商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

アモキシシリン


¥2,010


アモキシシリンペニシリン系の抗生物質です。淋病や梅毒、クラミジア感染症などの性感染症を治療するために優れた効果をもたらします。アモキシシリンは体内で吸収されやすく、細菌を効果的に死滅させ、増殖を阻止する働きがあります。

アモキシシリンは中耳炎、咽頭炎、肺炎、皮膚感染、尿路感染症、サルモネラ菌感染症、ライム病を含む多くの感染症の治療のために使用されています。

製造国: インド
出荷国: インド  シンガポール


ソーシャルシェア:
SKU 容量 数量 数量価格 1錠あたり
883 250mg 30錠
-
+
¥2,010 67 円
spinner

主要有効成分: アモキシシリン水和物の働き

アモキシシリンペニシリン系の抗生物質です。淋病や梅毒、クラミジア感染症などの性感染症を治療するために優れた効果をもたらします。アモキシシリンは体内で吸収されやすく、細菌を効果的に死滅させ、増殖を阻止する働きがあります。

アモキシシリンは中耳炎、咽頭炎、肺炎、皮膚感染、尿路感染症、サルモネラ菌感染症、ライム病を含む多くの感染症の治療のために使用されています。

アモキシシリンは、ヘリコバクター・ピロリ感染症による胃潰瘍を治療するために、クラリスロマイシンと呼ばれる別の抗生物質と一緒に使用されることもある。さらに、この併用療法は、胃酸の分泌を抑制するランソプラゾールと一緒に使用されることがあります。アモキシシリン十二指腸潰瘍を治療する目的でも使用することができます。

アモキシシリンバクテリア(細菌)と戦い、細胞の壁を形成することを防ぐことによって細菌の増殖を阻止します。細菌を殺し、最終的に感染を根絶させます。

アモキシシリンは1958年に発見され、1972年から病気の治療のために使用されてきました。世界保健機関(WHO)の必須医薬品リストに含まれており、世界の医療保健システムにおいて「必要とされる最も効果的で安全な医薬品」として知られています。アモキシシリンは子供に最も一般的に処方されてきた抗生物質の一つでもあります。

アモキシシリンは、ウイルス性の風邪、インフルエンザ、または他のウイルス感染への治療効果を発揮しません。

アモキシシリンは通常、医師の処方箋でのみ利用できます。

個人輸入代行サービスを通して購入すると、医師の処方なしで服用することができるようになります。

アモキシシリンを製造しているRanbaxy Laboratoriesは、インドのデリー近郊の都市であるハリヤーナ州グルグラムに本社を構え、1961年に設立されたインドの製薬会社です。2008年には日本の第一三共製薬が株式を取得したことで、一時は第一三共製薬の子会社ともなった会社です。 2014年にインドの大手製薬会社であるSun Pharma社が全株式を買収したこどで、インドで最大の製薬会社となり、米国における最大のインド製薬会社、世界で4番目に大きい特殊医薬品会社となりました。

 

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

 

アモキシシリンは以下のような症状を治療するために主に処方されます。

生殖器周囲の感染症

  • 淋病
  • 梅毒
  • 精巣上体炎
  • 前立腺炎
  • 子宮内感染
  • 尿路感染症
  • 膀胱炎

 

腹部の感染症

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃MALTリンパ腫
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症
  • 腎盂腎炎
  • 腸チフス

 

皮膚感染症

  • 表在性皮膚感染症
  • 深在性皮膚感染症
  • 慢性膿皮症
  • 外傷や火傷、手術後の傷からの二次感染
  • 涙嚢炎
  • ものもらい

 

呼吸器系感染症

  • 気管支炎
  • 咽頭・喉頭炎
  • 肺炎
  • 扁桃炎
  • 急性気管支炎

 

その他の感染症

  • 中耳炎
  • ライム病
  • 歯周組織炎
  • 歯冠周囲炎
  • 乳腺炎
  • 骨髄炎

 

 

効果効能

アモキシシリンは細菌の細胞壁に付着し、細胞を死滅させます。

連鎖球菌、肺炎球菌、腸球菌、インフルエンザ菌、大腸菌、ミラビリス変形菌、髄膜炎菌、淋菌、赤痢菌、トラコーマ病原体、サルモネラ菌、ライム病菌、ヘリコバクター・ピロリ菌に対して有効です。

 

 

服用方法

細菌感染の場合

1日2回(12時間間隔)または3回(8時間間隔)で1回250〜500mgを服用

 

淋病の治療の場合

1日3回(8時間間隔)で1回500mgを服用

 

へリコバクター・ピロリ感染症の治療

ダブル療法

アモキシシリン1000mg(500mgを2錠)とランソプラゾール30mgを1日3回(8時間間隔)で14日間服用

 

トリプル療法

アモキシシリン1000mg(500mgを2錠)、クラリスロマイシン500mg、ランソプラゾール30mgを1日3回(8時間間隔)で14日間服用

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢など

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 尿の変化
  • 持続性の吐き気または嘔吐
  • 腹部の痛み
  • 目や皮膚の黄ばみ
  • 挫傷または出血
  • 持続的な咽頭炎または発熱

上記のような深刻な副作用がある場合は、すぐに医師に助けを求めてください。

 

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

抗凝固剤

アセノマロロール、ワルファリン、ストロンチウムなど

 

痛風治療薬

プロベネシド、アロプリノールなど

 

他の抗生物質(抗菌薬)

クロラムフェニコール、マクロライド、スルホンアミド、テトラサイクリンなど

 

○ 癌治療に使用されるメトトレキサートなど

 

○ 筋弛緩剤

 

○ 経口腸チフスワクチン

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

 

注意点

1) 以下の状況におられる方はアモキシシリンの服用を避けて医師に相談してください。

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

 

2)アレルギー体質の方

アモキシシリンを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。アモキシシリンには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3)長期間または反復してこの薬剤を使用すると、口頭発疹やカンジダ症が生じることがあります。新しい他の症状に気付いた場合は、医師にご相談ください。

 

4)アモキシシリンを服用中はお酒を飲まないでください。

Custom Tab Content here.
Tail sed sausage magna quis commodo snasae. Aliquip strip steak esse ex in ham hock fugiat in. Labore velit pork belly eiusmod ut shank doner capicola consectetur landjaeger fugiat excepteur short loin. Pork belly laboris mollit in leberkas qui. Pariatur snasae aliqua pork chop venison veniam. Venison sed cow short loin bresaola shoulder cupidatat capicola drumstick dolore magna shankle.