医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

ソバルディ


¥258,800

ソバルディは、有効成分ソホスブビル(sofosbuvir)を含むC型肝炎の治療に使用される画期的な新世代の抗ウイルス薬です。それまでは、副作用が強く、完治される確率も低いインターフェロンの注射を含む治療方法しかなかったC型肝炎に、12週間〜24週間の経口投薬の治療方法のみでジェノタイプ1を除く全てのC型肝炎を95%以上の高い確率で治療することが確認されているお薬です。ソバルディが開発されたことで、C型肝炎はもはや不治の病ではなくなりました。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
2491 400mg28錠
-
+
¥258,800 9243 円
spinner

説明

主要有効成分:ソホスブビル

ソバルディは、有効成分ソホスブビル(sofosbuvir)を含むC型肝炎の治療に使用される画期的な新世代の抗ウイルス薬です。それまでは、副作用が強く、完治される確率も低いインターフェロンの注射を含む治療方法しかなかったC型肝炎に、12週間〜24週間の経口投薬の治療方法のみでジェノタイプ1を除く全てのC型肝炎を95%以上の高い確率で治療することが確認されているお薬です。ソバルディが開発されたことで、C型肝炎はもはや不治の病ではなくなりました。

C型肝炎は治療しないで放置すると、軽度の肝炎で済むこともありますが、徐々に進行し、10〜30年をかけて肝硬変や肝臓がんを引き起こしうる深刻なウイルス感染症です。

ソバルディ核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害剤という医薬品のクラスに属するお薬であり、C型肝炎のRNA鎖の伸長をストップさせることで病気の進行を食い止め、治療効果をもたらすために、「チェーンターミネーター」と呼ばれています。

ソバルディは併用療法の一部であり、通常はリバビリンと一緒に処方され、単独では服用することができないお薬です。

重症の症状の場合は、インターフェロンαの注射を必要とする場合もあります。

1日1回投与で、食事制限がなく、副作用が少なく、薬剤間相互作用の最小化されて開発されており、進行した肝臓病の患者へ良好な安全性および有効性が確認されている優れた治療薬です。

有効成分ソホスブビルは現在、慢性C型肝炎の治療において主要な役割を担っているお薬です。

2013年にソバルディはアメリカの食品医薬品局(FDA)から承認され、EUでは2014年に承認され、日本では2017年に承認されています。ソバルディはアメリカの製薬会社であるギリアド・サイエンシズ社(Gilead Sciences)が開発販売しています。

ソバルディは肝臓がんや肝臓移植を待っている患者にも処方されることがあります。

ソバルディは、C型肝炎感染症を治療することができ、移植後のウイルスによる再感染リスクを低減させることができます。

ソバルディは、HIV感染者におけるC型肝炎感染の治療にも使用することができます。

 

 

 

効果効能

ソバルディは、直接作用型抗ウイルス剤(DAA)として知られている薬剤の一種である、有効成分ソホスブビルを含みます。

C型肝炎は、肝臓に感染して肝臓の損傷を引き起こすウイルスです。ウイルスが肝細胞の中に入ると、ウイルスは増殖します。このプロセスの一部は、ウイルスがその遺伝物質(RNAおよびDNA)の複製を作る連鎖を行うプロセスのことです。

有効成分ソホスブビルは、ウイルスが増殖するために不可欠であるC型肝炎ウイルスのNS5B RNA依存性RNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の作用を遮断することによって作用します。これにより、C型肝炎ウイルスの増殖が停止し、肝臓内のC型肝炎ウイルスの量が減少することになります。この効果は、肝臓の損傷を軽減し、肝機能を改善することをサポートします。

 

 

 

服用方法

1) ジェノタイプ2型のC型肝炎

ソバルディ + リバビリンを併用し、1日1錠(400mg)を1回服用する治療方法を12週間続けます。

 

2)ジェノタイプ3、4、5、6型のC型肝炎

ソバルディ + リバビリンを併用し、1日1錠(400mg)を1回服用する治療方法を24週間続けます。

 

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 疲労
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 肌のかゆみ
  • 睡眠障害
  • 過敏反応    等

 

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに相談してください。

この薬を使用する大部分の人々は重大な副作用を経験していません。

 

2) 稀に出る副作用

赤血球数の少ない徴候(異常な疲労、急速な呼吸、薄い皮膚、息切れ、速い心拍など)を含む深刻な副作用があれば、すぐに医師に相談してください。

 

3) アレルギー反応

ソバルディは重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。症状としては、以下の症状などがあります。

  • 呼吸困難
  • めまい
  • 喉や舌の腫れ
  • 発疹

 

アレルギー反応があらわれた場合には直ぐに医師に相談してください。

 

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

1) 併用禁忌薬

  • リファンピシン(リファジン)
  • カルバマゼピン(テグレトール)
  • フェニトイン(アレビアチン)
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)

 

2) 併用注意薬

  • リファブチン
  • フェノバルビタール

この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

 

注意点

・ソバルディを服用する前に、医師または薬剤師にアレルギーがあるかどうかを伝えてください。このお薬には、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

・ソバルディを使用する前に、医師または薬剤師に、特に腎臓病や、B型肝炎などを含むその他の肝臓の症状の病歴を伝えてください。

・妊娠中の女性は、明らかに必要な場合にのみソバルディを服用するべきです。リバビリンまたはペグインターフェロンと組み合わせたソバルディは、妊娠中の妊婦または男性パートナーのいずれかによって使用されるべきではありません。この組み合わせの治療法は、胎児を傷つける可能性があります。少なくとも1人のパートナーがこれらの薬を一緒に使用している時は、治療を中止してから6ヶ月間、コンドームや、避妊用ピルなどの避妊方法を使用する必要があります。ご自身、またはパートナーが妊娠した場合はすぐに医師に相談してください。

・この薬が母乳に影響を与えるかどうかは不明です。リバビリンまたはペグインターフェロンと組み合わせてソバルディを使用している間の授乳はお勧めしません。授乳を受ける前に医師に相談してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ソバルディ” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です