医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

フィンレスト1


¥1,350

フィンレスト1飲む育毛剤」とも呼ばれているプロペシアジェネリック医薬品です。

プロペシア有効成分フィナステリドを配合した、男性の脱毛症であるAGA(アンドロゲン性脱毛症)を治療するために開発された医薬品です。

プロペシアを服用する薬物療法は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの量を減らすことによって育毛効果をもたらします。 DHTの量を減少させると、毛の再成長が増加し、脱毛を防止することが出来ます。服用し続けることで毛髪が増え、髪の長さ、太さなどの質も改善する効果が認められています。

身体の中から作用し育毛を促進することができるため、頭皮に直接塗布する液状タイプの育毛剤に比べ、頭皮全体に効果が期待できます。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:
SKU 容量 数量 数量価格
291mg30
-
+
¥1,35045 円
spinner

説明

主要有効成分:フィナステリドの働き

フィンレスト1飲む育毛剤」とも呼ばれているプロペシアのジェネリック医薬品です。

プロペシア有効成分フィナステリドを配合した、男性の脱毛症であるAGA(アンドロゲン性脱毛症)を治療するために開発された医薬品です。

 

プロペシアは、AGA(アンドロゲン性脱毛症)のために1日1回の1錠を長期間にかけて服用し続けるタイプの経口タイプの治療薬です。男性型の脱毛症は、ヘアラインが徐々に後退し、髪の毛がこめかみと頭頂部で薄くなる症状をいいます。AGAの原因は主に遺伝性とされており、50歳以上の男性のおよそ50%近くに影響を及ぼすとされています。

プロペシアを服用する薬物療法は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの量を減らすことによって育毛効果をもたらします。 DHTの量を減少させると、毛の再成長が増加し、脱毛を防止することが出来ます。服用し続けることで毛髪が増え、髪の長さ、太さなどの質も改善する効果が認められています。

身体の中から作用し育毛を促進することができるため、頭皮に直接塗布する液状タイプの育毛剤に比べ、頭皮全体に効果が期待できます。

フィナステリドは主に頭部の特に前頭部・頭頂部の育毛を促進させますが、身体の他の部分の毛の成長には影響を与えないとされています。

有効成分フィナステリドの効果は、偶然医師により発見されました。元々プロスカール(5mg)という医薬品名で良性前立腺肥大症(BPH)を治療するために欧米などで処方されていた薬でしたが、発毛効果があることがわかりAGA治療薬として新たに開発されるようになりました研究者たちフィナステリドの用量を1mgに減らすことにより、男性型脱毛症を治療する方法を見出しました。

プロペシアはアメリカの製薬会社メルク製薬より開発販売され、日本では2005年に厚生労働省より認可され処方されるようになりました。処方を受ける場合は保険適応外となる医薬品になります。

プロペシアはアメリカの南西部を中心に生息しているノコギリヤシ(ノコギリパルメット)が主原料になります。

 

フィンレスト1を製造販売しているジョン・リー製薬はインドのマハラシュトラ州のムンバイに拠点を置き2011年に設立されて以来、急成長を遂げている製薬会社です。ジョン・リー製薬は、経験豊かで有能な化学者の厳格な監督の元で、常に製剤と製品において最高の品質を維持することに専念しています。

ジョン・リー製薬は抗菌薬、抗糖尿病薬、鎮痛薬、喘息治療薬、制酸薬、抗マラリア薬、心血管治療薬、美容薬品、胃腸薬、スキンケア薬品、精神病治療薬、神経系治療薬、栄養補助食品など広範な分野の薬を製造販売しています。

 

効果効能

フィンレスト1の有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素をブロックし、DHT濃度の急激な低下を引き起こしますフィンレスト1を服用してから24時間以内に、DHTの濃度は65%低下するとされています。

フィンレスト1は、DHTによって刺激された症状を治療するために使用される5α-レダクターゼ阻害剤と呼ばれるグループの薬剤に属します。

DHTの減少は、前立腺がより大きく成長するのを防ぐために役立ちます。また、髪の成長が増し、頭髪の脱毛が減ります。身体の他の部分の毛の成長は影響を与えません。

 

服用方法

1) 服用のタイミング

フィンレスト1を毎日1回、1錠を服用してください。

食事の影響は気にせずにいつでも服用することができます。お酒を飲んだ後の服用は避けてください。

服用する際に噛み砕いたり舐めたりしないで水と一緒に飲み込んでください。

フィンレスト1錠を切ったり粉砕したりしないでください。

特に妊婦が触れると有効成分が体内に入り、男性胎児の性器の発育に悪影響を及ぼすリスクがあります。

2) 服用用量

プロペシアの用量は0.2mg、或いは1mgになります。

フィンレスト1の用量は1mgですので、服用する際は必ず医師に相談して服用を始めるようにしてください。

通常日本の医療機関ではプロペシアを初めて処方する際、少用量である0.2mgを最低1ヶ月ほど服用することで薬の効用と副作用の出方などの身体の反応を確かめます。その後、用量を1mgまで増やしていきます。

3) 効果持続時間

フィンレスト1を最も効果的に服用するために、薬を定期的に服用してください。毎日同じ時間にフィンレスト1を服用することを忘れないでください。

フィンレスト1の効果に気づくまでには3ヶ月以上かかることがあります。

フィンレスト1の服用を止めると、一般的に12ヶ月以内に毛量の増加が失われるとされています。

状態が悪化したり、副作用が出た場合は、直ちに医師に相談してください。

飲み忘れてしまったら、気づいた時点で服用してください。飲み忘れた分の薬を一度に2錠服用することは避けてください。

 

副作用

1) 一般的な副作用

最も頻繁に報告されるフィンレスト1(プロペシア)への副作用は、男性の性機能に影響を及ぼすことです。フィンレスト1(プロペシア)の使用と性的副作用の間に明確な因果関係は確立されていませんが、有効成分フィナステリドは身体の男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHTレベルを抑えるので、性欲減少勃起不全の症状が発生するリスクがあります。これらの症状は、服用を中止すると数日から数週間の間に回復されるとされていますが、ごく一部の少数の男性からは服用を中止してからも症状が改善しないと報告されています。

服用に際しては医師に相談し、慎重に判断するようにしてください。

フィンレスト1(プロペシア)に関連する最も一般的な副作用は次のとおりです。

  • 性欲の減少
  • 勃起不全
  • 射精障害
  • オーガズム障害

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 発疹
  • かゆみ
  • 蕁麻疹
  • 唇や顔の腫脹などのアレルギー反応
  • 胸の拡大
  • うつ病
  • 精巣痛
  • 男性の不妊症
  • 精液の質の悪化
  • 男性乳がん

 

使用上の注意

1) 女性と子供はこの薬を服用すべきではありません。

2) フィナステリドは前立腺癌発症するリスクをわずかに増加させる可能性があります。55歳以上の男性が服用すると前立腺癌が発症するリスクが高くなりやすいとされています。

薬を服用する利点とリスクについて医師に相談してください。

3) 妊娠中の女性は男性胎児への悪影響を与えるリスクがあるためにフィンレスト1の錠剤を粉砕したり壊したり、触れないでください。

妊娠している可能性がある女性、または授乳している女性が、粉砕されたまたは壊れたフィンレスト1錠を触っただけでも皮膚経由で身体に入り、男性の胎児の外性器に異常を引き起こす可能性があります。

4)アレルギー体質の方

フィンレスト1を服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。フィンレスト1には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

5)フィンレスト1の併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。

フィンレスト1と相互作用をもたらす薬を避けるために、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師に伝えるようにしてください。

  • アスピリン
  • シアリス(タダラフィル)
  • クレストール(ロスバスタチン)
  • 魚油(オメガ3)
  • Flomax(タムスロシン)
  • リピトール(アトルバスタチン)
  • コハク酸メトプロロール(メトプロロール)
  • メトプロロール酒石酸塩(メトプロロール)
  • ミノキシジル
  • プラビックス(クロピドグレル)
  • プロペシア(フィナステリド)
  • ロゲイン(ミノキシジル局所薬)
  • ノコギリヤシ
  • タムスロシン
  • テストステロン
  • バイアグラ(シルデナフィル)
  • ビタミンB12(シアノコバラミン)
  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ビタミンD3(コレカルシフェロール)

6) 肝臓疾患を患っている方

肝臓疾患を患っている男性はフィンレスト1を服用することを避けてください。フィンレスト1は肝臓で代謝されます。

肝機能に疾患のある方は、代謝がスムーズに行われにくいために副作用が強く出過ぎる恐れがあります。

 

保管方法

フィンレスト1は、15°C〜30°Cの室温で保管してください。光や高温からは遠ざけてください。

この薬を浴室などの湿った場所や湿った場所に保管しないでください。