商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

テノーミン


¥2,250


テノーミンは主に、主に高血圧や狭心症を治療するために処方されているお薬です。高血圧を治療することで、脳卒中、心臓発作、腎臓の疾患の発症を防ぐためのサポートをします。テノーミンは、狭心症などの胸痛を治療し、心臓発作後の生存率を改善するためにも使用されます。

テノーミンはあがり症社交不安障害などの治療に効果的なお薬です。不安などの心理的問題の対症療法として服用され、不安などの心理的影響から身体に及ぼされる、赤面、発汗、早い心拍数、手足の震えなどの緊張状態を緩和するために効果的です。

1錠あたりの最低価格: 75円(50mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド


ソーシャルシェア:
SKU 容量 数量 数量価格 1錠あたり
116150mg30錠
-
+
¥2,25075 円
spinner

主要有効成分:アテノロールの働き

テノーミンは主に、主に高血圧や狭心症を治療するために処方されているお薬です。高血圧を治療することで、脳卒中、心臓発作、腎臓の疾患の発症を防ぐためのサポートをします。テノーミンは、狭心症などの胸痛を治療し、心臓発作後の生存率を改善するためにも使用されます。

テノーミンあがり症社交不安障害などの治療に効果的なお薬です。不安などの心理的問題の対症療法として服用され、不安などの心理的影響から身体に及ぼされる、赤面、発汗、早い心拍数、手足の震えなどの緊張状態を緩和するために効果的です。

テノーミンはイギリスのケンブリッジに本社を構える大手製薬会社であるアストラゼネカが製造販売しています。

テノーミンは有効成分アテノロールを含み、ベータブロッカーという薬物のクラスに属するお薬です。心臓の心拍を減速させ、心拍数を減らすことによって機能します。エピネフリンのような体内の特定の化学物質が心臓や血管に作用することを阻止することで、心拍数、血圧、心臓の緊張状態を低下させます。

テノーミンはその他、不整脈、心不全、急性心筋梗塞、冠動脈疾患、アルコール離脱症状、QT延長症候群、片頭痛の治療と予防にも使用されます。

1976年に初めて導入されるようになった有効成分アテノロールは、高血圧の治療薬であるプロプラノロール(商品名:インデラル)の代替品として開発されました。プロプラノロールとは異なり、アテノロール血液脳関門を容易に通過しないために、中枢神経系に引き起こされる可能性のある副作用が減少されています。

 

社交不安障害(SADは、他の人によって心理的に傷つく可能性がある状況を極端に恐れることよって特徴付けられる症状です。傷ついたり、恥ずかしさ、屈辱、拒絶されることを心配しているので、そのような社会的状況を避けたり、強い不安と戦いながらそれらに耐えて生活することが多くなります。

社交不安障害(SADはよく見られる一般的な状態であり、アメリカでは人口の4〜10%に影響を及ぼしていると推定されています。日本では、精神科医にあまり浸透していない病状であるために、病気としての認知度が遅れていますが、実際には多くの人々が人知れず悩んでいる精神疾患です。社交不安障害は通常、子供の頃や思春期に始まり、未治療のまま放置すると、うつ病、アルコールや薬物乱用の中毒症状、精神的疾患の発症につながる可能性があります。

テノーミンのようなベータブロッカーは、不安や心配、特に社会的不安から引き起こされる身体症状を治療するために効果的なお薬です。医師は、心配する状況でコントロールすることができない急速な心拍、震え、震え、赤面を制御するためにこのお薬を処方します。テノーミンはほとんどの患者にとって非常に安全に服用することができ、副作用はほとんどありません。

 

テノーミンプロプラノロール(インデラル)よりも薬の効果持続時間が長く、一般的に副作用がより少ないので、近年ではあがり症により好ましいとされているお薬です。 1日1回の投与で十分な効果が持続するので便利に服用していただけます。

他のβブロッカーよりも喘鳴(ぜんそく)を起こす傾向が少ないとされています。

 

テノーミンを服用すると、心拍数が高まることがないので、赤面や手足の震えなどの症状が改善されます。

副作用を考慮すると、あがり症と社会不安症には1日25mgの少ない用量から服用し始めることが推奨されています。

 

テノーミンは通常、医師の処方箋でのみ利用できます。

個人輸入代行サービスを通して購入すると、医師の処方なしで購入し、服用することができるようになります。

 

 

効果効能

ベータブロッカーは心臓のベータ1受容体に作用し、遮断することで、過剰に活動している心臓の機能を抑制します。心臓から送り出される血液の量を減少させ、心拍数の上昇を抑えます。心臓への負担を減らすことができるので、心不全などの治療にも効果的です。

アテノロールは心臓のβ1-アドレナリン受容体に優先的に作用するβ1選択性薬剤です。βブロッカーの中にはベータ1とベータ2の受容体に両方作用するお薬もありますが、アテノロールはベータ1受容体のみを選択的に遮断するので、より安全に服用することができます。ベータ2は気管支拡張にも関わる受容体ですので、β1非選択性薬剤では喘息などの副作用が懸念されることがあります。

 

アテノロールは心臓の心拍数と収縮性を低下させる作用であるので、狭心症患者の症状を改善するために効果的です。

 

 

服用方法

医師の指示に従って、通常1日に1〜2回、食べ物の有無にかかわらずテノーミンを服用してください。

りんごジュースとオレンジジュースは体が有効成分を完全に吸収する作用を妨げることがあります。テノーミンを服用してから4時間以内にりんごジュースとオレンジジュースを飲むことを避けてください

 

あがり症社交不安障害など

1日25mg〜100mgを服用してください。

最初の1週間、1日に25mgまたは50mgを服用し、症状が回復されないない場合は、100mgを1日1回または2回に分けて服用してください。

お薬を服用し始めてから2週間後から、社会的な状況におけるあがり症の改善を感じ始めることができるでしょう。症状が改善されない場合は、医師に相談してください。

 

高血圧

単独で、または利尿薬と併用して、1日50mgを1回服用してください。

1〜2週間以内に症状が改善されない場合は、100mgの用量に増やし1日1回服用してください。

1日に100mgを超える量を服用しても、症状の改善には繋がりませんので、1日100mg以上は服用しないでください。

テノレルミンはチアジド系利尿剤や、ヒドララジン、プラゾシン、メチルドパを含む他の抗高血圧剤と併用することができます。

 

狭心症

1日50mgを1回服用してください。

1週間以内に症状が改善されない場合は、100mgの用量に増やし1日1回服用してください。

一部の患者は、最適な効果を得るために1日1回200mgの服用を必要とすることがあります。

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 肩こり
  • 関節痛
  • 便秘
  • 性的活動に対する関心や能力の低下
  • 下痢
  • めまい
  • 口内乾燥
  • 頭痛
  • 食欲減少
  • 吐き気
  • 遅い心拍数
  • クラクラする感覚
  • 睡眠障害
  • 疲れや衰弱感

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 呼吸困難
  • 喘鳴
  • 胸の痛み
  • 手足が冷たくなる
  • 精神の乱れ
  • 記憶障害
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 不整脈
  • 動悸
  • うつ病の徴候(集中力の低下、体重の変化、睡眠の変化、活動への関心の低下)
  • 皮膚発疹
  • 視覚の問題
  • 心不全の悪化(足首、足のむくみ・腫れ、呼吸困難)

上記のような深刻な副作用がある場合は、すぐに医師に助けを求めてください。

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

  • ドラセトロン
  • フィンゴリモド
  • イブプロフェン、ナプロキセンなどのNSAID

 

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

注意点

1) 以下の状況におられる方はテノーミンの服用を避けて医師に相談してください。

  • 不整脈
  • 呼吸器系の疾患(喘息、気管支炎、気腫など)
  • 血液循環障害(レイノー病など)
  • 末梢血管疾患
  • 腎臓疾患
  • 筋肉/神経疾患(重症の筋無力症など)
  • 低血圧
  • 心臓疾患
  • 糖尿病
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

 

2)アレルギー体質の方

テノーミンを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。テノーミンには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3)りんごジュースとオレンジジュースは体が有効成分を完全に吸収する作用を妨げることがあります。テノーミンを服用してから4時間以内にりんごジュースとオレンジジュースを飲むことを避けてください。