医薬品名・成分名・症状
キーワードで商品を検索
個人輸入医薬品をお探しの際は薬機法準拠
のため医薬品名を正確に入力して下さい。
商品レビューを書いて500 ポイントをゲット

フリバン (Fliban)


¥3,980 ~

フリバンは閉経前の女性の性欲を高める効果をもたらし、女性の性的欲求低下症(HSDD)を治療するために開発されたアディー(Addyi)のジェネリック医薬品です。フリバンにはアディーと同じ有効成分フリバンセリンが含まれています。アディーは「女性用バイアグラ」とも呼ばれ話題になったお薬です。毎日服用することで、脳内の神経伝達物質を調整し、性欲をより多く感じることができるようにサポートします

フリバンはインドのグジャラート州に拠点を置くセンチュリオン・ラボラトリーズ社が製造販売しています。センチュリオン・ラボラトリーズ社は高品質なジェネリック医薬品を製造販売していることで評判の高い製薬会社です。

製造国: インド
出荷国: インド

商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:
SKU 容量 数量 数量価格
2523100mg 28錠
-
+
¥22,569806 円
spinner
2522100mg 16錠
-
+
¥14,329896 円
spinner
2521100mg4錠
-
+
¥3,980995 円
spinner

説明

主要有効成分: フリバンセリンの働き

フリバンは閉経前の女性の性欲を高める効果をもたらし、女性の性的欲求低下症(HSDD)を治療するために開発されたアディー(Addyi)のジェネリック医薬品です。フリバンにはアディーと同じ有効成分フリバンセリンが含まれています。アディーは「女性用バイアグラ」とも呼ばれ話題になったお薬です。毎日服用することで、脳内の神経伝達物質を調整し、性欲をより多く感じることができるようにサポートします

アディーはアメリカのFDA米国食品医薬品局)より2015年10月から承認され、処方が開始されたお薬です。

フリバンはインドのグジャラート州に拠点を置くセンチュリオン・ラボラトリーズ社が製造販売しています。センチュリオン・ラボラトリーズ社は高品質なジェネリック医薬品を製造販売していることで評判の高い製薬会社です。

女性の性的な反応に大きく影響を与える器官は、女性性器よりも脳だとされています有効成分フリバンセリンは脳に働きかけることで神経伝達物質のレベルに影響を与え、性欲を改善させます。

専門家は女性の性的欲求低下症(HSDD)は脳内の神経伝達物質であるドーパミンノルエピネフリン不均衡になっている状態が原因となっていると考えています。 アディーは避妊用ピルや抗うつ薬のように毎日摂取することで脳の神経伝達物質を微妙に調整し、性欲を増進させる効果をもたらします。

「女性用バイアグラ」という名称から、アディーの薬効がよく誤解されてしまうことがありますが、物理的に性器への血流を促すことで性的な満足感を向上させるバイアグラとは異なる薬効をもたらします。

世界的におよそ10人に1人ほどの女性たちが性欲障害低い性欲に悩まされているとされているとされており、この症状はパートナーやシチュエーションに関係なく起こり得ます。例えば、相手が好きなのにもかかわらずなぜか性欲を感じることができなかったり、職場でのストレスのせいで性欲を感じることができなかったり、幼い頃の厳しい性教育のために性欲を感じることができないなど様々なシチュエーションや原因が考えられます。

明らかな理由や原因はわからずに、一人で性的欲求障害に悩まされている女性はたくさんいます。実際のところ、女性の性的欲求低下症は中年から始まるとは限らず、20〜30代の女性の多くも女性の性的欲求低下症を患うケースが多く見られます。若い女性が好きな男性のために、性的欲求を正常に感じることができないと、感情的にかなり強く落ち込んでしまう傾向があります。

フリバンは、パートナーとの良好な関係を保っている方が服用することを推奨されているお薬です。パートナーとの関係性が良くなかったり、特定のパートナーがいない方が服用することは推奨されていません。

有効成分フリバンセリン抗うつ薬としてもともとは開発されていました。臨床試験中に抗うつ剤の目的ではうまく効果をもたらさないことが判明したのですが、被験者の女性の中で、性欲が増進したことに気づいた人がいたことから、代わりに女性の性的欲求低下症を改善する目的でお薬が開発されました。

研究において、実際に有効成分フリバンセリンは、性的欲求を改善する効果をもたらすことが確認されています。

ジェネリック医薬品は、新薬同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つ医薬品です。ジェネリック医薬品はあらかじめ確認された有効成分の効果と安全性を元に開発販売されるのでその開発期間も短く、より安価な費用で提供することが可能になった医薬品です。ジェネリック医薬品は各国の厳しい政府機関の検査と試験をクリアして販売が許可されている医薬品ですので安心して服用していただけます。

フリバンを製造しているセンチュリオン・ラボラトリーズ社2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置く製薬会社です。アロパシー薬、ED治療薬、軟膏、抗菌薬、抗生物質、抗結核薬、心血管治療薬、漢方薬、精神病薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品など、幅広い医薬品を製造販売している製薬会社です。

センチュリオン・ラボラトリーズ社の提供する医薬品は業界標準に準拠し、高品質の成分を使用して製剤化されています。これらの医薬品は経験豊富な専門家チームが品質基準を維持しあらゆる段階で監視しながら、その有効性と最適品質を保持するために衛生的で気密な包装材料で製造されています。

センチュリオン・ラボラトリーズ社は、東アジア、中東、東南アジア、東ヨーロッパ、インド亜大陸など世界中に製品を輸出しています。

http://www.centurionlaboratories.com

 

 

効果効能

有効成分フリバンセリンは、中枢神経系において神経伝達物質を調整する作用をもたらすことで性欲を増進させます。

有効成分フリバンセリンは、脳における性的欲求や、興奮、快感などの感覚を制御する脳の神経の間のコミュニケーションを阻害することによって、脳に影響を与えます。神経は、神経伝達物質と呼ばれる化学物質を作り放出することによってお互いとコミュニケーションをとります。神経伝達物質は、他の近くの神経に移動し、受容体と結合します。神経伝達物質と神経の受容体が結合することは、その神経の機能を刺激するか、或いは阻害するかのどちらかになります。

有効成分フリバンセリンは、ドーパミンD4受容体、セロトニン2A受容体、セロトニン2B受容体、セロトニン2C受容体を含む神経の受容体のいくつかを遮断します。

一方、有効成分フリバンセリンはセロトニン1Aセロトニン受容体を刺激します。

有効成分フリバンセリンは、性的興奮に関与する神経伝達物質であるドーパミンノルエピネフリンの減少を抑制し増加させ、性的欲求を抑制させリラックスさせる作用をもたらすセロトニンのレベルを低下させる効果をもたらします。

これらの作用が、性的欲求が低下している女性の性的欲求を制御する脳の作用を改善すると考えられています。

有効成分フリバンセリンはホルモン剤ではなく、男性のED(勃起不全)治療薬のように身体の血流を促進させる効果はもたらしません。

 

 

服用方法

1) 服用のタイミング

就寝前に1日1錠を水かぬるま湯で服用することが推奨されています。

 

2) 服用用量

1日1錠が服用用量になります。

 

3) 効果持続時間

1日1回服用してください。(24時間周期)

フリバンは長期的に服用することで効果があらわれる医薬品です。

治療期間は4〜8週間とされており、8週間服用して効果があらわれない場合は、医師に相談してください。

 

 

副作用

1) 一般的な副作用

  • めまい
  • 疲労感
  • 吐き気
  • 低血圧
  • 眠気
  • 不眠  など

 

2) その他の潜在的な副作用

重度の低血圧になるとごく稀に失神することがあると報告されています。

重篤な副作用が発生した場合はすぐに医療機関に助けを求めてください。

 

 

使用上の注意

1) 以下の状況におられる方はフリバンの服用を避けてください。

○ フリバンは、パートナーとの関係性が良くないために性的欲求が感じられなかったり、服用している医薬品が原因で引き起こされる女性の性的欲求低下症を治療するためのお薬ではありません。また、精神的な疾患を患っている方はフリバンを服用して治療を行うべきではありません。

○ 肝臓疾患を患っている方

○ 授乳中の方

○ お酒を飲む方

お酒を飲むとフリバンの副作用がでる可能性が高くなります。

○ フリバンは避妊用ピルの有効性を低下させる可能性があります。

フリバンは妊娠を引き起こす可能性がありますので、フリバンを服用している間は、信頼できる他の避妊方法を使用する必要がります。

○ フリバンは、甲状腺機能検査や妊娠検査などに干渉し、誤った検査結果を引き起こす可能性があります。検査を行う医師にフリバンを服用していることを知らせてください。

 

2)アレルギー体質の方

フリバンを服用する前に、アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。フリバンには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。詳細は、薬剤師に相談してください。

 

3フリバンの併用禁忌薬

薬物の相互作用は、深刻な副作用のリスクを高めることがあります。

この説明には、薬物相互作用の可能性がすべて含まれているわけではありませんので、服用しているすべての製品(処方薬/非処方薬、ハーブ製品を含む)のリストを保管し、医師や薬剤師と共有してください。

  • アゾール抗真菌薬(イサブコナゾール、ボリコナゾール)
  • オルリスタット
  • MAO阻害剤(MAO阻害剤はフリバンを服用する前の2週間から服用するべきではありません。)
  • マクロライド抗生物質
  • リファマイシン
  • セントジョンズワート
  • アルテメーテル
  • ルメファントリン
  • ボセプレビル
  • 血栓塞栓症治療薬(アピキサバンなど)
  • 経口抗凝固剤(リバーロキサバンなど)
  • カルシウム拮抗薬(ニフェジピン、ニモジピンなど)
  • ネファゾドン
  • 抗HIV薬(デラビルジン、エファビレンツ、エトラビリン、リルピビリンなど)
  • プラジカンテル
  • ラノラジンなど

 

3フリバンの併用注意薬

  • 抗ヒスタミン薬(セチリジン、ジフェンヒドラミンなど)
  • 睡眠薬や抗不安薬(アルプラゾラム、ジアゼパム、ゾルピデムなど)
  • 筋弛緩剤(カリソプロドール、シクロベンザプリンなど)
  • 麻薬性鎮痛薬(コデイン、ヒドロコドンなど)

レビュー

レビューはまだありません。

“フリバン (Fliban)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です