだ治療薬です。

海外では「アボダート」として、日本では「ザガーロ」という商品名でイギリスのグラクソ・スミスクライン社(gsk)より発売されている新薬のジェネリック医薬品です。「ザガーロ」は「プロペシア」に次いで日本で2番目に承認されたAGA治療薬であり、「プロペシア1mg」よりザガーロ0.5mg」がおよそ1.6倍の発毛効果をもたらすということで話題となっているAGA治療薬です。ザガーロ」は臨床試験において脱毛遅延効果のみならず、発毛や増毛効果が実際に確認されている医薬品です。

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
25070.5mg30錠
-
+
¥3,350112 円
spinner

説明

主要有効成分:デュタステリドの働き

デュタス (Dutas)は男性のAGA(アンドロゲン性脱毛症)前立肥大症を治療することができる有効成分デュタステリドを含んだ治療薬です。海外では「アボダート」として、日本では「ザガーロ」という商品名でイギリスの グラクソ・スミスクライン社(gsk)より発売されている新薬ジェネリック医薬品です。「ザガーロ」は「プロペシア」に次いで日本で2番目に承認されたAGA治療薬であり、「プロペシア1mg」よりザガーロ0.5mg」がおよそ1.6倍の発毛効果をもたらすということで話題となっているAGA治療薬です。ザガーロ」は臨床試験において脱毛遅延効果のみならず、発毛や増毛効果が実際に確認されている医薬品です。

デュタステリドはいくつかの研究によると、男性の毛髪の成長を、2.5mg のフィナステリドを毎日服用するよりも迅速かつより大きく改善することができると確認されています。(フィナステリドの通常の投与用量は1日1mgになります。)AGA治療におけるフィナステリドに対するデュタステリドの優れた有効性は、デュタステリドがより多くの種類の5α-レダクターゼを阻害することができることに要因があります。

両方の薬が5α-レダクターゼの阻害薬ではあるのですが、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります

プロペシアの有効成分フィナステリドは主に5αリダクターゼⅡ型を阻害し、5αリダクターゼⅡ型前頭部・頭頂部の薄毛と脱毛を遅延させることに効果的だとされています。

デュタス(ザガーロ)の有効成分であるデュタステリド5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類両方阻害することができるために、より高い効果を期待することができるとされています。また、AGAの原因が5αリダクターゼⅠ型にある男性は、フィナステリドでは効果を示さないので、フィナステリドが効かなかった男性にもAGA治療の効果をもたらすことができる治療薬です。

有効成分デュタステリドは男性ホルモンの働きを抑え肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促し、頻尿及び残尿感などの症状を改善するお薬でもあります。

海外では、有効成分デュタステリドは「アボダート」という商品名で主に前立肥大症の治療薬としてイギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社(gsk)より2001年から販売されています。

日本では、有効成分デュタステリド前立腺肥大症薬として「アボルブ」2009年日本の厚生労働省より承認され処方されるようになりました。

続いて、同じ有効成分デュタステリドを含んだ薬が名称を変えて2015「ザガート」という商品名でAGA治療用に日本の厚生労働省より承認され処方されるようになりました。

デュタスを製造販売しているDr. Reddy’s は、インド中南部のテランガーナ州にあるハイデラバードに拠点を置くインドの多国籍製薬会社です。Dr. Reddy’s は、インドおよび海外で医薬品、診断キット、救命救急医療用品、バイオテクノロジー製品など、190以上の医薬品、60種類の医薬品原料(API)など、幅広い医薬品を製造、販売しています。Dr. Reddy’s の製造工場は米国食品医薬品局(FDA)によって承認されている高水準を保っています。

日本のエーザイ株式会社は2016年にDr. Reddy’s に開発中の抗がん剤の日本とアジアを除く全世界における、独占的な開発および販売権を譲渡しました。

 

効果効能

デュタスの有効成分であるデュタステリドは、男性ホルモンであるテストステロンジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素をブロックし、DHT濃度の急激な低下を引き起こします。DHTは、主に前立腺の初期発達およびその後の拡大に関与する他、男性のAGA(アンドロゲン性脱毛症)も引き起こす男性ホルモンの一種です。

テストステロンは、2種類のアイソフォームである1型および2型として存在する酵素、5α-レダクターゼによってDHTに変換されます。2型のアイソザイムは生殖組織において主に活性であり、1型のアイソザイムは皮膚および肝臓において主に活性であるとされています。

デュタステリドは、1および2の5α-レダクターゼアイソザイムの両方を阻害することができるために、より強力に脱毛遅延効果発毛・増毛効果をもたらすことができます。

 

服用方法

1) 服用のタイミング

デュタスを毎日1回、1錠を服用してください。

食事の影響は気にせずにいつでも服用することができます。

お酒を飲んだ後の服用は避けてください。

服用する際に噛み砕いたり舐めたりしないで水と一緒に飲み込んでください。

デュタス錠を切ったり粉砕したりしないでください。

特に妊婦が触れると有効成分が体内に入り、男性胎児の性器の発育に悪影響を及ぼすリスクがあります。

 

2) 服用用量

日本で処方されている新薬「ザガーロ」(有効成分デュタステリド)の用量は0.1mg、或いは0.5mgになります。

通常日本の医療機関では少用量である0.1mgから服用し薬の効用と副作用の出方などの身体の反応を確かめ、その後、用量を0.5mgまで増やしていきます。

デュタスを服用する際には医師に相談しながら指示に従い服用するようにしてください。

 

3) 効果持続時間

デュタスを最も効果的に服用するために、薬を定期的に服用してください。毎日同じ時間にデュタスを服用することを忘れないでください。

デュタスの効果に気づくまでには3ヶ月以上かかることがあります。

デュタスの服用を止めると、一般的に12ヶ月以内に毛量の増加が失われるとされています。

状態が悪化したり、副作用が出た場合は、直ちに医師に相談してください。

飲み忘れてしまったら、気づいた時点で服用してください。飲み忘れた分の薬を一度に2錠服用することは避けてください。

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 胸の痛みや不快感
  • 拡張頸静脈
  • 極度の疲労
  • 不規則な呼吸
  • 不整脈
  • 息切れ
  • 顔、指、足、下肢の腫れ
  • 体重の増加
  • 喘息

 

2)稀な副作用(1%〜10%)

  • 勃起不全
  • 性欲の減少
  • 射精障害
  • 乳房障害
  • 精巣の痛みと腫れ
  • 乳房腫脹
  • 乳房の圧痛

 

デュタステリドの副作用として不妊症、性欲減退、射精障害、オーガズム障害、早漏などは治療中止後も持続する可能性があります。この持続性におけるデュタステリドの役割はまだ不明です。

これらの副作用に気づいたら、すぐに医師に相談してください。

それぞれの医薬品が身体にどのような効果や副作用をもたらすかは人それぞれ異なるため、この情報にはすべての副作用が含まれるとは保証できません。

この情報は、医学的アドバイスの代替物ではないので、ご自身の病歴を知っている医師に、常に副作用の可能性について話し合ってください。

男性性機能への副作用は稀ではありますが、デュタスの服用を中止しても副作用が治まらないという例も報告されていますので、服用に際しては医師に相談してから慎重に判断してください。

デュタスを服用してアレルギー反応が重圧に出ることが稀にあります。

アレルギー体質の方は、デュタスを服用する前にかならず医師に相談してください。

 

デュタスの注意点と警告

1) デュタスは他の薬物と一緒に併用すると相互作用をもたらす可能性があります。

他の医薬品やサプリメントなどとの相互作用を防ぐために、ご自身が服用しているすべての薬、ビタミン、またはハーブ薬品に関して医師に伝えるようにしてください。

デュタスと相互作用をもたらす可能性のある薬

  • アロプリノール
  • アムロジピン
  • アスピリン
  • アスピリン
  • シアリス(タダラフィル)
  • クレストール(ロスバスタチン)
  • フィナステリド
  • 魚油(オメガ3)
  • Flomax(タムスロシン)
  • フロセミド
  • ガバペンチン
  • グレープフルーツ(果物)
  • ヒドロクロロチアジド
  • リピトール(アトルバスタチン)
  • リシノプリル
  • メトホルミン
  • メトプロロール
  • ネキシウム(エソメプラゾール)
  • オメプラゾール
  • プラビックス(クロピドグレル)

 

2) 前立腺癌

デュタステリドは、前立腺癌リスクを高める可能性があります。

 

3) 特定の健康状態の人々のための警告

肝疾患の患者:デュタスは肝臓で代謝されます。肝臓病を有する場合、体がこの薬をよりゆっくりと処理するので、体内に有効成分の蓄積をもたらし、副作用のリスクを高める可能性があります。肝臓病を有する場合は服用を避けるか、必ず医師に相談してから服用するようにしてください。

・妊娠中の女性:デュタスは妊娠カテゴリーXの薬剤です。カテゴリーXの薬剤は妊娠中には使用しないでください。

・授乳中の女性:デュタスは、授乳をしている育児の女性には使用しないでください。

・小児:子供への使用へはデュタスの安全性と有効性は確立されていません。この薬は小児用に処方されていません。

 

4) その他の警告

妊娠予定あるいは妊娠中の女性

女性が男性の赤ちゃんを妊娠していて、誤ってデュタステリドを飲み込んだり触れたりして、デュタステリド体内に入り込んだ場合、男性の胎児の発達に欠陥をもたらす可能性があります。女性パートナーが妊娠した場合、または妊娠する予定があり、皮膚がデュタステリドのカプセルから漏れ出した内容物に接触した場合、直ちに石鹸と水で接触部位を洗い流してください。

献血

妊娠中の女性に血液が輸血される可能性がありますので、デュタステリドを服用中と、服用を止めてから少なくとも6ヶ月間は献血しないでください。

 

保管方法

デュタスは、15°C〜30°Cの室温で保管してください。

光や高温からは遠ざけてください。

この薬を浴室などの湿った場所や湿った場所に保管しないでください。

レビュー

レビューはまだありません。

“デュタス (Dutas)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です