医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

セファデックス(ケフレックス・ジェネリック)


¥3,600 ~

セファデックスセフェム系の抗生物質である「ケフレックス」のジェネリック医薬品です。有効成分セファレキシンが含まれており、第1世代のセフェム系の抗生物質とも呼ばれます。

有効成分セファレキシンは、淋病などの性感染症、肺炎、咽頭炎などの呼吸器系感染症中耳炎、皮膚感染症、骨・関節感染症、尿路感染症などを治療するために処方されるお薬です。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
1092 500mg30錠
-
+
¥6,000200 円
spinner
1089250mg30錠
-
+
¥3,600120 円
spinner

説明

主要有効成分: セファレキシンの働き

セファデックスセフェム系の抗生物質である「ケフレックス」のジェネリック医薬品です。有効成分セファレキシンが含まれており、第1世代のセフェム系の抗生物質とも呼ばれます。

有効成分セファレキシンは、淋病などの性感染症、肺炎、咽頭炎などの呼吸器系感染症中耳炎、皮膚感染症、骨・関節感染症、尿路感染症などを治療するために処方されるお薬です。

セファレキシンやその他のセフェム系の抗生物質は広範囲の治療効果をもたらす抗生物質であり、さまざまな細菌に起因する感染症の治療に使用されています。

リウマチ熱細菌性心内膜炎予防など、細菌によって引き起こされる感染症の予防にも使用されています。

セファレキシンは、細菌の細胞が生き残るために必要な細胞壁を作る細菌の能力を妨害することによって細菌を死滅させ、治療効果をもたらします。

グラム陽性菌といくつかのグラム陰性菌を効果的に死滅させます。

セファレキシンは1971年にアメリカのFDA(米国食品医薬品局)によって承認され、イーライリリー製薬よりケフレックス(Keflex)という商品名で新薬が販売されました。セファレキシンはアメリカで最も処方されているお薬のトップ100の内に含まれているほどポピュラーなお薬です。世界保健機関(WHO)の必須医薬品リストに含まれており、世界の医療保健システムにおいて「必要とされる最も効果的で安全な医薬品」として知られています。

 

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

 

セファデックスを製造販売しているシプラ社は、すべての患者の日々のニーズを満たすために最先端の技術とイノベーションを用いて開発製造を行っているグローバル製薬会社です。 シプラ社は1935年にインドのマハラシュトラ州にあるムンバイで設立されて以来80年以上にわたり、インド国内と100以上の国々に輸出販売しています。シプラ社は幅広い治療カテゴリーにわたる医薬品を製造販売しており、1000種類以上の製品が含まれています。

シプラ社は長期的な持続可能なビジネスを提供する一方で、手頃な価格の医薬品を提供するという義務を認識し、 アフリカで1日1ドル未満でHIV /エイズを治療する3 剤組み合わせの抗レトロウイルス剤(ARV)を提供する最初の製薬会社として世界的に認められ、2001年以来の数多くの患者を治療してきました。

 

 

セファレキシンは以下のような症状を治療するために主に処方されます。

生殖器周囲の感染症

  • クラミジア
  • 子宮頸管炎
  • 子宮内感染
  • 膀胱炎
  • 精巣上体炎
  • 前立腺炎

 

皮膚感染症

  • 表在性皮膚感染症
  • 深在性皮膚感染症
  • 慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染

 

呼吸器系感染症

  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 急性気管支炎
  • 肺炎
  • 慢性呼吸器病変の二次感染

 

その他の感染症

  • リンパ管炎
  • リンパ節炎
  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 歯周組織炎
  • 歯冠周囲炎
  • 乳腺炎
  • 骨髄炎
  • 化膿性唾液腺炎
  • 角膜炎
  • 顎炎

 

 

効果効能

セファレキシンは細菌が各細胞を囲む細胞壁を形成する作用を防ぐことによって、細菌細胞の増殖を停止または遅らせる効果をもたらします。細胞壁は細菌を外部環境から保護し内容物を保持する部分ですので、細胞壁がなければ細菌は生き残ることができません。

セファレキシンが殺菌効果をもたらす細菌には、ブドウ球菌、肺炎連鎖球菌、インフルエンザ菌、大腸菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属などが含まれます。

 

 

服用方法

膀胱炎

6時間ごとに250mg、または12時間ごとに500mgを7〜14日間服用

 

中耳炎

6時間ごとに500mgを10〜14日間服用

 

咽頭炎

6時間ごとに250mgまたは12時間ごとに500mg服用

 

皮膚または軟部組織感染

6時間ごとに250mgまたは12時間ごとに500mg服用

 

骨髄炎

6時間ごとに500mgの経口投与(感染の性質および重症度に応じて、治療期間は約4〜6週間)

 

前立腺炎

6時間ごとに500mgを14日間服用

 

腎盂腎炎

6時間ごとに500mgを14日間服用

 

上部呼吸器感染症

250〜500mgを6時間ごとに7〜10日間服用

 

細菌感染

6時間ごとに250〜500mg服用(感染の性質および重症度に応じて、治療期間は約7〜21日間)

 

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 頭痛
  • 軽度の下痢
  • 軽度の胃痙攣
  • 吐き気
  • 口の中や舌の痛み(口内炎など)
  • 女性の膣のかゆみまたはいつもとは違うおりものが出る時(カンジダ症である可能性)

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 腹部の圧痛
  • 痙攣(発作)
  • 尿排出量の減少
  • めまい
  • 関節痛
  • 重度の腹部または胃の痙攣および痛み(吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、体重減少、黒ずんだ尿、軟便など)
  • 皮膚発疹、かゆみ、発赤、腫れ
  • 異常な出血または挫傷
  • 極度の疲労や衰弱

 

上記のような深刻な副作用がある場合は、すぐに医師に助けを求めてください。

 

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

  • BCGワクチン
  • コレラワクチン
  • メトホルミン
  • ミネラルや総合ビタミン剤などのサプリメント
  • 抗結核薬
  • ピコ硫酸ナトリウム
  • 腸チフス菌ワクチン
  • ワルファリンなどの抗凝固剤
  • 亜鉛                  など

 

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

 

注意点

1) 以下の状況におられる方はセファレキシンの服用を避けて医師に相談してください。

  • 肝臓疾患
  • 腎臓疾患
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

 

2)アレルギー体質の方

セファレキシンを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。セファレキシンには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。