医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

フルコナゾール タブレット


¥1,800 ~

フルコナゾールは、カンジダ症を予防および治療するために使用される真菌薬であり、「ダイフルカン」のジェネリック医薬品です。真菌(カビ)が原因で生じるカンジダ感染症の治療に主に服用されます。カンジダ症のよく見られる症状の例には、女性の膣内と外で生じるカンジダ膣炎(イースト感染症)口腔カンジダ症などが含まれます。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
SKU 容量 数量 数量価格
87 200mg 30錠
-
+
¥6,500217 円
spinner
86 200mg 20錠
-
+
¥4,400220 円
spinner
85 200mg 10錠
-
+
¥2,400240 円
spinner
989150mg 24錠
-
+
¥5,625234 円
spinner
988150mg12錠
-
+
¥1,800150 円
spinner

説明

主要有効成分: フルコナゾールの働き

フルコナゾールは、カンジダ症を予防および治療するために使用される真菌薬であり、「ダイフルカン」のジェネリック医薬品です。真菌(カビ)が原因で生じるカンジダ感染症の治療に主に服用されます。カンジダ症のよく見られる症状の例には、女性の膣内と外で生じるカンジダ膣炎(イースト感染症)口腔カンジダ症などが含まれます。

真菌とは「カビ」のことで、細菌(バクテリア)とは異なる種類の菌が原因で引き起こされる感染症になります。

女性がよく経験するカンジダ膣炎(イースト感染症)真菌(カビ)が原因で引き起こされる症状です。カンジダ膣炎(イースト感染症)は疲労やビタミン不足などで体の免疫力が低下している時に体内に存在していて通常ならば病原性をもたらさない菌が、悪玉菌となり発症するタイプの日和見感染症です。

淋病クラミジアなどの細菌(バクテリア)が原因で引き起こされる感染症である性病とは異なる種類の症状です。

そのため、カンジダ膣炎を患った時に細菌を殺す抗生物質を服用しては良好な治療効果は得ることはできません

カンジダ膣炎の治療にはテルビナフィンのような抗真菌薬を服用し、クロトリマゾールなどの外用クリーム膣錠を使用する必要があります。

カンジダ菌は通常は人の皮膚、膣内、腸などに常在している弱い菌であり、病気を発症させる菌ではありません。しかし、体調がよくなかったり、免疫力が低下している時、また、抗生物質を服用してカンジダ菌の繁殖を抑えている菌を殺してしまった時など、体の一部で異常繁殖してカンジダ症として発症してしまいます。女性の場合、締め付ける下着などを着た時、亜熱帯の地域に旅行して腟内がより高温多湿な状態になった時、疲労がたまって免疫機能が低下している時など発症することがあります。

カンジダ症は、喉、食道、肺、および血液を含む体の他の部分にも感染を引き起こすことがあり、稀ではありますが、カンジダ血症侵襲性カンジダ症などの重篤な症状になることもあります。このような深刻な症状に発達するするケースはごく一部であり、HIV患者入院患者に多く見られる症状です。

骨髄移植などの臓器移植を受けた患者はカンジダ症を予防するために、フルコナゾールを服用することで治療することができます。臓器移植を受けた後は、免疫系が弱くなり、重症のカンジダ症に感染する可能性が高くなるからです。

フルコナゾールは、真菌のクリプトコッカス(Cryptococcus)によって引き起こされる脳および脊髄の感染症である脳炎髄膜炎を治療するためにも使用されます。

フルコナゾールは通常、医師の処方箋でのみ利用できます。

個人輸入代行サービスを通して購入すると、医師の処方なしで服用することができるようになります。

フルコナゾールはインドのグジャラート州、アフマダーバードに本社を構える製薬会社であるインタスファーマ製薬によって製造販売されています。

http://www.intaspharma.com

 

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

 

 

効果効能

フルコナゾールは、トリアゾール抗真菌剤と呼ばれる薬剤のクラスに属するお薬であり、第1世代のトリアゾール抗真菌剤です。以前に発売されたケトコナゾールなどのアゾール抗真菌薬よりもより新しいお薬で、イミダゾール環の代わりに含窒素複素環であるトリアゾール環を含む点が異なっています。

イミダゾール抗真菌剤は主に局所的に使用されますが、フルコナゾールなどのトリアゾール抗真菌剤は経口投与することで治療することができるので、その治療能力と安全性から全身に治療が必要とされる場合により好ましいお薬だとされています。

フルコナゾールが治療する症状には、カンジダ症、ブラストミセス症、コクシジオイデス症、クリプトコッカス症、ヒストプラスマ症、皮膚真菌症、癜風(でんぷう)などが含まれます。

フルコナゾールは、真菌(カビ)と酵母の細胞膜を妨害することによって真菌と酵母を殺します。菌類や酵母が持つ細胞膜の必須成分であるエルゴステロールと呼ばれる物質の生産を阻害する働きをもたらします。

フルコナゾールは細胞膜に穴が現れるようにし、真菌細胞または酵母細胞の必須成分を漏出させることで真菌と酵母を死滅させ、感染を消失させたり、感染を予防したりします。

 

 

服用方法

1)服用方法

フルコナゾールは通常1日1回服用されます。

フルコナゾールは食物の有無にかかわらず服用することができます。

 

2)治療期間

治療期間概要

  • 通常のカンジダ症の場合、150mgの単回投与で治療することができます。
  • 他の感染症には6〜8週間の治療が必要な場合があります。
  • リスクの高い真菌感染症を予防するために、長期的に毎日服用することもできます。
  • フルコナゾールの服用頻度や期間については、医師の指示に従うことが重要です。

 

カンジダ膣炎

  • 通常のカンジダ膣炎:150mgを単回投与
  •  再発性カンジダ膣炎:7〜10日間、1日に1回100〜200mgを服用
  • 再発性カンジダ膣炎に対する抑制療法::1週間に1回150mgを6ヶ月間服用
  • 合併した膣カンジダ症:72時間ごとに1回、150mgを3錠服用

 

口腔カンジダ症

  • 通常の口腔カンジダ症:1日1回、100mgを7〜14日間服用
  • 口腔カンジダ症に対する抑制療法:1日に1回または週に3回100mgを1錠服用

 

症状が改善されているように見えても菌が残っていて再発する可能性がありますので、常に所定の治療期間を修了してください。途中で服用をやめてしまって、症状が再発するとお薬が効きにくくなってしまうなどの状況になることがあります。

 

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • 頭痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • めまい
  • 胃痛
  • 嘔吐
  • 食べ物の好みの変化
  • 発疹

これらの影響のいずれかが持続または悪化する場合は、医師または薬剤師に速やかに伝えてください。

 

2) その他の潜在的な副作用

  • 肝機能障害の症状(異常な疲労、黄色みがかった目または皮膚、腹部の痛み、暗い色の尿、軟便、かゆみ、食欲不振など)
  • 重度の発疹
  • 不整脈
  • めまい

上記のような深刻な副作用がある場合は、すぐに医師に助けを求めてください。

 

 

併用禁忌薬と併用注意薬

  • クロピドグレル
  • ピモジド
  • キニジン
  • マクロライド系の抗生物質
  • 不整脈治療薬
  • アスナプレビル
  • シサプリド
  • 利尿剤       など

 

* この他にも、併用すると危険な医薬品やサプリメントなどもありますので、服用している全てのお薬を医師または薬剤師に知らせて、併用禁忌薬と併用注意薬を確認してください。

 

 

注意点

1) 以下の状況におられる方はフルコナゾールの服用を避けて医師に相談してください。

  • 肝臓疾患
  • 腎臓疾患
  • 不整脈
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

 

2)アレルギー体質の方

フルコナゾールを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。フルコナゾールには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3)フルコナゾールを服用している期間は飲酒を制限する必要があります。飲酒は深刻な副作用が発生する可能性を高めることがあります。