商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

プロプラノロール


¥1,200


プロプラノロール高血圧、不整脈、狭心症、片頭痛発作の治療薬であるインデラルジェネリック医薬品です。近年では、あがり症社会不安障害にお悩みの方が服用すると症状が改善されるために、人気を集めているお薬です。面接、プレゼン、舞台でのパフォーマンスなどの緊張する場面の前に服用すると心拍数の上昇を抑えることができるので、手足や声の震え、発汗などの症状を改善させ、呼吸を安定させる即効的な効果をもたらします。

1錠あたりの最低価格: 40円(40mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
SKU 容量 数量 数量価格 1錠あたり
8440mg30錠
-
+
¥1,20040 円
spinner

主要有効成分:プロプラノロールの働き

プロプラノロール高血圧、不整脈、狭心症、片頭痛発作の治療薬であるインデラルジェネリック医薬品です。近年では、あがり症社会不安障害にお悩みの方が服用すると症状が改善されるために、人気を集めているお薬です。面接、プレゼン、舞台でのパフォーマンスなどの緊張する場面の前に服用すると心拍数の上昇を抑えることができるので、手足や声の震え、発汗などの症状を改善させ、呼吸を安定させる即効的な効果をもたらします。

プロプラノロール心臓の心拍を減速させると同時に、血圧を低下させる作用をもたらします。安全な量の血液と酸素が、心臓を通して体の残りの部分に送られるようにサポートします。

プロプラノロールは主に、高血圧を治療するために単独で、或いは他の薬物と組み合わせて使用​​されるお薬です。高血圧は心臓に大きな負担をかけます。治療せずにそのまま放置すると、心臓と動脈は時間とともに消耗し始め、体の多くの部分に損傷を与える可能性があります。

プロプラノロールは重度の頭痛片頭痛の発作、慢性の胸痛、心臓発作を治療または予防するために使用されます。

 

過去に心が深く傷つく経験をした後は、心的外傷後ストレス症候群(PTSDなどの精神障害に悩まされがちです。過去のトラウマから、ネガティブな感情は現在の精神状態や心理、行動に大きく影響を与えます。

これまでに、精神科医たちがこれらの感情を回避するためのさまざまな方法を模索してきました。最近の研究において、プロプラノロール心的外傷後ストレス症候群(PTSDを改善させるかもしれないという有望な証拠が見いだされました。

研究者たちは、トラウマを伴う記憶が想起される前にプロプラノロールを服用すると、感情的な記憶を強化する作用を妨げることができることを発見しました。プロプラノロールは感情を伴う記憶を低下させる作用をもたらします。

プロメトラノールを服用している間は、ネガティブな記憶に付随する感情的な繋がりが強くなることを抑制することができるので、人々が強いネガティブな感情や記憶、トラウマを克服することを助けることができます。

プロプラノロールは、そのほか他の多くの症状にも使用されます。

医師はプロプラノロールを次のような症状を治療するために処方することがあります。

  • 門脈圧亢進症
  • 褐色細胞腫などの交感神経系障害
  • 甲状腺機能亢進状態
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎腫瘍
  • 本態性振戦症
  • 上室性不整脈
  • パニック障害
  • 抗精神病薬による不穏感
  • 幼児血管腫

 

 

あがり症や不安症の治療において、プロプラノロールは、通常、慢性的に投与されるのではなく、プレゼンや舞台でのパフォーマンスのようなストレスの多いイベントの前に服用することが推奨されています。

 

プロプラノロールは通常、医師の処方箋でのみ利用できます。

個人輸入代行サービスを通して購入すると、医師の処方なしで購入し、服用することができるようになります。

 

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

 

 

効果効能

プロプラノロールは心拍数を低下させ、血圧を低下させる効果があります。

プロプラノロールは、β遮断薬として知られる薬理学的カテゴリーに分類されるお薬です。 β遮断薬は、β-アドレナリン受容体部位として知られる中枢神経系の特定の部位を遮断します。β-アドレナリン受容体部位が遮断されると、心拍数と血圧が低下し、お薬を服用した患者の心配が減少します。この作用のために、プロプラノロールは胸痛、高血圧、あがり症の治療に効果的です。

 

 

服用方法

○ 不安症やあがり症

10〜40mgの単回投与で、イベントの20〜30分前に服用してください。

 

○ 片頭痛

食事の前と就寝前に、1日3〜4回、10〜30mgを服用

 

○ 高血圧

1日2回40mgを服用

 

○ 不整脈

80mgを1日、分割して服用

 

○ 急性心臓発作

1日3回、40mgを服用

 

○ 副腎腫瘍(褐色細胞腫)

1日60mgを手術前に3日間服用

手術を受けることができない患者は、1日30mgを分割して服用

 

○ 胸痛(狭心症)

1日に80〜320mgを分割して服用

 

○ 肥大性大動脈狭窄

食事の前と就寝前に、1日3〜4回、20〜40mg服用

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 遅い心拍数
  • 下痢
  • ドライアイ
  • 脱毛
  • 吐き気
  • 衰弱または疲れ

 

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 呼吸の問題
  • 血糖値の変化
  • 冷たい手または足
  • 睡眠障害
  • 乾燥し、皮がむける
  • 幻覚
  • 筋肉の痙攣または衰弱
  • 遅い心拍数
  • 足や足首の腫れ
  • 突然の体重増加
  • 嘔吐

 

上記のような深刻な副作用がある場合は、すぐに医師に助けを求めてください。

 

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

○ アルファ遮断薬

プラゾシンなど

 

○ 水酸化アルミニウムゲル

 

○ 抗コリン薬

アトロピン、スコポラミンなど

 

○ クロルプロマジン

 

○ シメチジン

 

○ セントジョンズ・ワート

 

○ 高血圧治療薬

クロニジン、ヒドララジン、メチルドパ

 

○ エピネフリン

 

○ フィンゴリモド

 

○ ハロペリドール

 

○ リバビリン

 

○ リファブチンを含むHIVプロテアーゼ阻害剤

 

○ SSRI抗うつ薬

メジロキン、リザトリプタン、テオフィリン、チオリダジン

 

○ 甲状腺ホルモン剤

レボチロキシン

 

○ ワルファリンなどの抗炎症剤

 

○ イブプロフェン、ナプロキセンなどのNSAID

 

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

 

注意点

1) 以下の状況におられる方はプロプラノロールの服用を避けて医師に相談してください。

  • 呼吸器系の疾患(喘息、気管支炎、気腫など)
  • 心不全
  • 不整脈
  • 動静脈瘤
  • パーキンソン病
  • 甲状腺機能亢進症
  • 腎臓疾患
  • 肝臓疾患
  • 血液循環障害(レイノー病など)
  • 褐色細胞腫
  • 精神/気分障害(うつ病など)
  • 筋肉/神経疾患(重症の筋無力症など)
  • 糖尿病
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

 

2)アレルギー体質の方

プロプラノロールを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。プロプラノロールには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3)プロプラノロールは呼吸経路を狭窄してしまう傾向があるために、喘息などの呼吸障害を悪化させることがあります。

喘息などの呼吸障害をお持ちの方は服用を避けて、医師に相談してください。

Custom Tab Content here.
Tail sed sausage magna quis commodo snasae. Aliquip strip steak esse ex in ham hock fugiat in. Labore velit pork belly eiusmod ut shank doner capicola consectetur landjaeger fugiat excepteur short loin. Pork belly laboris mollit in leberkas qui. Pariatur snasae aliqua pork chop venison veniam. Venison sed cow short loin bresaola shoulder cupidatat capicola drumstick dolore magna shankle.